スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバート通りのうどんやさん 

日本の味が恋しくなったら、アルバート通りへ!

ribbon_short_purpul.gif

ソ連時代が終わり18年になろうとするロシア・モスクワでは、次々に新しいレストランやカフェがオープンし、ヨーロッパと変わらない街並みになってきました。

ただ英語表記も少なく、英語もあまり通じないというモスクワでは、日本人ツーリストがレストランやカフェをみかけても、入りづらいときもあります。

今回は、ツーリストが気軽に立ち寄れて、簡単に注文ができ、かつとても美味しい食事をいただけるところをご紹介したいと思います。

アルバート通りは、以前ご紹介したようにモスクワ随一の繁華街で、お洒落なレストランやカフェがたくさんあります。

その中でもお勧めは、「УДОНЪЯСАН(うどんやさん)」。
その名の通り、2008年11月にオープンしたうどん屋さんで、本物の日本のうどんを食べられます。

お店の雰囲気はファーストフード風で、気軽に入れます。
「うどんやさん」の入り口
「うどんやさん」の入り口

うどんの他、どんぶり物もあり、カレーライスもあり、美味しいけれど少し重たいロシア料理に疲れた胃を癒すには、最高のメニューばかりです。

ショーケースにメニューが並んでいますし、レジのそばにも写真入りのメニューが置いてありますので、指をさして注文してみましょう。
写真
写真入りで注文しやすいメニュー

オーダーカウンターにも見本があります
オーダーカウンターにも見本があります

単品に色々つけてセットメニューにすることもできます。
セットの内容は、
―うどんセット:うどん、おにぎり(小2個)、サラダ(2種類から選択可能)、お茶
―どんぶりセット:どんぶり、味噌汁、サラダ(2種類から選択可能)、お茶
セットにするには、ロシア語でなんといえばいいんだろう?と悩むかもしれませんが、心配はいりません。

店員さんが「コンビ?」と聞いてきます。これは「セットにしますか?」という意味です。
セットにしたい方は「ダー(はい)」と答える、または頷きましょう。
単品がいい方は「ニェット(いいえ)」と答える、または首をふりましょう。

そして支払いをすませた後は、番号札をもって席で待ちます。数分で、店員さんがトレーにのせて料理を運んでくれます。
お洒落なインテリアでとても快適
お洒落なインテリアでとても快適

私が今回試してみたのは、「ニクウドン」セット。麺も汁も本格的で、旅の疲れが一気に吹き飛ぶくらいの美味しさです!
にくうどんセット
「ニクウドン」セット

気になるお値段は、うどんが単品120~140ルーブル(300~350円)、セットのどんぶり物が単品140~200ルーブル(350~500円)とモスクワ一、二を争う物価の高いこの地区では、とてもリーズナブル。

アルバート通りを散策時に、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

住所:Stariy Arbat street, 1

「うどんやさん」の公式サイト(露/英語)

http://udonyasan.ru/


01.gifモスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにて承ります




 

レポート by マリー /モスクワオフィス






コメント

これは嬉しい!

おうどんやさんって珍しいですね!
しかもお手頃価格で嬉しいv-344
ブダペストやプラハにもチェーン展開してほしいですv-340

Napocskaさん、コメントありがとう。香川県と、徳島県のシェフが調理しているそうです。だから、味も安心!東欧にもチェーン展開、してくれるといいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/158-c46747fe

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。