スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タリン旧市街/デザインショップ巡り-第1回/ヘリナ・ティルク  

カタリーナの
「ぶらりタリン旧市街・デザインショップ巡り」第1回

tsurumurasaki_20090820111546.gif


Helina Tilk(ヘリナ・ティルク)

ユネスコの文化遺産に指定されているタリンの旧市街は、丘の上はトーンペア(山の手地区)と呼ばれ、その周辺は下町で構成されています。教会の尖塔や、赤い屋根のかわいらしい商人の住居、石灰岩の城壁、塔、要塞など・・・中世の面影を残したまま、これらは現在に及ぶまでこれほど美しく、これほど多くの姿を現存していたのです。旧市街のあたりに張り巡らされた石畳を歩いていると、まるで中世にタイムスリップしたような気分になります。かつてのハンザ都市として繁栄した旧市街には、現在おしゃれなショップやカフェが立ち並んでいます。

今後、何度かに分けて、タリンのデザインショップをブログで取り上げていこうと思います。まずはかわいい動物の食器のメーカー「Helina Tilk」(ヘリナ・ティルク)をご紹介します。
ヘリナ・ティルクの店構え
町並みによく合う、シックなヘリナ・ティルクの店構え

人にとって、家はかけがえのない大事な存在で、家に置かれている「モノ」が、人に影響を与えると、デザイナーのヘリナさんは考えています。あなたが選んだ「モノ」が、あなたにとって何かしらの影響を与えているのです。

作品のテーマとなっているのは動物が主。ねこ、うさぎ、いぬ、くま、キツネ、馬、ひよこ、かもめ、あり、テントウムシ、カタツムリなど…。その他、イチゴやリンゴ、森、花、人間などの作品も。タリンやヘルシンキなどの町もデザインされています。一つの絵柄に絞ってシリーズで集めている人もいれば、あえて統一していない人も。
動物がモチーフ
動物が主なモチーフ

ヘリナさんの作品はご家族や友人たちのサポートにより成り立っていて、彼らが気に入ったデザインをもとに、どんどん作品化していった結果だそうです。それぞれの作品は機械でなく、人の手で丁寧に色づけされているので、全く同じものは二つと存在しません。食器は観賞用でなく、日常的に使えるようにと、しっかりとした作りをしていて、電子レンジ使用もOK!
実用性も兼ね備えた商品たち
実用性も兼ね備えた商品たち

食器類、掛け時計、キャンドルスタンド、ベッドカバー、クッション、子供服、なんでもあります!少し時間はかかりますが、依頼者には、食器に名前やロゴを入れていただくのも可能。地元のエストニア人はもちろん、フィンランド人の中にもファンが多く、彼らは船に乗って、タリンまで買いにやってきます。店内のあちこちでかわいい動物のグッズを見てしまうと、買わずにはいられないほど、魅せられるようです。ヘリナ・ティルクのラッピングも独特!プレゼントにはぴったりです。あなたもエストニアならではのメルヘンチックな動物の食器で食卓を飾ってみませんか?
食器に限らず、幅広い商品が揃っています
食器に限らず、幅広い商品が揃っています

ヘリナ・ティルクの公式サイト(英語)はこちらです。

01.gifネットトラベルサービスでは、タリンとヘルシンキに滞在する、8日間のツアーを企画・実施しています。「アパートメントホテル&デザインホテルに泊まるゆっくり2都市、ヘルシンキとタリン 癒しの8日間」 ツアーの詳細、お申し込みは、ネットトラベルサービスまで!ヘルシンキ→タリンの片道バルト海クルーズも含まれた、他社にはない、ユニークなプログラムでリラックス。心も潤いますグリーンハートお申し込み先着20名様に、24時間有効のタリンカードと、スーツケースにつけられるネームタグプレゼント!お待ちしています!

 

デザインショップを巡ってレポートした人: カタリーナ /タリンオフィス







コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/207-05eb27fc

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。