モスクワのお勧め観光箇所/プラットフォームがまるで博物館! 

クレムリンや赤の広場とならんでモスクワの観光名所といえば地下鉄駅。 
長いエスカレーターを降りると大理石をふんだんに使用したとても綺麗で広々としたホームが広がり、レリーフやモザイクで飾られた壁、地下宮殿との異名をとるだけのことはあります。

駅によって趣きが全く違うので、一つ一つ駅を降りてみるととても面白いのです。
モスクワの地下鉄は共通料金、40ルーブルのチケットを買えばどこまでも行けますよ。
5回券から一回当たりの価格がどんどん安くなりお得です。
詳細はこちらのモスクワメトロのサイトをご覧ください(英語もあります)。

http://engl.mosmetro.ru/pages/page_0.php?id_page=8


最新の路線図はこちらです。

http://mosmetro.ru/flash/scheme12.html


環状線とその内側の古い駅が綺麗です。
今日は環状線の私のお気に入りの駅をいくつかご紹介しますね。
まずは、青が特徴のタガンスカヤ駅(Таганская)。
タガンカ1
駅名のレリーフも素敵。
タガンカ4
ロシア語で「タガンスカヤ」と書いてあります

ペテルブルグ行き列車が発着するレニングラード駅と直結している
コムソモーリスカヤ駅(Комсомольская)は黄色い天井が特徴です。
コムソモーリスカヤ1

そして、ここには最近あまり街でみなくなったレーニンおじさんが健在。
コムソモーリスカヤ_レーニン像


お次はプロスペクトミーラ駅( Проспект Мира)。白が基調になった上品な駅。
ミーラ1
レリーフの絵柄は全部違います。
プラスペクトミーラ_レリーフ1
まるで美術館みたい。
プラスペクトミーラ_レリーフ2

ステンドグラスで有名なノヴォスラヴォトスカヤ駅(Новословотская)は私の一番のお気に入りです。
ノヴォ1
ノヴォスラヴォトスカヤ駅プラットフォーム

МИР(ロシア語で平和という意味)と書いた大きなモザイクもあります
miniノヴォ5
赤ちゃんを高く掲げるお母さんの頭上にロシア語のМИРの文字が見えます


ステンドグラスの絵柄も一つ一つ違うのです。


ピアニストのイラストがソビエト時代からの芸術への関心の高さを物語っています

共産主義のシンボル、赤い星が・・・

 ピアニストのイラストが
芸術への関心の高さを物語っています

 共産主義のシンボル、赤い星が・・・


最後はいつも一番観光客の多いキエフスカヤ駅(Киевская)です。
モザイクだらけです。
キエフスカヤ2

キエフはウクライナの首都、その名前がついているだけあってウクライナとの関係の絵が多いです。 
絵の下には絵についての説明が書かれています。


勝利の花火

レーニンのモザイク画

 「1945年5月9日モスクワの勝利の花火」のモザイク画

 モザイク画のレーニンさん

どの駅にもこんな風に乗り換え案内が壁に書いてあります。
乗り換え案内板_revised

地下鉄内はロシア語の案内のみなので外国人にとって地下鉄を乗りこなすのは非常にシンドイのですが、なんと最近では床に英語併記の道標が出来ました。
英語の案内_revised

写真はパヴェレツカヤ駅(Павелецкая)のものですが、わかり易いようにイラスト付き。
空港行のエキスプレスの案内には飛行機の絵がついています。
戸惑ったら床をみれば出口や乗り換えがわかります。
ワールドカップまでには全て英語併記にすると言われていますが、徐々に準備が始まっているのかもしれません。 モスクワ進化してるなぁ。

そうそう、モスクワの地下鉄はほぼ全線で無料WiFi使えるようになりました!!!
ホームではなく電車の中です。 移動中に仕事のメールもチェックできとても便利になりました。
日本同様、モスクワでも静かにイヤホンをして映画をみたり、携帯やIpadで本を読んでる人が多いです。
でも、電話をしている人はあまり多くありません。
ますます便利になるモスクワメトロ、これからが楽しみです!

地下鉄構内でのビデオ撮影は禁止ですが、写真撮影オーケーです。
気に入った駅で降りて記念撮影、そんな一日を過ごすのも楽しいかも。
これから寒い季節になりますが、暖かい地下ミュージアムでモスクワの観光をお楽しみください。(*写真撮影の際は、身の回りのバッグや貴重品に注意をはらってくださいね!)

他の国ではなかなか巡り合えない地下宮殿を観光プログラムにいかがですか? /あーしゃ/モスクウ在住フリーライター


06_20141114122438b10.gifモスクワの地下鉄は移動手段でありながら、ツーリストにとっては正に地下宮殿。装飾の美しい駅を選んで見学するのがおすすめです。 モスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/456-5c79359f

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ