コロボックの観光案内/モスクワ・サンクトペテルブルグに降る夏の雪 

♪夏が来~ると降ってくる-季節外れの雪
tsuru_blue_20090622093034.gif
今回のコロボックの観光案内は、ちょっとした季節の風物詩をご紹介。
モスクワではこの時期、「夏の雪」が舞いはじめます。
「雪」といっても、冷たい雪ではないのでご安心を・・・。
その正体は、トーポリ(ポプラの一種)のたね。種子のまわりを覆う綿毛が飛んで、まるでほんとうの雪のようにみえるのです。ふわふわふわふわ、空中を舞っているので、油断して歩いていると、口の中にも入ってくるくらい。
写真は6月中旬、モスクワの舗道に降り積もったトーポリの綿毛です。
舗道に積もるトーポリの綿毛
舗道に積もるトーポリの綿毛

ちょっとした溝があると、かなりまとまって積もっていたりします。
いたずらっこの少年たちは、この積もったトーポリに火をつけて遊んだりするとか(とてもよく燃えるそうです)。良い子の皆さんは絶対真似しないでくださいね。
このトーポリ、戦後、街の緑化を計画した際、アメリカだか、カナダだかから「トーポリは早く育って、手っ取り早く緑化ができる・・・」とアドバイスされ、早速、街中に植えたのだとか。確かに手早い緑化にはなったようですが、その後の綿毛のことは聞いていなかったようで、ロシア人の中には、「純真なロシア人はまんまと騙された!」なんて未だに怒ってる人もいるようです。真偽の程は定かでないですが、シニカルなモスクワっ子たちらしい、うわさ話です。
topoli-7.jpg
ⒸToma
それにしても、この綿毛、厄介者です。アレルギーの原因にもなるらしいですから、この時期、モスクワにお出かけになる方で、花粉症の方は、普段お使いのお薬を持参されたほうがよいでしょう。
季節の風物詩、「夏の雪」とはちょいと風情があるようですが、降ったら消える雪とは違い、ロマンチックとは程遠い、毛深く・しぶとい「夏の雪」ではあります。
*サンクトペテルブルグでもトーポリの綿毛は舞いますが、6月がピークのモスクワより少し遅く、6月末から7月初旬頃となります。

01.gifモスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!初夏~夏は絶好の旅どきです太陽2

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/193-f97772b4

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ