スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーシキン美術館 企画展示「モディリアーニ展」 

モスクワの中心にあるクレムリンから西南に500mのヴォルホンカ通りにある、西洋美術作品の宝庫・プーシキン美術館は以前当ブログでも取り上げましたが、常設展示の他に頻繁に企画展も催されています。

 

現在は「モディリアーニ展」が開催され、土日の午後ともなると長蛇の列ができるほどの人気です。

 

160407

 

モディリアーニ展

 

アメデオ・モディリアーニはエコール・ド・パリを代表する画家。

独得のフォームの肖像画は日本でも有名です。このモディリアーニの作品が、世界各国の美術館から集められ、現在プーシキン美術館でスケッチを含めた約80弱の作品をみることができます。今は美術館内の公園も花が咲き始め、散策にも最高の時期です。

 

モスクワ在住の方、ちょうどこの時期にモスクワを訪れる方は、ぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか。企画展示は6月17日まで。

 

 

プーシキン美術館個人コレクション館もおすすめ

 

プーシキン美術館はツーリストだけでなく、地元の人々でいつも盛況です。

 

もっと静かなところでゆっくりとロシアの絵画を堪能したいという方にお勧めなのが、右側に隣接するプーシキン美術館個人コレクション館(ヴォルホンカ通り10番地)。全体の作品数は多くはないものの、イコンから19世紀のロシアを代表する画家レーピン、20世紀ロシア・アヴァンギャルドなどロシアの画家の作品が満遍なく展示され、家具などのインテリアなども見ることができます。

企画展示も現代ロシア画家の作品をはじめユニークな展示が多く、ロシア美術の新たな発見ができるかもしれません。

 

160407

 

プーシキン美術館訪問記: http://tumjpn.blog48.fc2.com/blog-category-10.html#entry9

 

レポート by M /モスクワ

 

 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/70-588d42db

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。