ペテルブルグのお勧め/内部の美しさに息を呑む!血の上の教会 

数々の困難を経て蘇った
血の上の教会

08_20120830110536.gif

「国立ロシア美術館」の後には、隣接する「血の上の救世主教会」(通称「血の上の教会」)にも立ち寄りました。

血の上の教会

どうして、「血の上の教会」という名前がついたかご存知ですか?
農奴解放を行ったアレクサンドル2世が1881年3月1日にこの場所で爆弾テロにより暗殺され、彼の死を弔う為に、彼の血が流れた場所に建設されたので「血の上の教会」と名づけられました。 実は、わたくし大学の卒論で「アレクサンドル2世の農奴解放」について書いたので、この辺ちょっと詳しいですよ。
 
この場所の縁起が悪いのか、時代が悪かったのか、この美しい教会は長年にわたり不運に見舞われます。
まず、革命後、宗教を許さないソビエト政権により略奪されます。内部も破壊され、教会は閉鎖。
その後、第二次世界大戦は野菜倉庫として使われ、ドイツ軍にレニングラードが包囲された時にもダメージを受け、戦後も倉庫として長年使われ続けたのです。 33年もの間、ボロボロのままほっておかれた「血の上の教会」は、27年間の修復を経て、1997年8月に博物館という形で60年ぶりに復活。再び人々の前にその美しい姿を現しました。 

その内部の美しさは目を疑うばかりです。
中1

02revised_中3


床は大理石、壁も天井もすべてがモザイク!

02revised_中4


天井のドームからは「全能者ハリストス」が見下ろしています。(写真)
02revised_中2

ちょっとこの下に立つのははばかられるので、少し斜めから撮影。(笑)
写真を撮り損ねたのですが、教会の内部には、まさにアレクサンドル2世が倒れた場所の石畳がそのまま残されていました。
修復前のボロボロの状態の教会の写真も展示されており、いかに修復が大変だったかを物語っています。

一見の価値ありの美しさです。ペテルブルグにお越しの際はお見逃しなく!

開館時間:
9月16日~4月30日  11:00-19:00
5月1日~9月15日  10:00-19:00

一日で楽しむペテルブルグ如何でしたか?
今回の旅はモスクワから夜行で朝ついて、こんなルートで回りましたよ。
運河めぐり → ランチ → ロシア美術館 → 血の上の教会 → お茶 → バレエ鑑賞
バレエ鑑賞の後、またまた夜行でモスクワに戻るハードな旅でしたが、真夏のペテルブルグを
十分楽しんだ満足な旅でした。
さて、今度はどこに行こうかな?

血の上の教会(Сабор Спас на Крови)
住所:Наб. Канала Грибоедова боедва 26A,Санкт-Петербург
電話:+7 (812) 315-1613
<地図>

大きな地図で見る

 

苦難の時を経てよみがえった美しいモザイク画、ぜひご覧ください/あーしゃ/モスクワ在住フリーライター



06_20120807104821.gifモスクワ・サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/365-01409191

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ