モスクワのレストラン/美味しい小龍包を食べに行こう!「中華新聞」 

今回ご紹介するのは、モスクワで美味しい小籠包が食べられるお店!

今日は最近モスクワ在住日本人の間で話題になっているおいしい台湾料理のお店「Китайские Новости(キタイスキエ・ノーボスチ)」をご紹介します。
中華新聞外観
「Китайские Новост」は日本語では中華新聞の意味。

もともとは市の中心部から離れたカニコーバという場所で始まり、その頃から美味しくてリーズナブルなお店と評判になっていました。徐々に人気が出て、去年の12月1日にセルフサービスのお店をトベルツカヤに、この3月末に中心部にお店がオープン。
市中心部のお店の場所は地下鉄マヤコフスカヤ駅からガーデンリングを動物園の方に10分強歩いて左に入ってすぐです。曲がり角からお店は見えます。(前はここに「ホジャホジャ」という中華のお店があったのですが)

先日早速このお店に行ってきました。
店内は台湾の屋台を思い起こさせるようなインテリア。
あきらかに、中国本土とは違う雰囲気です。
中華新聞店内1

メニューも屋台とか飲茶専門店みたいな感じ。
中華新聞メニュー
中国語とロシア語しかありませんが、写真付きなので指さしでオーケーです。

「中華新聞」のお勧めは小籠包!
小籠包

多分、ロシアで一番おいしい小籠包です(個人的見解ですが・・・)。
口に入れるとじゅわっとスープが広がります。
1人前5個ですが、ペロッと食べれちゃうくらい美味しい~。
美味しいだけじゃなく、価格もリーズナブル。
小籠包の他に美味しい中国茶を頼んで、ナスの前菜や餃子、青梗菜の炒めもの、
包まれてない粽、デザートのゴマ団子まで食べて、一人チップ込で1500ルーブル(約2800円)でした。
ナスの前菜
↑なすの前菜

トベルツカヤ店の方はセルフサービスなのでメニューが少し違います。
トベルツカヤ店メニュー

場所は、旧電報局の建物内ですが、入口はリッツカールトンホテル寄りになります。
店内のコンセプトは同じ屋台風。
トベルツカヤ店内

入口のレジで先にメニューを選んで会計するシステムです。 出来上がるとカウンターの上にあるパネルに番号が表示され、自分で料理を取りに行きます。
トベルツカヤ店3

カニコーバ店は地下鉄カニコーバ駅の出口のすぐ横。
店内は窓ガラスが大きくて明るい雰囲気。
カニコボ店2

マヤコフスカヤ駅店と同じメニューが食べられます。
夜中の24時までやっているので、劇場やコンサートの後でもご飯が食べられますよ。
美味しい小籠包を是非お試し下さい。

ロシアに来たらロシア料理ははずせませんが、やっぱり恋しくなるのはしょうゆ味。 /あーしゃ/モスクウ在住フリーライター

06_20141114122438b10.gif
ロシアの代表的料理に水餃子のペリメニがありますが、美味しい小龍包が食べられるのならローカルフードにこだわらなくてもいいですよね! モスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行手配は北欧トラベルにお任せください!

にほんブログ村


にほんブログ村

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/494-de1a28df

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ