「JAPAN FRIENDLY」ロシアで日本の皆さんをおもてなし! 

皆さんは「JAPAN FRIENDLY RUSSIA (ジャパンフレンドリー)」プロジェクトをご存知ですか?
2018年にツムラーレコーポレーション・ロシアが立ち上げた、より多くの日本のお客様をロシアに来ていただくためのプロジェクトです。今日はその代表者、エレーナ・ルーソヴァのインタビューをご紹介します。

Elena_1.jpg
↑ツムラーレコーポレーション・ロシア支店代表/「ジャパンフレンドリー」プロジェクト代表
エレーナ・ルーソヴァ


Q: エレーナ、「ジャパンフレンドリー」はどんなプロジェクトですか?

「ジャパンフレンドリー」とは一言でいうと、私たちが定めたクオリティの基準を満たしたメンバーシッププログラムです。日本のお客様が快適にロシアを旅していただけるように、おもてなしの心を学ぶ機会を提供して、日本からロシアへの渡航者数を増やしていくことを目的としたプロジェクトです。たとえば、宿泊施設のファシリティや接客サービスの質の向上といったことですね。それぞれの目指すゴールを明確にするために、ホテル、レストラン、博物館などの見学箇所、ショップ、旅客運送、旅行会社の6業種に分けました。
Q:「ジャパンフレンドリー」のメンバーは他のロシア企業・組織とどのような点が異なるのでしょうか?
メンバーに認定された企業で働くスタッフは、日本人観光客がどのようなサービスを求めるのか、また、どうしてそういったサービスが必要なのか、を理解しています。ジャパンフレンドリーの認定メンバーになるためには、「ジャパンフレンドリー研修」を受けていただいています。
研修では、日本人のホスピタリティ、日本人が抱く「サービスへの期待度」などについて詳しくレクチャーしています。
ホテルのスタッフに対しては、「日本人はバスタブ付きのお部屋を好む」という傾向だけでなく、その背景となっている歴史や文化を知ってほしいと思っているからです。背景にある文化を知ることで初めて本当の「おもてなし」ができるのですよね。

Q:それでは、レストランの場合はどうでしょう?

日本語のメニューの用意があることが望ましいのですが、写真付きの英語のメニューでも構いません。
研修の中で私たちは受講者に、「日本の飲食店には、なぜ店頭に食品サンプルの飾られたディスプレイを置いているかを説明します。食品サンプルがあることで、お客様はあらかじめお料理のイメージを想像できますものね。
研修では、手際のよい、迅速なサービスも心がけることも大切だと伝えています。
LECTURE.jpg

パッケージツアーのお客様に昼食をサーブする際は、特に丁寧で迅速なサービスが求められることもお話しています。予定通りに日程を進めることが大切ですからね。
プロジェクトのパートナ‐であるJCBカードを取り扱っていることも重要なファクターです。
また、店舗にモバイル(携帯用の)の日本語翻訳機を用意することもアドバイスしています。
IMG_8046.jpg

でも、何よりも大切なのは、お客様への接客態度ですね。私たちは日本語の「一期一会」についてレクチャーしています。この言葉に現れている精神こそが日本の「おもてなしの心」なのだと。このお客様とお目にかかることはもう二度とないかもしれない。だから今このひと時を大切に、心を込めておもてなしをしましょう、と。
Q:現在ジャパンフレンドリーの認定を受けている企業は何社ありますか?
現在、モスクワ、サンクトペテルブルク、ヴォロネジ、ノヴォシビルスク、ウラジオストックから、合わせて14社がメンバーに認定されています。
認証待ちの企業も数社あります。ほとんどがホテルですね。伝統的なデラックスホテルや、スタンダードホテル等、質の良い様々なホテルが興味を持ってくれているので、プロジェクト主催者としてとても嬉しい限りです。

Q:どんなホテルや企業、組織がジャパンフレンドリーのメンバーに認定されていますか?

ジャパンフレンドリーのホームページでご覧いただけます。日本語・英語・ロシア語の3か国語表記です。
そうそう、日本の皆さんにぜひ注目していただきたいのは、ジャパンフレンドリーのキャラクターです。
ロシア風にアレンジされたまねき猫。
名前はまだありません・・・・。

CORRECT LOGO

かわいいでしょ?
ホテル、レストラン、ショップの入り口でこのマークを見かけたら、そこはジャパンフレンドリーのメンバーのしるし。日本の皆様を心を込めておもてなしするスタッフがお待ちしています。


にほんブログ村


にほんブログ村

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/573-30e6813f

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ