スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤースナヤ・ポリャーナ/ 文豪トルストイの創作の源泉を訪ねて 

ヤースナヤ・ポリャーナ
文豪トルストイの創作の源泉を訪ねて


ロシアの文豪レフ・トルストイは、1828年9月に生まれ、1910年11月に死去。今年は没後100周年にあたります。

モスクワから約170キロ南に位置するこのヤースナヤ・ポリャーナという地はトルストイが生まれ育ち、生涯の大半を過ごした場所であり、世界的にも有名な「戦争と平和」や「アンナ・カレーニナ」などの長編小説を実際に執筆したところです。

モスクワのクールスク駅から土日は特別列車「ヤースナヤ・ポリャーナ号」がでており、約3時間でヤースナヤ・ポリャーナに到着。駅から敷地までのバスがでています。
モスクワから車で行くと、約3時間です。

モスクワ南部は、土壌の豊かな土地が広がっており、その中でもトルストイ伯爵家が所有する、ここヤースナヤ・ポリャーナは屈指の豊饒の大地。
ヤースナヤ・ポリャーナは、「森に囲まれた明るい草原」と訳すことができます。

ヤースナヤ・ポリャーナ敷地内
ヤースナヤ・ポリャーナ敷地内

早くに両親と死に別れたトルストイは若干18歳でこの土地を相続、農民の意識改革を含めた新しい農業に取り組みますが失敗。その後ボヘミアンな生活を送った後、志願兵として従軍。クリミア戦争時には大活躍をします。この頃から小説執筆をはじめました。

敷地内の池
敷地内の池

退役後、ロシアの貴族社会、文壇ともソリが合わず、デラシネ(*注)根無し草。転じて、故郷や祖国から切り離された人)のようにヨーロッパを放浪。ヨーロッパにも居所を見つけることのできなかったトルストイは、失意の内にロシアへ戻り、1862年にソフィアと結婚。

以降このヤースナヤ・ポリャーナで、平和主義(非暴力主義)を基に、農民への教育を施したり、農地改革を、自らのユートピアを築いていきます。

敷地内を走る馬車
敷地内を走る馬車

そして「戦争と平和」と「アンナ・カレーニナ」という2大小説を発表。

作家として成功をおさめると、今度は俗世間とのしがらみや、自分の築き上げてきたユートピアの理想と現実のギャップに苦しみながら、その時々の自らの世界観を文章に遺していったトルストイの作品は、作家という領域を超え、「トルストイ哲学」として今もなお、多くの人を魅了してやみません。

トルストイは農民のように、農業に励み、獲れた農作物で生活をする、勤労的生活を理想としていました。

その生活ぶりはいたってシンプル。トルストイは、ロシア語の特徴を最大限に生かした非常に美しくシンプルな文章を書く人ですが、ヤースナヤ・ポリャーナも、余計なものをそぎ落とした、無駄のないトルストイの理想の生活空間が実現された場所です。

(*注*)根無し草。転じて、故郷や祖国から切り離された人

ヤースナヤ・ポリャーナ入り口
ヤースナヤ・ポリャーナ入口

敷地内とは思えない、広大な白樺の森とりんごの木、豊かな緑に溢れるこの場所で、トルストイは思索にふけりながら、散策していました。
白樺の並木道
白樺の並木道

りんごの木
たわわに実るりんごの木

トルストイの屋敷
トルストイの屋敷
トルストイの屋敷

残念ながら内部は撮影禁止です・・・。生前のトルストイが過ごしていたときとほぼ同じ状態で復元されています。
彼が実際に使っていた身の回りの物、家具、トルストイ一家の肖像画、そして2万点以上に及ぶ本が展示されていますが、驚くほど質素な邸宅です。

クズミンの屋敷
ここでは、現在トルストイ縁の品々が展示されています。家族の写真、直筆の原稿、衣装、家具など、大家族だったトルストイ家、そしてトルストイを訪ねてきた多くの作家、芸術家とのつながりをみることができます。

クズミンの屋敷
クズミンの屋敷



ヴォルコンスキーの家
現在は事務所として使用されています。

ヴォルコンスキーの家
ヴォルコンスキーの家

トルストイの墓
「復活」というロシア正教の教義に触れる作品を発表した後、1901年にロシア正教を破門されたトルストイは、死後このヤースナヤ・ポリャーナに埋葬されました。十字架のない非常に質素な、トルストイの生き様をあらわすかのようなお墓です。

トルストイのお墓
森の中にひっそりと。トルストイのお墓
森の中にひっそりと在るトルストイのお墓

ヤースナヤ・ポリャーナ駅博物館(敷地外)
 
今年11月の没後100周年記念に向けて、現在改装中です。
ヤースナヤ・ポリャーナ駅は、以前コズロヴァ・ザセーカと呼ばれており、現在でも駅舎にはそちらの名前が書かれています。
ヤースナヤ・ポリャーナの駅博物館
ヤースナヤ・ポリャーナ駅博物館

駅博物館入り口
ヤースナヤ・ポリャーナ駅博物館入り口

コズロヴァ・ザセーカ駅のプラットフォーム
コズロヴァ・ザセーカ駅のプラットフォーム


敷地内にあるホテル
質素ですが、快適なホテル。ヤースナヤ・ポリャーナやトルストイのマグカップが各部屋に置かれているのがポイント。

ホテル外観
ホテル外観

トルストイのマグカップ
トルストイのマグカップ

ヤースナヤ・ポリャーナのマグカップ
ヤースナヤ・ポリャーナのマグカップ

どの部屋からも、ヤースナヤ・ポリャーナの豊かな自然を楽しむことができます。

部屋からの眺め
どのお部屋からも緑輝く森がみえます。

入口にある小さなカフェ

ヤースナヤ・ポリャーナは広大な敷地なので、ざっとまわるだけでも2時間はかかります。ここで腹ごしらえをしてから、見学に行きましょう。

入り口付近のカフェ
入り口付近のカフェ

カフェの内部

カフェの内部
カフェの内部

meal1.jpg

meal2.jpg
野菜サラダや子牛のメダリオン
なかなか良い味でした!


お土産屋
ヤースナヤ・ポリャーナの風景を描いた作品や、マグネットやマグカップをはじめ、トルストイ関連のユニークなお土産があります。

お土産屋

ヤースナヤ・ポリャーナはトゥーラ州にあり、トゥーラ州はプリャー二キという蜂蜜パンの有名な産地です。ここでもたくさんのプリャー二キを買えます。

プリャー二キの露店
プリャー二キの露店
いろいろな種類が並んでいます。
甘くて美味しいですよ!


数々の大作を生み出したトルストイの創作の源泉をみてみたいという方は、ぜひヤースナヤ・ポリャーナへ足を運ぶことをお勧めします。

 

緑輝くヤースナヤ・ポリャーナで、トルストイの創作の源を垣間見れた気がします/ マリー/モスクワオフィス



01.gifモスクワというヨーロッパ屈指の大都会から数時間、そこは全く別の世界が広がっています。ロシアの自然と、文豪の片鱗に触れる旅、ぜひご企画ください。モスクワ、ヤースナヤ・ポリャーナへの個人旅行の手配はネットトラベルサービスにお任せくださいスマイリー




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/277-8eaf7e85

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。