スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐオリンピック!ソチからこんにちは! 

オリンピック間近のソチからPrivet!(プリヴェット!/こんにちは!)
24.gif


普段はリゾートの雰囲気満載のソチも今はオリンピック一色。
金メダリスト達が宣伝するオフィシャルオリンピックグッズを扱うスポーツウェアブランド、ボスコスポーツの看板が街のあちこちにありました。
宣伝


ソチの街の中心マリンターミナルの前にはカウントダウンの時計が
置かれています。
反対側はパラリンピックのカウントダウン時計になっています。
みなこぞって時計の前で記念撮影。
写真 (1)

街中には英語併記の案内板があちこちにあり、どこに何があるか
分かりやすくなっています。
標識
↑ロシア語の下に英語表記があります

マリンターミナルの近くにはこんな銅像が。

ガイダイ

ソ連映画の超有名な映画監督ガイダイの代表作「ブリリアントナヤ・ルカー」(抱腹絶倒コメディー)の登場人物達です。 この場所で撮影されたんだそうです。
ここでも、ロシア人達がこぞって記念撮影してました。


オリンピックパークは、ソチの中心から車で30-40分のアドレル地区に
建設されました。 スキーやボブスレー等の競技は雪のある山の
上の方のクラースヤナ・ポリャーナで行われます。
かなり競技会場間は離れているのですが、移動はどうするかと
いうと。 じゃーん、これです。 オリンピックの為に開通した
ロシア鉄道の電車「Ласточка」(つばめ号)。
ラスタチカ
空港・ソチ・アドレル・クラースナヤポリャーナ・オリンピックパークを結んでいます。


ソチ駅は古い駅舎を利用していますが、
ソチ駅
↑古い駅舎のソチ駅

その他の駅は新しく建設されたピカピカで近代的なデザインです。
アドレル駅
↑新設のアドレル駅

クラースナヤポリャーナ駅
↑クラースナヤポリャーナ駅

オリンピックパーク駅
↑オリンピックパーク駅


電車の中はこんな感じです。
電車内部

駅に入る際の荷物検査も厳しく、飲み物食べもの一切持ち込めません。
(検査の後ホームにある自動販売機で購入した飲料・食べ物を持ち込むことは可能です。
検査の厳しさは駅によってまちまちで、駅によっては携帯やデジカメの電源を入れさせられることもあります。面倒くさいなと思いましたが、これも安全のためだからしょうがないですよね。


でも、この電車、なんと無料なんです!


クラースナヤポリャーナからはゴンドラやバスでそれぞれの競技会場に行くことができます。
私が行った時はまだ建設中のところもあり、急ピッチで作業していました。
開幕ギリギリまで作業、ロシアらしいなあ。

2月7日の開会式が楽しみです。/あーしゃ/モスクワ在住フリーライター

コメント

駅のセキュリティ厳しいのにビックリ!
でもこの記事でオリンピック近づいていること、すごく感じました!
もう目前なのね!

ハルピス様、コメントありがとうございます。セキュリティはかなり厳しく、観戦にお出かけの際は、余裕を持ってお出かけ下さい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/431-6633e326

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。