タリンのお勧めホテル/ノルディック・フォーラム 

タリンのデザインホテル ノルディック・フォーラム
lavender_line01_20090723111056.gif

日本の皆さん、テレ!(エストニア語でこんにちは!)今回は、世界遺産の街、タリンにお泊りになる時のお勧めのお宿「ノルディック・フォーラム」ホテルを紹介いたします。
ロケーションはよく、シンプルなつくりのホテルだけれど、ノルディック・ホテルと呼ばれるだけあって、北欧らしいデザインを生かしたモダンなホテルです。
NordicForum1.jpg
外観もシンプル・モダンなノルディック・フォーラム

日常のおきまりの状況を最小限にとどめ、お客様にくつろいでいただくことがモットーで、にぎやかな中心地にありながら、「街中にある公園」をテーマに、癒しの要素となる緑いっぱいのホテルというイメージでアピールしています。ホテル内のディテールにもこだわって、例えばこんな所に工夫されています。あちらこちらにある芝生の絨毯、石畳の絨毯、客室の花模様の絨毯、客室入り口の鳥のモチーフのついたライト、ホテル入り口の木のモチーフのライト、プールの天井に描かれた木など・・・。決して派手でなく、控えめなところが、また良いのです。まさに心が癒されます!
NordicForum2.jpg
「街中にある公園」がテーマのインテリア

NordicForum7.jpg
心も癒される花柄の絨毯

落ち着けるベッドルーム
落ち着けるベッドルーム

バスルームにもお花のモチーフが
バスルームにもお花のモチーフが

廊下を歩くときは、ぜひ足元にもご注目下さい。廊下に張り巡らされた石畳の模様の絨毯はまるで、本当に中世の石畳の上を歩いているかのようです。この絨毯のモデルとなっているのは、タリン旧市街下町のオレフ教会付近の石畳です。
NoricForum6.jpg
オレフ教会付近の石畳がモデルの絨毯

部屋はモダンで茶系の落ち着いた感じの内装で、木や花のモチーフがあちこちに見られます。部屋そのものは落ち着いていますが、窓からは町を行きかう人々や、トラム、ショッピングセンターなど活気付いた町並みが見えます。

さらに心を癒されたい方には、8階のリラックスセンターがお勧めです。タリンに数多くの「スパ」は存在しますが、このホテル側がモットーとしていることは、お客様に日常から抜け出し、リラックスしていただくことなので、「リラックスセンター」と名づけたそうです。ジム、小プールと2つのサウナがあり、ここから旧市街、新市街、港といった色んな景色が楽しめます。サウナで体が温まったら、今度はプールにつかって、目の前の旧市街の尖塔を眺めてはいかがでしょうか?またはホテルから徒歩1分の距離にある提携スパ「Babor」もお勧めです。Babor(バボール)スパについては、こちらをご参照ください!

ノルディック・フォールムホテルは新市街の中心地にあり、向かいはショッピングセンター、世界遺産に登録されているタリンの旧市街までは徒歩2分という、絶好のロケーションにあります。旧市街の散策と新市街でのショッピングの両方を存分に楽しみたい方には、お勧めしたいデザイン・ホテルです。

01.gifネットトラベルサービスでは、「ノルディック・フォーラム」ホテルに泊まる、8日間のツアーを企画・実施しています。「アパートメントホテル&デザインホテルに泊まるゆっくり2都市、ヘルシンキとタリン 癒しの8日間」 ツアーの詳細、お申し込みは、ネットトラベルサービスまで!ヘルシンキ→タリンの片道バルト海クルーズも含まれた、他社にはない、ユニークなプログラムでリラックス。心も潤いますグリーンハートお申し込み先着20名様に、24時間有効のタリンカードと、スーツケースにつけられるネームタグプレゼント!お待ちしています!

 

レポート by カタリーナ /タリンオフィス



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/200-56f092a6

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ