スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアの寝台列車 

海外で列車の旅といえば旅情があってどこかもの寂しい感じがしますね。
今回はロシアの寝台列車がどんなものなのかを取り上げてみました。
310506


ロシアの中でも利用客が多く、日本からのパッケージツアーでも時たま含まれていることもある「モスクワ-サンクトペテルブルグ」間の寝台列車です。

距離にして約650Km(東京-岡山にほぼ同じ)の距離を8時間程で結んでいます。1日8本程度あり、列車番号が若い優等列車には「赤い矢号」、「ニコラエフスキー・エクスプレス号」といった列車名もついています。

コンパートメントは他のヨーロッパと同じように1stクラス(ソフトクラス)、2ndクラス(ハードクラス)に分かれています。
310506
1stクラスのコンパートメント

ちょっと嬉しいのは、列車によっても違いますが1stクラスのコンパートメントにはミネラルウォーターと簡単な朝食ボックスがついているものもあって、到着する前に車窓に流れるロシアの風景を見ながら小腹を満たすのもいいですね。
310506
朝食ボックスはこんな感じ

さて、レトロな感じのロシアっぽい車両もいいですが、普通のヨーロッパの寝台列車にはないものも車内にはあります。「サモワール」と呼ばれる、いわゆる湯沸かし器ですね。また車掌室は各車両にあり多くが女性の車掌さんです。
310506


出発時、もちろん発車のベルなんてありませんし、日本人グループの方の中には、一度乗車した後でちょっと駅のトイレに行っていて再乗車できなかったケースも毎年起こっていますので、乗られる方は十分ご注意ください。(ちなみに列車が駅に停車中と発車後しばらくは車内トイレは使えません)

310506
サンクトペテルブルグのモスクワ駅

最後に1つ。モスクワからサンクトペテルブルグへ向かう列車はモスクワの「レニングラード」駅から発車します。逆にモスクワへ向かう列車はサンクトペテルブルグの「モスクワ」駅から発車します。
つまり、行き先の街の名前の付いた駅から発車するんですね。ご存知でしたか??考えてみるとちょっと面白いですよね。

※レニングラード : サンクトペテルブルグの以前の呼び方





コメント

列車の旅

残念ながら、まだロシアで列車の旅を経験していません。レッド・アロー号、乗ってみたいのですけどね・・・。

赤い矢号や、ニコライ号もいいですが、今年のおススメはグランドエクスプレスです。そのうちブログにも載せますね。シャワーや洗面台、トイレがコンパートメントについているので、清潔好きな日本人にはぴったりですよ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/34-bf19bc7d

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。