スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧め!国立モスクワ音楽劇場バレエがやって来る! 

奇跡の舞踊スペクタクル
tsuru_line_20100205143617.gif

スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念
国立モスクワ音楽劇場バレエ
芸術監督:セルゲイ・フィーリン
管弦楽 国立モスクワ音楽劇場管弦楽団
4月13日(火)~18日(日)
Bunkamura オーチャードホール
banner-2_20100205144030.jpg

観るものすべての心を震わすドラマティック・バレエ

マーロン・ブランドやアル・パチーノも習得した20世紀演劇界最高の功労者、スタニスラフスキーの演技理論"スタニスラフスキー・システム"に基づく舞台で名高い、国立モスクワ音楽劇場バレエ団。
3年ぶりの来日公演となる今回は、「オープニング・ガラ」でスタートし、1941年の創立から30年間にわたり同劇場の芸術監督を務めたブルメイステルの遺した名作「白鳥の湖」と「エスメラルダ」を上演。この劇場の歴史だけでなく世界のバレエ史上に衝撃を与えたブルメイステルの演出の魅力は演劇的という一言では言い尽くせません。ストーリー展開の面白さと、踊る役者とも呼ばれるダンサーたちによる舞台は、観るものすべての心を震わし、「エスメラルダ」の悲劇の結末と「白鳥の湖」の幸せの結末は圧巻です。
2008年に新しく芸術監督に就任した元ボリショイ・バレエのトッププリンシパル、セルゲイ・フィーリンが率い、専属オーケストラも含め総勢130名で来日する。クラシック・バレエの美しさに新しい息吹を加えながら進化を遂げた、舞踊スペクタクルをお見逃しなく!

公演スケジュール
4月13日(火) 19時:Bunkamura オーチャードホール「オープニング・ガラ」
ボリショイ・バレエのプリンシパルとして一世を風靡した、セルゲイ・フィーリン (現モスクワ音楽劇場芸術監督) 出演予定!
*セルゲイ・フィーリンが出演するのは、ガラの一部になります。ガラの内容は決定次第、公式HPにて発表致します。また、万が一セルゲイ・フィーリンが怪我や病気等のやむを得ない事情により出演出来なくなった場合でもチケットの払い戻しは致しませんのでご注意下さい。
*「オープニング・ガラ」は「ロシア文化フェスティバルIN JAPAN 2010」のオープニング・イベントに設定されています。

4月14日(水) 19時:Bunkamura オーチャードホール
4月15日(木) 14時/19時:Bunkamura オーチャードホール

ブルメイステル版「エスメラルダ」
La Esmeralda(全3幕音楽:プーニ(グリエール、ワシレンコ改編) 
振付・演出:ブルメイステル(1950年)


エスメラルダ
Ⓒキョードー東京

奇跡の悲劇大傑作。
美しきエスメラルダをめぐる、サスペンス溢れるストーリー。
原作は、ヴィクトル・ユーゴーの小説「ノートルダム・ド・パリ」。
中世のパリを舞台に、麗しきジプシーの踊り子エスメラルダを取り巻く男たち3人が、愛憎劇を繰り広げる。1950年の初演時からの人気レパートリーが、美術、衣裳を一新して色彩的にも鮮やかに生まれかわり、2009年11月末にモスクワで初披露される。全幕作品としては、世界でも滅多に観られない幻の作品。

あらすじ:
15世紀のパリ。美しいジプシーの踊り子エスメラルダにノートルダム大聖堂の聖職者フロロは、一目惚れする。フロロは醜い鐘つき男カジモドを使ってエスメラルダを誘拐させようとするが、カジモドは捕らえられ、エスメラルダは御兵フェビュスに恋心を抱き始める。捕らえられたカジモドは広場でさらし者になるが、ただ一人彼をかばうエスメラルダに、カジモドは恋心を抱く。愛欲、嫉妬、そして復讐。エスメラルダを巡る三者の愛憎劇の結末は・・・

4月17日(土) 12時/17時半:Bunkamura オーチャードホール
4月18日(日) 12時:Bunkamura オーチャードホール
ブルメイステル版「白鳥の湖」 Swan Lake (全4幕)
音楽: チャイコフスキー
振付・演出:ブルメイステル (1953年)


白鳥の湖
Ⓒキョードー東京

スワンレイクの名バージョン。
息をつく間もない迫力の展開と幸せの結末。
いくつものバージョンがある「白鳥の湖」だが、始まりから終わりまで、これほど統一感と緊張感のあるバージョンは他にない。とくに傑出しているのは第三幕、舞踏会のシーン。スペイン、ナポリといったさまざまな民族舞踊が繰り広げられる中に、黒鳥が王子をあざむくドラマが巧みに描かれていて、たたみかけるように展開されていく。宮殿をはじめとする舞台セットも見事で、これを観なければスワンレイクは語れないと言わしめる、劇場人気ナンバーワン作品

あらすじ:成人式の最中、王妃から明日の舞踏会で花嫁を選ぶことを命じられた王子ジークフリードは、その夜、森の湖で美しいオデット姫に出会い、恋に落ちる。オデットは、悪魔の呪いによって白鳥にされ、夜の間だけ人間の姿に戻っていたのだ。王子は彼女をすくうために永遠の愛を誓うが、悪魔の策略にかかり舞踏会でオデットそっくりに化けた悪魔の娘オディールに愛を誓ってしまう。過ちに気づいた王子はオデットに許しを乞い、悪魔に立ち向かう。そしてついに二人の愛が呪いを打ち破る。

02.gif

皆さん、ぜひこの機会に国立モスクワ音楽劇場バレエで、「美しさ」と「ダイナミックさ」の芸術、舞踏スペクタクルをお楽しみください!

チケット
<税込・全席指定>
S席:12,600円、A席:10,600円、B席:8,600円、C席:5,000円
3演目セットS席:34,200円(「オープニング・ガラ」「エスメラルダ」「白鳥の湖」の組み合わせ)
2演目セットS席:23,200円(「エスメラルダ」「白鳥の湖」の組み合わせ) 

<チケットのお問い合わせ>
キョードー東京:03-3498-6666(10:00-18:00)

主催:テレビ朝日/朝日新聞社/キョードー東京
後援:ロシア連邦外務省/ロシア連邦文化省/駐日ロシア連邦大使館

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/246-3d20c30e

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。