グジェリ-ロシアの名産陶器をめぐる旅 

ロシアの人々に愛されてきた陶器-グジェリ
tsuru_blue_20090925142626.gif

ロシアの陶器といえば、インペリアル・ポーセランという名で知られるペテルブルグの「ロモノーソフ」と、モスクワ近郊の町から生まれた「グジェリ」があります。

白地に青色で様々な模様がペインティングされたグジェリ焼は、食器類から花瓶、飾り物に至るまで、種々の品がつくられ、ロシアの人々に愛されてきました。
食卓を彩るグジェリ
白地に青が爽やかで美しいグジェリ焼きの食器

今では、外国からのツーリストにも人気のお土産のひとつとなっています。

今回は、グジェリ焼の生まれた町「グジェリ」にある工房をご紹介します。
入り口
グジェリ工房のエントランス

グジェリは、モスクワ南東70kmに位置する小さな村。モスクワから車で約1時間半走ると、ところどころに、グジェリ焼の陶器を外に並べた、小さなショップがみえてきます。
露店に並ぶグジェリ焼き
露店に並ぶグジェリ焼き

グジェリ村は小さな村ですが、いくつもの工房が立ち並ぶ、陶器の一大産地。

グジェリという名が、歴史に登場したのは14世紀。
陶器に適した粘土が長年にわたりこの地に堆積してきました。
それを使って窯でシンプルな陶器をつくったのがグジェリ焼のはじまりと言われています。

その後ロマノフ王朝時代に、外国文化の流入もあり、グジェリ焼は飛躍的に発展、色とりどりの、様々なフォームの陶器が作られるようになりました。
19世紀初めには25もの工房があったそうです。

1917年のロシア革命後は、すべての工房は国有化され、正式にグジェリ村と名づけられれ、1930-40年代には、ロシア全土の陶器の約半分がこの地で生産されました。

現在、グジェリ焼の象徴ともいえる白と青の組み合わせは戦後定着したものです。
グジェリ焼が、青色のペインティングでなされるのは、第2次世界大戦で、手に入る顔料の種類が少なくなり、次第に青ばかりになっていたということの他、やはり青が一番美しくこの陶器の「白」に映えるからだそうです。

今でも何十人という職人たちが働いているこの工房では、次々に新しい作品がつくられています。

一部の食器類は機械生産されていますが、今でもほとんどが手作業。
工房では、その作業の流れを見学することができます。

[数字]青い四角2枚-1 †SbWebs†デザイナーたちのスケッチに従って,模りの職人が、石膏を削り、その型に粘土を含んだ水を流し込みます。

石膏を削り彫り
粘土を含む水を型に流す
 石膏を削り模り 粘土を含む水を流し込む


[数字]青い四角2枚-2 †SbWebs†固まる前に手でフォームを整えます。
固まる前にフォームを整える

[数字]青い四角2枚-3 †SbWebs†窯で焼き、ひび割れがないかをチェック。合格したものに、グジェリのスタンプが押されます。

[数字]青い四角2枚-4 †SbWebs†コバルトブルーの顔料を使い、絵付け師がペインティング開始。
絵付師によるペインティング

[数字]青い四角2枚-5 †SbWebs†ペインティングの後、釉(うわぐすり)をつけ
釉(うわぐすり)をつけて

[数字]青い四角2枚-6 †SbWebs†再び窯で焼き、完成!

本焼きをして完成

グジェリ焼の工房を見学した後は、工房内にある博物館に展示されている数々のグジェリ焼を鑑賞。

お皿、ティーカップ、スプーン、お盆など種々の食器の他、チェスのグジェリ、そして様々な小物が、これまでにつくられてきました。。種類は500以上といわれるほど。
ブルーがキレイ
ブルーがキレイなティーセット

グジェリのサモワール
グジェリのサモワール

チェス盤もある!
グジェリ焼きのチェスもあります!

ひとつひとつの陶器に、職人たちのオリジナリティーが伺えます。

私のお気に入りは、ロシアの民話を題材にした絵が書かれているもの。
ロシアのフォークロア・テイスト
フォークロア・テイストのグジェリ

工房の直売店で、それらの作品を買うことができます。品質も良く、値段も安め。
品定めをしているうちに、あっという間に時間がすぎてしまいます。
ショップにはグジェリがた~くさん!
ショップには目移りするほど、グジェリがた~くさん!

工房と博物館見学で約2時間弱、また粘土から作品の土台となるフォームをつくったり、絵付けをする体験コースもあります。事前に予約をすれば、軽食もいただけるというサービス付!(1名様からでも手配可能です!)

このように、丸1日「グジェリ」な日を過ごしてみるのも、貴重なモスクワ滞在の思い出になることでしょう。

 

グジェリな1日を過ごした人:マリー/モスクワオフィス


01.gifさあ、秋のロシアに出かけましょう!これからが、黄葉の美しい黄金の秋。モスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください紅葉したモミジバフウの葉03(白い背景付き) †SbWebs†

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/214-62cba3bd

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ