ペテルブルグのお勧めホテル/コートヤード・プーシキンホテル 

ゆったりとペテルブルグを楽しみたい方に
コートヤード・マリオット・プーシキン・ホテル

08_20101227160759.gif

都会の喧騒から離れてゆっくりペテルブルグ滞在を楽しみたい、そんな方にピッタリのホテルがあります。
2010年の6月にオープンしたばかりの「Courtyard by Marriot St. Petersburg Centre West Pushkin Hotel」です。

エントランス
エントランス

ロシアの最も有名な詩人・作家であるA.S.プーシキンの名前をとるこのホテル、殆どの施設にロシア文学に関する名前がついている、文学・歴史の街、ペテルブルグにぴったりなホテルです。
ロビーは明るくて開放的な雰囲気。 

明るいロビー
明るいロビー

宿泊客の誰もが自由に使用できるインターネットコーナーも併設されています。

Lobby5.jpg
インターネットコーナー

各部屋にはケーブルの有料インターネットがありますが、ここなら無料なのでお勧めですよ。

お部屋はこんな感じです。 こちらはダブル。

ダブルルーム
ダブルルーム

ツインのお部屋も勿論あります。

ツインルーム
ツインルーム

お風呂場はさすがに新しいホテルだけあって、清潔でピカピカ。

バスルームもとても使いやすい
バスルームもとても使いやすい

でも、アメニティがちょっと少ないかも・・・。

アメニティ

ホテルのメインダイニングは「ポエマ(詩)」。明るい雰囲気ですね。

明るい雰囲気のメインダイニング「ポエマ」
明るい雰囲気のメインダイニング「ポエマ

ロシア・コーカサス・地中海料理が楽しめます。 朝食もここで取ることが出来ますよ。

もう一つのホテルの自慢はビアホール「ビルトゥシューべ」。 

ビルトゥシューべ
ビルトゥシューべ

自家製ビールが楽しめるそうです。

バーもあります。 プーシキンの韻文小説「エブゲニー・オネーギン」から名前を貰った「オネーギンバー」は紫を基調にしたとてもシックな雰囲気。

シックなバー
シックなバー「オネーギン」

ホテルのジムは宿泊客なら誰でも無料で使用可能です。

ジム
宿泊客なら誰でも無料で使用可能

他には大小様々なサイズの会議室も備えたビジネスフロアもあります。

ビジネスフロア
ビジネスフロア

会社の研修等に利用するのもいいかもしれませんね。
会議室にはそれぞれロシアの有名な作家の名前がついてとてもユニーク。
こちらのお部屋は「ドストエフスキー」。プレートも重厚な感じ。

Meeting room2

Meeting room1

Meeting room3
サイズもさまざま。用途によってお選びいただけます。

他にも、日本でもなじみの深い作家の名前を関したお部屋、「トルストイ」、「ゴーゴリー」などがありました。

今回ホテルを案内してくれたマネージャーのステラさんは、ペテルブルグに来る前はウズベキスタンの首都タシケントのインターコンチネンタルホテルで長年働いていたというベテラン。「暖かくて、果物が美味しいタシケントが恋しい。でも、ペテルブルグはとても素敵な街で好きになったわ。」とのこと。
私を案内してくれた後も、 マネージャーなのに、ホテルの中を笑顔でくるくると動きまわっていたのが印象的でした。

とても素敵な明るい雰囲気のホテルですが、交通の便が悪いのが難点。ホテルのフロントで聞いた所、地下鉄の駅が遠いので、中心部に出るには路線バスに乗るかタクシーしかないとのこと。
個人旅行客で自分の足で動きまわりたい方にはちょっと不向きのホテルかもしれませんが、グループには快適で、お勧めです。

ホテルデータ
総室数: 273室、うちスタンダードルーム267、スイート6室
バスタブ付の部屋:136室
ツインルーム(バスタブ付):100室
ダブルルーム:167室
住所:166 Griboedov's Canal, via 33 Kanonerskaya Street
St Petersburg, 190121 Russian Federation
電話:+7-812-610-5000
ファックス:+7-812-610-5001
ウェブ↓

http://www.marriott.com/hotels/travel/ledgr-courtyard-st-petersburg-center-west-pushkin-hotel/


大きな地図で見る

 

新しいホテルを見ると、街のトレンドもみえてきます/あーしゃ/モスクワ在住フリーライター



01.gifモスクワ・サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!お好きな日程をお好みのご予算で!お気軽にお問い合わせください

コメント

個人旅行者には不向き

まず、エルミタージュなどセンターから遠い。タクシーか市民の足のミニバスしかない。ペテルブルグのタクシーは極めて高く500,700R ならやすいほうですぐ1000R超をふっかけられる。歯ブラシなし、スリッパなし、冷蔵庫は空。ホテル売店は高いので近くのコンビニで買いましょう。朝食は毎朝同メニューですから、3泊ぐらいが限度。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/302-9e55449b

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ