スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペテルブルグのユニークカフェ/ラーメン屋さんとソビエトカフェ 

今日はペテルブルグのカフェを2つご紹介します。
一つ目は5月前にオープンして街で話題になっている日本のラーメン屋さん「Ярумэн(ヤルメン) 麵屋政宗」。

IMG_1842.jpg

どうせなんちゃってラーメンかなとあまり期待しなかったのですが、なんと本物の日本のラーメンでした。現地駐在の日本人の間でも人気で、ランチも夜もここに来る人もいるくらい。
写真をご覧下さい。 全く日本のラーメンでしょう。
IMG_1847.jpg

私が食べた味たまラーメンは400ルーブル。 味付け卵が滅茶美味しかったです。
厨房には日本人の方がいました。 やっぱりねぇ~。 日本人がちゃんと管理しないとこの味は守れないと思うのです。 お水が無料でついてくるのもうれしいサービス。

メニューはかなり豊富で、ラーメン以外にも丼ものもあります。
お好みでメンマやチャーシューを50ルーブルで追加することが出来ます。
ロシア的なものに挑戦しようと思ったのか、スメタナ(ロシアのサワークリーム)ラーメンがあったのは驚き。 人気なんだろうか? 怖くて私は試せませんでした

営業時間は12時から23時。 ペテルブルグで日本が恋しくなったら是非行ってみて下さい!

facebook

https://www.facebook.com/Ярумэн-麵屋政宗-799358613466876/



ホームページ

http://www.yarumen.com/




もう一つは、コテコテロシアのカフェ「ソビエト・カフェ・クヴァルチーラ(Soviet cafe Kvartira)」。
http://vk.com/pososedski
最近、ペテルブルグに行くと必ずここで食事をするかなりお気に入りのカフェ。
ペテルブルグ市内で何軒かあるみたいですが、私がいつも行くのはメトロ「マヤコフスカヤ」が最寄り駅、ネフスキー通り沿いでラディソンホテルの横にあるお店。
IMG_1815.jpg

近くにホテルも多く、ネフスキー通り沿いにあるにも関わらず、店内はロシア人だらけ。
店内はソ連というよりロシアの一般のアパート風の内装。だからアパートという意味のロシア語クヴァルチーラという名前がついているのかも。
IMG_1818.jpg

でも、なんでソ連カフェなんだろう?と思ってロシア人の知り合いに聞いてみたら、このカフェのメニューは高級ロシア料理でなく、ソ連時代から一般の人たちが食べていた料理ばかりなんだそうです。 例えば、ペリメニとかいつもロシア人がお正月に食べるオリビエサラダとか、普通家庭でしか食べないキャベツに包まれないロールキャベツとか、ロシア人的にはほっと安心する料理
ばかり。 しかも、どの料理もお値段はリーズナブル。

でも、このお店になぜ私が通うかというと理由はこれです。
じゃーん、サバのグリル。 塩焼きです。
IMG_1821.jpg

立派なお頭つきのサバのグリル。ロシアではなかなか食べることが出来ないのです。 注文してから時間が30分くらいかかるのですが、上手にグリルされていて、食べる価値あり!
お値段はこの大きさで370ルーブル!(2015年11月現在)
白いご飯が欲しくなる美味しさです。 ペテルブルグのお越しの際は是非お試し下さい。
営業時間は12時から13時。 英語メニューありです。

06_20141114122438b10.gif
誰もが知っている観光地、サンクトペテルブルグ。でも、そこに本格ラーメンのお店やソビエトの雰囲気漂うカフェがあることはあまり知られていません。新しいもの好きの皆さん、ぜひ遊びに来てください。 モスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行手配は北欧トラベルにお任せください!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/485-7f9181f0

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。