スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスクワを2階建バスで観光しよう! 

乗り降り自由!
モスクワにシティ・サイトシーイングバス登場!

heart_blue_20131008111552141.gif

去年から赤い可愛いダブルデッカーのバスが街中を走り始めました。パリとかロンドンとかハワイとか有名な観光都市にある乗り降り自由の観光バスがとうとうモスクワにも登場です。
ずっと気になってたので、日本から来たお友達と一緒に乗ってきました!
バス外観

街のあちこちにバス停があり乗り降り自由ですが、私たちは始発点のヴォロートナヤ広場から乗りました。モスクワ川とヴォロートナヤ運河に挟まれたヴォロートナヤ広場の目印はこれ、ロシアの有名画家レーピン像。

始発駅風景11

目の前の橋と川沿いには、南京錠だらけの街路樹が。

始発駅風景2_南京錠

なんで南京錠が分かりますか? 結婚式の後に、ここに来て愛が永遠に続くように南京錠をかけるんですって。 離婚率が高いロシアなので、そんな人たちを2-3年後も一緒にいるかしらねぇ?と私は冷ややかな目でいつも見てるのですが
橋を渡って真っ直ぐ歩いていくと右側にトレチャコフ美術館がありますよ。
バスのチケット代は、バスとボートそれぞれ600ルーブル。 バスとボートのセット券は1000ルーブルです。
チケット

5歳以下の子供は無料。バス・ボートそれぞれ24時間有効。何度でも乗れます。セット券の場合は、今日バスにのって、ボートは翌日(また、その逆も)でも大丈夫です。チケットには48時間と書いてあり、まどろっこしいのですが、バス24時間+ボート24時間=48時間なだけです。
チケット売り場はこんな可愛い車型。
チケット売り場

朝早いとまだいませんが、係りの人がバスの中で席までチケットを売りに来ますのでご心配なく。 チケットを買うと中に地図が描いてあるこんなパンフレットをくれます。
貰える地図

ルートは1と2があり、私たちはウクライナホテルまで行く長めのコースのルート2を選びました。
ルート1は20-30分間隔、ルート2は40-60分間隔です。
ルート1でも2でも値段は同じ
コースとバス停は写真を参照下さい。
地図
緑の線が今回乗ったルート2です。
ではいよいよ出発です。 勿論、選んだのは景色のいい2階席。車内はこんな感じ。
バス内部

ロシア語・英語・フランス語を含む8ヶ国語のイヤホンガイドがあります。日本語が無いのが残念。
スピードを押さえながらバスはゆっくり進むので見所を逃すことなく写真もばっちり撮れますよ。ウクライナホテル、外務省、アルバート通りを通過してセンター(市中心部)に向かいます。
車窓からウクライナホテル
ウクライナホテル

車窓から外務省
真ん中のとがったスターリン様式の建物が外務省

車窓からアルバート通り

乗り降りが無いバス停は止まらず通過しまが、旧アルバート通り、アルバート側の入り口では15分くらい停車していました。あとは、クレムリンの入り口、ボリショイの前(メトロポールホテルの最寄バス停)などの有名観光場所のバス停では10分くらい止まります。

車窓からアルバート入り口
旧アルバート通り入口

大聖堂の前を通って、クレムリンを車窓から眺めながら、マネージ広場、ボリショイ、旧KGBのビルを通過、クレムリン周りをぐるっと回る感じでバスは進み、モスクワ橋を渡って始発点に戻ります。


車窓からクレムリン入り口
クレムリン入口

車窓からワシリー
車窓から見るワシリー寺院

車窓からボリショイ劇場
ボリショイ劇場

この日はお天気が悪く体が冷えてしまったので、始発点の近くにあるスターライトダイナーでランチして暖をとりました。

starlight.jpg

ハンバーガーが美味しいアメリカンダイナーです。バスに乗り前や降りた後に食事をするならここが一番近くて便利。

ランチをしているうちに晴れ間が出てきたので、ボート乗り場に。
乗り場は、始発点の橋のたもと。
ボート乗り場

ボートは普通のモスクワ川くだりの船よりかなり小さめ。
ボート

コースも違いますよ。 Hop on – Hop offのボートトリップは大聖堂の前を通って、ピョートル大帝の像のところでユーターンして、パベレーツカヤの先までいきます。

芸術家アパートが綺麗~。この建物もスターリン様式のひとつ。

ボートからの風景芸術家アパート

先日ご紹介したスイスホテルや、コンサートホールのドムムージカもばっちり見えます。

ボートからの風景スイスホテルとドムムージカ

タガンカの先からヴォロートナヤ運河に入り帰途につきます。ボートだから運河に入れるんですね。
午後からお天気が良くなり暖かくてとても楽しいボートトリップでした。
ボートは途中で乗り降りできません。
出発点に戻ったら噴水に綺麗な虹がかかってました。
虹

残念ながらボートトリップのシーズンはもうお終い。未体験な方、来年はぜひお楽しみ下さいね。爽やかな風に吹かれながらのボートトリップ楽しいですよ。
何日かモスクワに滞在するなら初日にこのバスに乗って、ぐるっと車窓からみてから翌日の観光プランを立てるのもいいかも。

バスとボートの一日観光、日本から来た友達も大満足でしたあーしゃ/モスクウ在住フリーライター


モスクワにも、こんな観光バスが登場しました。個人旅行でも手軽に市内観光ができますね。チケットはバス内またはバス乗り場でご購入ください。モスクワ・サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/415-0d59cefd

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。