サンクトペテルブルグのお勧めホテル/ドミナ・プレスティージ 

レセプションで度肝を抜かれる
ドミナ・プレスティージ

08_20131031152550f9d.gif

私はずっとロシアに行きたいと思っていた。
そしてついにこの謎めいた隣国、ロシアの地を訪れる機会を得たのである。

ロシアというよりヨーロッパの大都市と言った方がふさわしいモスクワを経て、
多くの観光客を魅了するサンクトペテルブルグにやってきた。
観光地を一通り巡り、ロシア料理にも舌鼓、軽い疲労はあったが、満足に浸った体で宿へ。
今日のホテルはドミナ・プレスティージ(Domina Prestige)。
2009年にオープンした比較的新しいホテルだ。
外観は町の景観と調和したヨーロピアンな造り。落ち着いたたたずまいに少しほっとする。
きっと旅の疲れも癒せるだろう。

DSC_0592.jpg

しかし、一歩レセプションに足を踏み入れた途端、私の体は固まった。

なんと、レセプションエリアは赤・青・黄などの原色を使った奇抜な色使い。一瞬不安を感じる。
レセプション

しかし、部屋に入ると不安が一掃。ヨーロピアンな造りの部屋と広さに感動!
DSC_0595.jpg

部屋のカテゴリーは全部で5つ(マンサルド、スーペリア、スタイリッシュ、ジュニアスイート、スイート)。
私の部屋はスタイリッシュだ。収納スペースもこの通りたっぷり。こんなに必要ないのではと思うほどだ。
DSC_0600.jpg

バスルームも広さ十分。バスローブとスリッパがついている。
DSC_0596_20131031141531e0b.jpg

24時間のルームサービスもあり、さすが5星。デラックスホテルとして問題なしだ。
朝食会場はテーブルや椅子が赤色を基調とした配色。少し奇抜なデザインなので好みが分かれるだろう。
広くはないが、大きなホテルではないためあまり混み合ってはいなかった。


このホテルは、なによりもロケーションが抜群だ。
聖イサク聖堂までは徒歩5分ほど。ネヴァ川やエルミタージュ美術館なども徒歩圏内。観光、ビジネスに最適だ。

時代と共に姿を変えるロシア。その懐の深さに感動した旅だった。
既存の概念にとらわれず、こんな新しいコンセプトのホテルも、ぜひお勧めしたいと思う。

ドミナ・プレスティージ(Domina Prestige)
住所:Набережная реки Мойки, д. 99、Санкт-Петербург,
電話:+7 (812) 385 99 00
URL:(英語・ロシア語等):↓

http://dominarussia.com/en/welcome



<地図>

大きな地図で見る


ロケーションと部屋の広さに大満足!/クニーシャ


本格的に冬支度を始めたロシア。雪景色を楽しみながらの観光もこの時期ならでは。お部屋の中は意外にポカポカですが、外での観光は、暖かくしてお出かけください。ロシア名物のスープで体を温めてモスクワ・サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/418-2eca7b9d

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ