スーズダリのきゅうり祭り、みんなでポリポリっ! 

今回ご紹介するのは、古都スーズダリで毎年7月に開催される「きゅうり祭り」
この祭りのために、「数日きゅうり絶ち」をして挑んでくれた、 モスクワ駐在のMさんに、レポートしていただきました。(2006年の開催は7月15日(土)でした。) →スーズダリの場所

 

 

緑色の依頼

 

「きゅうり祭り」潜入レポートの依頼を受けたオレ。

「きゅうり祭り」といわれても、「体が緑色になるまできゅうりを投げ合う大会」みたいな、激しい内容しか想像できない・・・

 

しかもマスコットはこんな感じのユル~いキャラ

 

 

この週末は自分を緑色に染めることを決意したオレは、スーズダリに向けてモスクワを後にした。

 

事前情報

 

 

過去2回の訪問記録でオレの頭脳に刷り込まれたスーズダリは

 

  • 「黄金の輪」というモスクワ周辺にちりばめられた古都群、スーズダリはその中でもずば抜けてきれいな町。
  • 大小30前後の教会があって、町全体が世界遺産。
  • ドイツの文豪ゲーテも愛してやまなかった、素朴だけど重厚な古い町並み。
  •  

    という「由緒正しい」観光名所だ。

     

    そんな中世ロシアの面影を色濃く残す町にきゅうりの緑色が入る余地がどこにあるのか・・・

    この疑問に立ち向かうべく、まずは事前に極秘入手したパンフレットを見てみることに。

     

  • 正式名称は「第6回「国際」きゅうり祭り」と権威ある名称
  • スーズダリの木造建築博物館で開催
  • スーズダリはこの一体で一番、土がベリーグーな町、
  • スーズダリのきゅうりはロシア一、むしろ世界一!
  •  

     

    そして、このパンフの中に、さらに重要なキーワードを発見!この祭りのキャッチコピーだ。それは「みんなでポリポリっ!」 ・・・なんて心地のよいユルいキャッチコピーなんだ・・・

     

    いざ、祭りへ

     

    ついに「第6回「国際」きゅうり祭り」会場へ到着。

    と、いきなり入り口から人・人・人。町中からあふれ出てくるツーリストたち。

    その数なんと1万4000人。入場門でもユル~いキャラがお出迎えv

     

    人の多さはまさに祭りの装い

     

    そして入場門をくぐると、威厳のある、恐ろしいクマがお出迎え。

     

    クマもきゅうりを食べるのか!

     

    会場は緑一色。生きゅうりに浅漬けきゅうり、そしてしっかり漬かったピクルス・・・周りの1万3999人のみんなも、そこかしこでぽりぽりぽりぽり

     

    様々なきゅうりが並ぶ おばあちゃん

     

    そしてきゅうりを漬かった、いや、使ったチャーミングな展示品の数々。

     

    めがねをかけるきゅうり? お風呂に漬かるきゅうり

     

    若干お歳とり

     

    もちろん、きゅうり大使やきゅうり大臣と一緒に写真を撮れる。

     

    枝豆のようにも見える?

     

    そして極めつけは、きゅうり仮装コンテストだ。優勝は毎日きゅうりパックを欠かしていない(としか思えない)美人ママとその子きゅうりたちだ。

    ちょっとワイルドな感じですよね

     

     

    祭りのあと

     

    きゅうりと古都を満喫したオレ。

    忘れずに日記に書こう。

    7月15日(土)「きゅうりを見直す旅になりました」

     

    (レポート by M/モスクワ)

    コメント

    こんなお祭りがあったんですね。
    行きたかったなあ・・・。
    次に行くことができるのは何年後だろう・・・ちょっと寂しい・・・。

    みやびいさん、日本でも「きゅうり祭り」を組み込んだ格安ツアーが売り出されるかもしれませんし、この祭りはずっと続きます。美味しいきゅりはみやびいさんをお待ちしています。ロシアのアツイ情報を発信し続けていきますので、どうぞこれからもご愛読のほど、よろしくお願いいたします。

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/45-8fba29ac

    skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

    FC2Ad

      
    copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ