スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のロシアへ行こう!銀世界のスーズダリ・ウラジーミル 

幻想的な白銀の世界へ 
冬のスーズダリ・ウラジーミル

tsuru_blue_20100119150319.gif
ロシアの冬というと皆さんは、おそらく「寒い、暗い」というイメージを思い浮かべるでしょう。

たしかに、北国ロシアの寒さは半端ではなく、日照時間も短いので暗いです。
凍てつく寒さに、凍りつく雪、足早に通りを行く人々・・・。

でも、冬のロシアは、ネガティヴな面ばかりではありません。
街中を出て、少し郊外にいくと、眼前に広がるのは限りなく美しい銀世界。
眼前に広がる限りなく美しい銀世界
眼前に広がる限りなく美しい銀世界

おとぎ話や民話にでてくるような、真っ白な平原、森、小さな家・・・を実際に目にすることができます。

そんな幻想の世界を訪ねることのできる、冬のウラジーミル・スーズダリをご紹介しましょう。

ウラジーミル・スーズダリに代表される、モスクワ郊外の「黄金の環」と呼ばれる小さな街や村は、真のロシアの姿が残っているといわれる場所です。
スーズダリの冬
冬のスーズダリ

モスクワは、ロシア随一の大都会で、著しい経済発展とその富を集中的に得ている、ロシアでは異色の街。
一方、サンクト・ペテルブルクは300年前にヨーロッパの街を模して計画的・人工的につくられた街。

どちらの街でも真のロシアの姿をみることはできない、とロシア人は口を揃えて言います。

だから、真のロシア、「The Russia」をみたいのなら、黄金の環に行くべきだと彼らは私たちツーリストに勧めるのです。

果てしなく広がる平原に忽然と姿をあらわすスーズダリの町の、大自然をバックに点在する教会と家々がつくりだす景観から、言葉にはできないロシアの美しさ、豊かさ、懐の深さを感じることができます。

冬のその景観には、神秘的・幻想的な美しさが加わり、私たちツーリストがそれを目にするとき、あらたな感動を覚えるのです。
氷に閉ざされたカメンカ川とスーズダリの街全景
氷に閉ざされたカメンカ川とスーズダリの街全景

スーズダリの中心、商業広場は、冬でも行き交う人が耐えません。ポクロフスキー修道院も、雪に覆われ、
シメオノフスカヤ、スモレンスカヤ教会は冷気で澄み切った青空に聳えたち、聖なる門は、よりファンタジックに私たちの心を誘います。
冬でも人の往来の耐えない商業広場
冬でも人の往来の耐えない商業広場

ポクロフスキー修道院
ポクロフスキー修道院

シメオノフスカヤ・スモレンスカヤ教会
シメオノフスカヤ・スモレンスカヤ教会

聖なる門
聖なる門

スパソ・エフフィミエフ修道院の城壁も、いつもより強固な壁にみえます。スパソ・エフフィミエフ修道院の城壁
スパソ・エフフィミエフ修道院の城壁

ブルーに金の星が散りばめられた丸屋根が一層美しいクレムリンのラジジェストヴェンスキー聖堂。
ラジジェストヴェンスキー聖堂.jpg
ラジジェストヴェンスキー聖堂

民家の屋根のつららも、装飾の一部のようできれいです。(:実際は危ないので、つららの下は歩かないでくださいねゆきだるま
民家の屋根のつらら
民家の屋根のつらら

またスーズダリから40キロ南西へいったところにあるウラジーミルでは、氷に閉ざされたクリャジマ川の彼方に、ウスペンスキー大聖堂が白銀とブルーに美しく輝き立っています。
クリャジマ川
クリャジマ川

ウスペンスキー大聖堂
ウスペンスキー大聖堂

こんな冬のウラジーミル・スーズダリへの旅。
ロシアに抱く幻想的なイメージをそのものを体験してみてはいかがでしょうか?

 

冬のスーズダリ・ウラジーミルに感動した人/ マリー /モスクワオフィス


01.gifこれぞロシア!冬のスーズダリ・ウラジーミルへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!スマイリー

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/239-704f8f82

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。