書籍紹介/ボリショイ・バレエ-その伝統と日本人ソリスト岩田守弘 

ボリショイ・バレエ-その伝統と日本人ソリスト岩田守弘
東洋書店発行 ユーラシア・ブックレット 北川裕子・北川剛史:著 600円+税
Book_of_iwata_san_20090105154814.jpg


今回紹介するのは、モスクワのボリショイ劇場で唯一の外国人ソリストとして活躍する岩田守弘さんのバレエ人生と、「ボリショイ・バレエ」の伝統についてまとめたブックレットです。
バレエに関する本は多々ありますが、岩田さんが、「ボリショイ劇場」のソリストとなるまでの苦難の道のりと、彼の抱くロシアバレエへの熱い思いについて書かれたこの本は、バレエファンのみならず、ロシアに行ってみようとお考えの皆様にとっても、ぜひ、一読していただきたい1冊です。
伝統が脈々と受け継がれていく、ロシアバレエの殿堂―ボリショイ劇場、そこには芸術の魂が住むとも言われ、アーティスト達は常に敬意を持って踊り、歌う。
日本人としての誇りとロシアバレエへの愛を持ち続ける岩田さんへのインタビューが、熱く凝縮され、感動的な読み物になっています。
ボリショイ劇場は、現在新館のみでの上演となっていますが、毎日のように、オペラ・バレエの素晴らしい演目が繰り広げられています。
モスクワにお出かけの際は、皆さんの五感で、ぜひこの感動を味わってみてください。



tsuru_line.gif

ボリショイ劇場の公式サイト(英語)

http://www.bolshoi.ru/en/



01.gifモスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにて承ります



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/151-69dfe561

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ