ラトビアのスイスと呼ばれる「ジグルダ」へ 

<新企画ラトビア便り!> リガ在住のQさんから、ラトビア発の新鮮な情報を定期的にお届けすることになりました!

 

今回は、緑豊かなシグルダの町をご紹介します。

 

トゥライダ城の塔から

 

リガを抜け出だそう!

 

緑豊かなリガ市もきれいですが、ラトヴィアを満喫するなら、ぜひ地方都市もごらんあれ。リガから東北へ向かって約70キロ。電車で約1時間の距離にあるシグルダは、ガウヤ国立公園のちょうど入り口にあるラトヴィアきっての観光スポットです。

 

 

普通、観光地といえば立ち並ぶお土産屋さん、レストランなど想像しますが、ここは自然あふれる国立公園内に点在するお城や遺跡がメインスポット。夏ならば、まるで森林浴さながらの半日ないし1日遠足が楽しめます。リーガを午後出のゆっくりコースを試してみました。

 

ジグルダ到着

 

この日はリーガを午後2時の電車で出て、3時にシグルダ着。

駅からツーリストインフォメーションの方へ向かって10分ほど歩くと、その観光案内所の裏手に最初のスポット、シグルダ新城(Sigulda New Castle)があります。よく手入れされた庭を前景にしたこの小さなお城の見所は、その裏手のバルコニーから見る景色ではないでしょうか。

 

一気に視界が開け、ガウヤの自然を彼方に隣接するシグルダ城遺跡(Sigulda Castle Ruin)を眺められます。昼前に来れば、1階にあるレストランのテラス席でのんびりランチができたのに...ちょっと心残りです。

 

ロープウェイでトゥライダ側へ渡る

 

ここから、また10分ほど歩いてケーブルカーへ。ガウヤ川の向こう側へ渡ります。国内最高峰が311メートルと平坦な国ですが、おっとどっこい。ちょっとした渓谷を越える気分です。勇気ある方は、このケーブルカーからバンジージャンプもできるそうです。

 

 

トゥライダ

 

向こう側についたら、今度はトゥライダ(Turaida Castle)を目指します。ケーブルカーから見下ろした木々の中をてくてく歩いて約20分。

 

遠くにトゥライダ城を望む

 

途中に砂岩でできたグートマニャ洞窟(Gutmana Ala)があります。足下をちょろちょろ流れる水の冷たいこと。タオルを浸して頭に載せるとほっと一息です。

中間少し車道を歩かなければなりませんが、トゥライダ城まで再びてくてく約20分。上り詰めたところがお城です。

 

このトゥライダ城の塔(800m)に上ると360度、ガウヤの自然を見渡すことができます。曲がりくねったガウヤ川に一面の緑。これが紅葉に変わる秋もまたどんなに素敵かと思いました。

 

秋はこんな感じ

 

トゥライダ城から駅へはバスで

 

帰りはこのトゥライダ城前からバスで駅まで。半日かけて歩いた距離もバスでは10分足らず、あっという間です。こうして緑の中をたっぷり歩くのも小学校の遠足以来。心地よい疲労感が何とも言えない帰路でした。

 

 

シグルダ観光協会ホームページ
http://www.sigulda.lv/index.php?pid=2266

 

(レポート by Q/リガ-ラトビア)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/48-5930ee9e

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ