スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名門ホテルで、優雅にアフタヌーンティーを 

“サンクトペテルブルグの迎賓館”-名門アストリアホテル。

実は、ヨーロッパ最大級の製菓部門を有するホテルなのです。

 

アストリアホテルのシェフ・パティシエをつとめるのが、ナターリア・コヴェシュニコワ氏。

「チョコレートは作るのも食べるのも大好き」というナターリアさんの案内で、普段は非公開の、お菓子づくりの舞台裏も見学させていただきました。

 

シェフ・パティシエ コヴェシュニコワさん(左)

 

丁寧に作られるプラリネ!

 

パティシエ部門では、ホテル内で供されるスイーツの数々が製造されており、甘い香りが漂ってきます。一つ一つ、丁寧につくられるプラリネは、見ているだけでも美味しそう。

気さくな職人さんたちがつくるお菓子は、どれも洗練されていながら、優しい味わいでした。

(ギフト用のプラリネボックスはホテル内で購入可能です。)

 

美味しそうなプラリネ  丁寧にすすめられるお菓子づくり

 

アフタヌーンティー

 

ナターリアさんご自慢のスイーツを思う存分楽しめるのが「ロトンダラウンジ」

中でも、毎日15:00からの“アフタヌーンティー”がおすすめ。

英国風とロシア風がミックスされたボリュームと贅沢さで、サンクトペテルブルグっ子にも大人気です。

 

ケーキはもちろんのこと、スコーンやピロシキ、華麗な手さばきで焼き上げられるロシア風クレープ“ブリヌイ”。そして、さらに目をひくのが、フランスのダークチョコレートを贅沢に使ったチョコレートフォンデュー用の「チョコレートファウンテン」!口いっぱいに広がる繊細な甘さは、まさに大人の味です。

 

フルーツにチョコレートを絡めていただきます

 

サモワールでお紅茶を

 

テーブルいっぱいのスイーツと一緒にいただく紅茶は、ロシア伝統のサモワールから。

ブルーのチェックが小粋なティーカップは、ロマノフ王家御用達・ロモノーソフ陶器工場の品。窓際に席がとれれば、イサーク大聖堂を眺めながらの優雅なティータイムが楽しめます。

 

ロシア伝統のサモワール

 

ギフトにも最適

 

大切な方へのギフトには、おしゃれな小箱に入ったホテル特製のプラリネボックスがおすすめです。

(「ロトンダラウンジ」で購入可能。200g入り中サイズで18EUR~)

 

ロシアで最もロマンティックな街、サンクトペテルブルグで、甘~いひとときを過ごしてみてはいかがですか?

 

 

今回取材したアストリアホテル

 

アストリアは、1912年創業。世界各国のVIPに愛されてきた5ツ星ホテルです。

イサーク聖堂はすぐ目の前。隣接の「アングレテール」は姉妹ホテルです。

 

クラシックな外観

 

★ロシアの個人旅行手配はネットトラベルサービスでお取り扱いしております。

★グループ手配についてはツムラーレコーポレーションへお問い合わせ下さい

 

アストリアホテルのホームページ
http://www.astoria.spb.ru/

 

(レポート by デニス/モスクワ)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/62-3f0db242

ロシア[世界の旅]

ロシア| 国旗画像 =Flag of Russia.svg| 国章画像 = | 国章リンク =ロシアの国章|国章| 標語 =なし| 位置画像 =LocationRussia.png| 公用語 =ロシア語1| 首都 =モスクワ| 最大都市 =モスクワ| 元首等肩書 =ロシアの大統領|大統領| 元首等氏

-

管理人の承認後に表示されます

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。