スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これははずせない!/エルミタージュ美術館別館! 

エルミタージュ美術館別館-圧巻の印象派コレクション
13_20150107102907ca8.gif
先日ペテルブルグに行ってきました!
今回もフレッシュなペテル情報をお届けします。 
今回の目玉はエルミタージュ美術館の別館旧参謀本部ビル。
今日はその旧参謀本部ビルをご紹介します。
最近、エルミタージュ本館の宮殿広場を挟んで反対側にあるこの旧参謀本部ビルに印象派の絵が移りました。
旧参謀ビルは、1820-30年にイタリア人の建築家ロッシーのプロジェクトによって建築されました。彼の作品には旧参謀ビルの他にもロシア美術館、ミハイロフスキー宮殿、アレクサンドリンスキー劇場、アーニチコフ宮殿等々の有名な建物があります。

現在この地区はユネスコの世界遺産にサンクトペテルブルグ歴史地区として登録されており、旧参謀本部ビルは歴史的建造物の一つです。
模型ですが、建物の全体像はこんな感じ。
建物模型

東棟にはロシア帝国の大蔵省や外務省等が置かれていました。
今でもその場所は当時の大蔵省関係の物が展示された常設展となっています。

大蔵省2

resized_大蔵省1
天井も綺麗。

現在は、この常設展の他、エルミタージュ美術館の別館として、特別展や常設展としてモネやマチス等の印象派の絵画が展示されています。
入り口はあまり大きくないですが看板が出ています。
入り口

入って奥へ進むと右側にチケット売り場があります。
カッサ

入り口ホールに案内板も立ってます。

入り口案内版

上からみた入り口ホールはこんな感じ。
私が行った時はまだ旧正月前だったので、まだヨールカ(ロシアのクリスマスツリー)が飾られてました。
resized_上からみた入り口ホール

チケット代は200ルーブル、ただし毎月最初の木曜日は入場無料。(2015年1月14日現在)
私が行った1月8日は新年ということで8・9日の2日間とも無料でした。ラッキー!
特別展は写真撮影禁止ですが、常設展は写真オーケーです、ただしフラッシュは駄目。
(チケット売り場で、撮影用のチケットを買う必要はありません。) 
美術館への入り口は自動改札になっています。
改札を通って下に下りるとクロークとトイレがあります。
コートを預けて先に進みましょう。 階段をあがり展示室に向かいます。
まず出てきたのは大きな階段。
展示コーナーな向かう階段
吹き抜けで天井はガラス張りになってます。
吹き抜けの天井
この階段、ニューヨークのメトロポリタン前の大階段を意識したのかしらん。
resized_展示コーナー入り口の大階段
皆ここに座って休憩したり、写真を撮ったりしてました。
大きな入り口の先は、イスラエルの遺跡が展示されてました。
その先も吹き抜けな何もない大きなホール。内に向かって窓がある壁。
内部

多分、昔中庭だったのを屋根をつけて全てつなげ大きなコンプレックスにしたのでしょうね。
なんかテーマパークの中にいるような不思議な感じです。
とにかく広くて迷ってしまいそうですが、ところどころにこんな案内板があるので、
何とかそれぞれの展示室にたどり着くことが出来ました。
館内案内板2

ところどころにレンガの壁が展示用に残されてます。
昔の壁

1階の大蔵省関係の展示の近くで行われていた特別展には、こんな日本の物も展示されてましたよ。
日本の展示1
よくみたら刀に葵の御紋が・・・。
日本の展示2
お目当ての印象派の絵は上層階にありました。すごい数のコレクションです。
印象派展示室
マチスだけで3部屋も。
マチスの部屋
コレクションをざっと並べると
ゴッホ 2部屋
ゴーギャン
セザンヌ
ルノアール 2部屋
ピサロ
シスレー
ドガ
モネ
他にも20世紀の絵画の部屋にカンディンスキーが何枚もありました。
印象派の展示室からは宮殿広場が綺麗に見渡せます。

窓からの景色
エルミタージュ本館に入る人のながーい行列が見えました。

開館時間
火・木・金・土・日  10:30-17:00
水          10:30-20:30
月 休館日
旧参謀本部ビルがエルミタージュの別館としてオープンしてからまだ日が浅いためか、入れ物が大きい割に印象派以外の展示が少なくちょっと空虚感を感じます。 あと、残念なのが中にミュージアムショップもカフェもないこと。
これからどんどん充実して行くのでしょうね。次に来るのが楽しみです。

印象派の移転を知ってる人がまだ少ないせいか、入る時も並ばず、ゆったり鑑賞できました。
入場料も200ルーブルとお手ごろですし、旧参謀本部の別館おすすめです。

印象派のコレクションがお目当ての方も多いはず。これからはこの別館で!!/あーしゃ/モスクウ在住フリーライター

06_20141114122438b10.gif旧参謀本部という名前も歴史の甘美な響きが・・・。 モスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/462-de925172

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。