スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍紹介/幕末の淡い恋物語と日ロ関係「つるし雛の港」 

書籍紹介/「つるし雛の港」
文芸社刊、定価1,000円(税別)、単行本(ソフトカバー)

つるし雛の港

「食べたずら」「いいだら」「好いとるら」「内緒だで」「いなさんのか」「働いているべ」という静岡弁に引込まれ、登場人物を身近に感じ、親しみが湧出てきます。
 小説の舞台は、今から158年前。
黒船に脅威を感じながらも日米和親条約締結と相成りペリーが日本を去ってから4ヶ月、今度はロシアからプチャーチン提督がディアナ号に乗って下田にやってきた時のお話です。
 日露和親条約の交渉の最中、マグニチュード8.4の安政の東海大地震に見舞われた下田では、津波の被害に遭った伊豆の住民をロシア人たちが救援する一方、破損したロシアの軍艦「ディアナ号」は最終的に沈没してしまいます。しかしその後、西伊豆の戸田(へだ)村の人々の協力で「へだ号」が建造され、プチャーチン一行は感謝のうちに帰国する、という日本とロシアの交流史を飾る歴史的事件を背景に、若い娘幸と船医研修生サーシャとの淡い恋が描かれています。
著者いわく、「領土問題が取り上げられる昨今、幕末の下田を舞台に、日ロがまともな関係であった幕末の史実をより多くの方に知っていただきたいと思い、小説執筆に挑んだ」とのこと。
 文章が簡潔で、あっという間に読み終えることの出来る日ロ交流の物語、お薦めです。
【推薦文:畔上明/ツムラーレコーポレーション】



01.gifモスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにて承ります。

コメント

こんにちは

モスクワやサンクトペテルブルグではアジア人やアフリカ人がネオナチに襲撃されるということですが実際のところ危険なのでしょうか?

Re: こんにちは

Natashaさん、質問ありがとうございます。ネオナチの事件が報告されているという事実はないわけではないです。夜間の一人歩きや、サッカーの試合場など、危険な場所に近寄らないようにするのは、必要かもしれません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/162-585e078e

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。