ペテルブルグお薦めスポット/ファベルジェ博物館 

ロシア初の私設博物館ーファベルジェ博物館
圧巻のコレクションは必見!

24.gif

ペテルブルグの新しいお薦めスポットは、私も今回はじめて行ったファベルジェ博物館です。
皆さんはファベルジェってご存知ですか?
ファベルジェとは、帝政ロシア末期にペテルブルグでカール・ファベルジェという宝石商の工房で作られたアクセサリーや置物のことで、中でも皇帝の家族や貴族の注文により貴金属や宝石を使って作られたイースターエッグが有名です。その幾つかの写真がこの博物館のチケットに使われています。私のチケットはこちらでした。
チケット
 何種類かあってどれに当たるかそれも楽しみ。綺麗なのでこのチケットは永久保存です。
さて、このイースターエッグですが、ロマノフ王朝最後の皇帝ニコライ2世は、10月革命が始まるまで、お母さんのマリアと奥さんのアレクサンドラの為に毎年2個づつ注文していたとのことです。 毎年毎年工夫を凝らして贅沢なデザインのイースターエッグをお母さんと奥さんにプレゼントするなんて素敵ですね。これらのコレクションの殆どがこの博物館に展示されています。 (イースターエッグ及びファベルジェ工房の幾つかのコレクションはモスクワのクレムリンの中にある武器庫で見ることが出来ます。)

実は、これらの膨大なコレクションの殆どは、残念ながらロシア革命の後、財政難を救う為にレーニン率いる新政府により売却され世界中(主にアメリカ)に散らばってしました。2004年に失われた文化的価値をロシアに取り戻す目的で創立された文化歴史基金「Связь времен(スヴャージ・ヴレミョーン/the link of Times/時代の絆)」により徐々に買い戻され、2013年11月にこの基金によりファベルジェ博物館は誕生しました。ロシアで初めての私設博物館です。展示物の目玉は豪華なイースターエッグですが、その他にファベルジェ工房で作られた、アクセサリーや小物、食器のセット等、とても贅沢なコレクションを見ることが出来ます。
博物館の場所はフォンタンカ運河沿い。 市中心部を背にして馬の彫刻で有名なアニチコフ橋を右に曲がって少し行った左側です。外観はこんなです。
博物館前の運河

200年の歴史があるシュヴァロフスキー宮殿の中が博物館になっています。

外観3


宮殿なので中に入るとどーんと階段があります。
入り口ホール

チケット売り場は右手、ミュージアムショップは左手です。セキュリティーを通って階段を数段上がった左手にはクロークとトイレがありますよ。
開館時間は09:30-20:45ですが、朝10時から18時まではガイドツアーが行われており、そのツアーに参加しないと見学できないシステムになっています。ツアーはロシア語と英語のみ。 一回のツアーの定員は18人。 定員に空きがあればツアー直前でもチケットを購入できますが、人気なので、朝一番でまず博物館に行き、希望の時間のツアーの席を確保することをお薦めします。観光に行く前に博物館によって参加するツアーのチケットを買って観光して戻ってくると、効率がいいかもしれません。

18時以降は自由閲覧になります。 チケットはガイドツアー参加でも自由閲覧でも300ルーブル(約900円。2014年7月現在)。
私はシステムを知らなかったので、博物館についてからガイドツアーに参加要と知り、ロシア語ツアーはその日の分は売り切れといわれ、一時間半後の英語のツアーになんとか入れてもらい見学することが出来ました。
イースターエッグについては、デザインのことや、これは誰から誰へ、いつプレゼントした等、詳しく説明してくれるので私的には同じチケット代ならガイドツアーに参加する方がお得だなぁと思いました。
こんな素敵な博物館があるなんて、今回初めて知りました(オープンしたのは2013年11月!)。
ペテルブルグは奥が深いです。
今回のペテル旅シリーズはこれで最後ですが。
次に行く時も新しい発見して皆さんにご紹介したいなと思います。

ファベルジェ博物館(Музей Фаберже)
住所:набережная реки Фонтанки, дом № 21.
電話:+7 812 333-26-55
URL(英語) :

http://www.faberge.com/news/142-fabergstpetersburgmuseum.aspx/



<地図>


もう見つくしたと思ったペテルブルグでしたが、こんな素敵な博物館があるなんて!/あーしゃ/モスクウ在住フリーライター


02.gifロシア初の私設博物館・・・・にも興味をそそられますが、やはりロマノフ王朝の栄華を映すインペリアル・イースター・エッグのコレクションが魅力!ペテルブルグに来たからには、思う存分堪能したいですね。モスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/445-162bdc81

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ