リガのお勧め観光スポット/中央市場に行ってみよう! 

リガ市民の胃袋 中央市場
dot_20100512153758.gif

中央市場はまさに「リガ市民の胃袋」。新鮮な肉や魚、乳製品、色彩豊かな季節の野菜など・・・あらゆる食材がここで入手できます。市場って、特に何も買わなくても、ただ見て歩いてるだけで、なぜか楽しい気分になってきますよね。

中央市場の公式サイトによると、一日の間にマーケットを訪れる人々の数は約1万人だそうです。リガの人口が約75万人ですので、単純に計算すると、毎日、75人のうち、必ず一人はここで買い物をしているということになります。しかも、普段食材の調達をしない立場の人々(子供やサラリーマンなど)を含めないとすると、この割合はさらに高くなります。

リガの中央市場と言えば、ヨーロッパでもかなり大規模な方です。72000㎡の敷地で営業している店舗は3000店以上にも上ります。ここは、かつて、ドイツ軍の格納庫として使われていたのですから、規模が大きいのは当然です。お店は屋内・屋外とそれぞれ数え切れないほどあるので、物珍しく見物していると、あっという間に時間が過ぎていきます。
リガの中央市場は規模が大きい!
リガの中央市場は広大!

口にあうかどうか心配なときは、商品によっては、味見も可能です。例えば、量り売りのチーズなどはいろんな種類があるのですが、一口サイズに切って味見させてくれることも。それから、自信のある方は値段交渉もやってみてはいかがでしょうか?値段はもともと安めに設置されてあるのですが、交渉次第で、さらにお買い得になるかもしれません。ただし、市場では英語はあまり通じないので、ジェスチャーや紙に値段を書くなど、体当たり交渉も意外と効果ありかもしれませんね。または、外国語だと、ロシア語ならなんとか通じるでしょう。ツーリストにも比較的買い求めやすい商品としてあげられるのは、新鮮な食パンや菓子パン、瓶に入った蜂蜜や、手のひらサイズのハニカム(蜂の巣)入り蜂蜜などです。人目を引く風変わりな商品と言えば、麻のバターや豚の鼻。これには皆さんも驚かれることでしょう。夏になると販売される「クヴァス」(ライ麦パンで作った飲み物。旧ソヴィエト圏で有名)で喉を潤すのもいいでしょう。

蜂蜜屋さん
蜂蜜屋さん

魚の種類も豊富です
魚の種類も豊富です

色鮮やかな野菜
色鮮やかな野菜も並んでいます

中央市場のオープンは、第一次世界大戦で計画が大幅に遅れてしまい、後の1930年となりました。市場で注目すべきは、巨大なドーム型の建物の他、敷地内にある古いレンガの倉庫です。これらは1864年から1886年にかけて建設された倉庫で、当時合計58棟ありましたが、現存するのは13棟のみです。

中央市場はバスターミナルや旧市街のすぐ側にあります。近くにトラムやバスも走っていて、交通の便が良いので、地元の人はこぞって買い出しができます。レストランの食事に飽きた方は、市場で新鮮な食材を買って、自分だけのリガ風サンドイッチを作ってみてはいかがでしょう?


中央市場の公式サイト(英語):↓

http://www.centraltirgus.lv/en


 

市場でチーズの味見をしました。美味しい一品、買えましたよ/ カタリーナ/タリンオフィス


01.gifラトビアは、首都リガの旧市街の観光が一般的ですが、市場で買い物をしてみると、リガ市民の生活の一端が伺われます。ぜひ、お出かけください!ラトビアへの個人旅行は、ネットトラベルサービスにお任せください!スマイリー




コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/266-b1f3db68

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ