エカテリーナ宮殿~ロシアの宝石「琥珀」に魅せられて~ 

ロマノフ王朝のレジデンスは現在のエルミタージュ美術館の冬宮でした。ですが各国の王朝が緑豊かな郊外に夏の離宮を建て、そこで短い夏を過ごしていたように、ロマノフ王朝もペテルブルク南方25kmのところに、ツァールスコエ・セロ(日本語で皇帝の村という意味です)をつくりました。現在ここはプーシキン市の管轄となり、エカテリーナ宮殿をはじめ、いくつかの歴史的建造物と公園から成る「国立博物館保護区」となっています。

 

(2008年1月~2月にわたってTBSのテレビ番組「世界遺産」でもサンクトペテルブルグが放送されたので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね)

http://www.tbs.co.jp/heritage/ (TBS「世界遺産」ホームページ)

 

ツァールスコエ・セローの見所はなんといってもエカテリーナ宮殿とその庭園です。今回は、宮殿内をご紹介します。

 

エカテリーナ宮殿
エカテリーナ宮殿 外観

 

エカテリーナ宮殿は、エルミタージュ美術館、アレクサンドル・ネフスキー修道院等と共に、「サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群」として、ユネスコの世界遺産に登録されています。

江戸時代に大黒屋光太夫が、女帝エカテリーナ(2世)と謁見したのも、この宮殿です。

 

宮殿は、18世紀にエカテリーナ1世によって最初建てられましたが、その後女帝エリザヴェータの命により、イタリア人建築家ラストレリがエルミタージュと同じくロシア・バロック様式に改築しました。外観は鮮やかなブルーです。

 

宮殿の外観 宮殿の外観
宮殿の外観  宮殿の外観

 

宮殿内には、金細工に彩られた数々の部屋があります。

ベルサイユ宮殿の「鏡の間」を模した大広間は、木の床の美しい模様、黄金の装飾と鏡に覆われた四方の壁、見事な天井画がマッチし、宮殿にいながら「広大なロシア」を感じることができます

 

その先にある緑の食堂は、淡い緑の壁と白を基調としたダイニング・インテリアがとても上品。他にも荘厳な雰囲気をもつ「絵画の部屋」や見事な「インペリアル」家具が置いてある「青の客間」など、合計で30ほどの部屋を見学できます。

 

大広間 緑の食堂
 大広間  緑の食堂
緑の食堂
青の客間
緑の食堂 青の客間
青の客間 各部屋にあるペーチカ(室内暖炉)
青の客間 各部屋にあるペーチカ(室内暖炉)

 

エカテリーナ宮殿といえば、2003年に20年以上の復元工事を経て公開され日本でも話題になった「琥珀の間」を思い浮かべる方も多いかもしれません。

 

琥珀とは木の樹脂が蓄積し、長い年月をかけて固体化したもので、採掘された宝石として重宝されてきました。琥珀はバルト海沿岸が世界的な産地として有名です。そのバルト地方を長い間支配してきたロマノフ王朝にとって、「琥珀の間」は、自前の宝石でつくった最高のラグジュアリーといえるでしょう。その豊かさにも感心する一方で、この部屋に足を踏み入れた人はみな、琥珀の神秘性に目を奪われます。

 

琥珀の間
琥珀の間 (写っているのは弊社スタッフ)

 

琥珀は樹脂が固体化してできた自然の産物であり、ある程度の加工作業を経た後も、色や形が微妙に異なります。その微妙な差異、自然と人工の交錯が琥珀のアクセサリーの魅力です。となると、この「琥珀の間」は、世界で最も美しい、自然と、そして人間の高度な技術が生み出した空間だといえるでしょう。ひとつひとつの琥珀が放つ輝きは、「豪華絢爛」という言葉よりも「神秘的」という言葉がぴったりです。

 

一歩足を踏み入れると、そこは、まるで俗世間とはかけ離れた異空間。神秘に満ちた部屋「琥珀の間」は、サンクト・ペテルブルク滞在の時間が短くとも、訪れる価値のあるところです。

 

宮殿内1階はチケット売り場、カフェ、おみやげ屋が数店あります。

 

おみやげ屋 おみやげ屋
おみやげ屋 おみやげ屋

 

エカテリーナ宮殿のおみやげ屋で売られている琥珀は、品質も高く、小さなアクセサリーからインテリアまで揃っており、種類も豊富です。琥珀に魅せられた方は、ぜひ旅のおみやげに購入されてはいかがでしょうか。

 

エカテリーナ宮殿に行くオプショナルツアーはこちらから

http://www.nettravel-jp.com/tour/optional_tour/stpetersburg.html

 

★ロシアの個人旅行手配はツムラーレ・ネットトラベルサービスにて承ります

 

レポート by M /モスクワ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/99-f9637ab0

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ