ペテルブルグのおすすめ博物館!ロモノーソフ陶磁器博物館 

ロシアで有名な陶器といえば、ロマノーソフ焼きとして知られているインペリアル・ポーセラン。ペテルブルグにある帝政ロシア時代からある歴史ある陶器工場です。インペリアルとの名前の通り、1765年に創業、1744年にピョートル大帝の娘エリザベータ・ペトローブナ(エリザベータ女帝)の持ち物となりました。

実は、あまり知られてないのですが、この工場にとても素敵な陶器博物館が併設されています。しかも、この博物館はエルミタージュ美術館の別館とされており、エルミタージュ美術館のサイトでもそのコレクションを見ることが出来ます。(サイトはロシア語のみ)

http://e-expo.hermitage.ru/modules/Farfor_01/main.php


何度もペテルブルグには来ていますが、その存在を知らず、今回初めて行ってきました。
外観
工場の正面玄関を入ると正面にショップがあり、右に行くと博物館があります。
看板
ショップの前にはロシアのシンボル双頭の鷲とともに270年と飾ってありました。去年創立270年だったのですね。

博物館の方に行くとすぐ左手にクローク、右手奥にチケット売り場があります。が、係員のおばちゃんが現金なら機械でも買えるわよと、クロークの手前の券売機に連れて行ってくれました。
券売機

チケット代は陶器博物館のみは300ルーブル。エルミタージュとのセット券なら600ルーブルです。(2015年10月現在)
展示室へは、入ってすぐ右手の非常口みたいなドアを入り、階段かエレベーターで4階まで上がります。
展示室1

英語で表示が出ていますよ。
展示室は全部で3つ。 作品には全て、英語が併記されています。
展示室2

展示室には、タッチパネルの案内板もありますが、ロシア語だけでした。残念。

展示室は歴史別に分かれていました。 1つ目の部屋は帝政ロシア時代の作品、世界の民族の人形もあり、3つ目の部屋は有名なバレリーナ、ガリーナ・ウラノワをモデルにした置物とかソ連っぽいものがたくさん。
コレクションソ連

こんなレーニンの皿もあって結構面白い~。

01レーニン皿

とにかく綺麗なもの満載で女子なら絶対気に入ること間違いなし!

更に、女子の気持ちをそそるのは一階のショップ。さすが工場併設だけあって、品ぞろえがよい。 お手軽に買えるものからお高いものまで幅が広いので、お土産も自分への旅の記念もちょっとした人への贈り物もなんでも揃います。

市中心部からの行き方は、タクシーか地下鉄。
タクシーだと交通状態によりますが30-40分。
地下鉄なら、緑の線のロモノーソフスカヤ駅から歩いて5-6分です。
乗り換えなしで、ネフスキー通りのガスチンヌィ・ドボール駅から4駅、マヤコフスカヤ駅からなら3駅です。

月曜日は休み
火曜~土曜:10:30-18:00
日曜:10:30-17:00
休館:月曜日
チケット販売は、閉館の1時間前まで。
住所: проспект Обуховской обороны 151
(Prospekt Obukhovskoi oborony 151)

【地図】


お気に入りのカップ&ソーサーを見つけてみては?/あーしゃ/モスクウ在住フリーライター

06_20141114122438b10.gifロモノーソフ陶器には、バレエや民話をモチーフにしたカワイイカップがたくさんあります。博物館見学の後、お買い物をお楽しみください! モスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行手配は北欧トラベルにお任せください!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/482-e3febd4b

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ