モスクワで日本料理が恋しくなったら、「桜」へ行こう! 

モスクワで、本物の日本料理を召し上がれ。
しかも値段はリーズナブル!

Ribbon_pink_short_20111017151933.gif

在モスクワの邦人に親しまれているレストラン「桜」。
「桜」外観

モスクワで本物の日本料理がリーズナブルな価格で食べられる数少ない日本食レストランの一つです。
荒川シェフが腕をふるう料理はどれも個性的で美味しいと評判。
sakura.jpg
写真提供「レストラン桜」(c)桜

普通のメニューはロシア語と英語だけですが(写真上)、季節のシェフの写真入りお勧めメニューは、日本語もあります。 (写真下)
英語とロシア語のみのメニュー  日本語のメニュー

今日はお店のマネージメントをしている打矢美穂さんお勧めのメニューを頂きました。

まずは、あぶりサバ(420ルーブル/約1,200円)
あぶりサバ

「桜」では、モスクワでもこんなに美味しいバッテラが食べられます。
普通のバッテラではなく、あぶってあるユニークなバッテラ。口の中でサバの油がじゅっと溶けて最高に美味しい~。

かつとじ(430ルーブル/約1,300円)もおだしの味がきいていて美味。
かつとじ

豚肉が柔らかい~。揚げ物なのに、しつこくなくてペロッと行けちゃいます。

こちらは銀だらの西京焼き、お値段は810ルーブル(約2,400円)とちょっとお高めですが、こんな美味しい銀だらがモスクワで頂けるなんて、幸せです。さすが日本人シェフ、盛り付けも綺麗。
銀だらの西京焼き


お食事の最後は、やっぱりラーメン。
今日は味噌ラーメン(380ルーブル/約1,100円)を頂きました。
〆の味噌ラーメン

「桜」のラーメンはモスクワで一番という人もいるくらい日本の味に近いです。
ハーフサイズもあるので、飲んだ後の締めにもいいですよ。

デザートには、抹茶アイス白玉あんこ入り(私は勝手に「全部入り」と命名 )とゴマプリン。
デザート1

実は、わたくしここの和風デザートの大ファンなのです。 白玉はモチモチ、あんこは粒あんで、もうたまらない美味しさです。 黒蜜をかけて食べるゴマプリンも最高。

美穂さんに在モスクワ日本人の人気メニューを聞いてみたところ
①からあげ
②焼き豚サラダ
③ラーメン
④バッテラ
とのことでした。う~ん、いずれおとらぬ美味しさ自慢。

生ビール キリン(0.5リットルジョッキ): 270ルーブル(約800円)
ロシアビール シベリアコロナ(0.5リットルジョッキ):170ルーブル(約500円)
枝豆 180ルーブル(約540円)、ポテトサラダ200ルーブル(約600円)なども人気です。

平日はビジネスランチが何種類もありますよ。
写真は、チキン弁当。 
s-BL chiken
写真提供「レストラン桜」(c)桜

週末のランチには、ハーフ懐石(1,000ルーブル/約3,000円)がお勧め。
half kaiseki-0
写真提供「レストラン桜」(c)桜

自家製シューマイと一人用のお鍋が絶品です。

優しい笑顔の美穂さん。
美穂さん
「ロシア食に疲れたら、桜に来てほっと和んで下さい。」

さすがに、日本人がマネージメントしているレストランだけあって、ウェイトレスも笑顔できびきび動いていて好印象。

最後に、おトイレ情報。
トイレ
日本の雰囲気で、広々としていて清潔で、安心して入れるおトイレでございました

旅行中にロシア食続きでちょっと胃が疲れた時は、モスクワの日本、「桜」のランチやディナーがお勧めです。 

美穂さん、荒川シェフ、お忙しいところ、取材に応じて頂きありがとうございました!

レストラン「桜」(Цветение Сакуры)

住所:Ул.Красина 7/1

電話:+7-499-254-0805

URL:↓

http://www.sakura-restaurant.ru/site.php?lang=en



<地図>

大きな地図で見る

 

海外の和食レストランはいろいろありますが、サービスがいきとどいていて、素材のよさがわかるお店は限られます。 今回は、そのどちらにも満足させていただきました!/あーしゃ/モスクワ在住フリーライター


01.gifロシア料理も美味しいけれど、滞在中に、ほっと一息、和食でおなかも一休み。モスクワ・サンクトペテルブルグへの個人旅行は、ネットトラベルサービスにお任せください




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/326-b81a39f1

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ