コロムナ-モスクワから日帰りで行ける「黄金の環」 

「クレムリン」のあるモスクワ郊外の小さな町~コロムナ
tsurupurple_20081104163813.gif


モスクワ郊外には、歴史ある小さな町が点在し、黄金の環と呼ばれて親しまれている観光エリアがあります。黄金の環には、セルギエフ・ポサード、ウラジーミル、スーズダリなど日本でもおなじみの古都の他に、歴史ある小さな町が点在しています。

コロムナもその一つ。

今回は、簡単にコロムナをご紹介いたしましょう。
コロムナはモスクワの南部、リャザン方面へ110キロほどに位置し、モスクワから車で約3時間弱、列車でもモスクワのカザン駅から2時間強のところにある町です。
コロムナは、12世紀にリャザン公国の主要都市として台頭し、13世紀にモスクワ公国の支配下に入ってからは、モスクワの防衛都市として重要な機能を果たし、16世紀に堅固な要塞が築かれました。ロシア語で要塞は「クレムリン」と呼ばれます。モスクワにも有名なクレムリンがありますが、コロムナは、クレムリン内に人々が生活しているまさに本物の「要塞の町」だったのです。
18世紀ロマノフ王朝時代の安泰期に入ると、防衛都市としての役割を終え、徐々に衰退していきます。20世紀に入り、ロシア革命・第2次世界大戦の混乱により、要塞や町並が一部破壊されてしまいましたが、現在は修復され、ほぼ昔のままのクレムリンを見ることができます。

それでは、コロムナの見所を写真と共に、巡って行きましょう。
まず、クレムリンの外壁。要塞の基本は、外部からの攻撃の盾となる壁にあります。この要塞がつくられた当時はタタールの勢力が弱まり、ロシア国内は「戦国時代」、とても不安定な時期でした。まさにこの壁が、コロムナを守り続けてきたのです。

クレムリンの壁
コロムナを守り続けてきたクレムリンの壁

クレムリンの入口に聳え立つイオアンナ・バガスロヴァ教会。
イオアンナ・バガスロヴァ教会
イオアンナ・バガスロヴァ教会

クレムリンの敷地内は2つの修道院と7つの教会があります。
人々の祈りの場所である他、生活のすべてがここにありました。今でも教会内には、祈りをささげる信者の方がたくさんいます。
ブルセンスキー修道院
ブルセンスキー修道院

修道院に隣接する教会は、ロシア正教のシンボル、たまねぎ型の屋根を5ついただくウスペンスキー寺院。ヴォスクレセンスキー寺院です。

ウスペンスキー寺院
ウスペンスキー寺院

ヴォスクレセンスキー寺院
ヴォスクレセンスキー寺院

14世紀、タタールの支配が長く続く混乱の中、各地方に乱立していた大公たちをまとめてモスクワ大公がロシアの長であることをゆるぎないものにした、ドミトリー・ドンスコイの巨大な銅像
ドミトリー・ドンスコイの巨大な銅像
ドミトリー・ドンスコイの銅像

ピャトニツキエ門は、クレムリンで当時のままの姿で保存されている唯一の門です。
ピャトニツキエ門
ピャトニツキエ門

注目は、かつて要塞内に町のすべてがあった名残から、クレムリンの中に、今でも普通の家や学校があることです。
また、コロムナはオカ川とモスクワ川の合流地点にあるため、ロシアの広大な川と平原を一望できます。
日本人の感覚で「要塞」というと、ものものしいイメージがありますが、昔も今もコロムナは、この川のように、ゆっくりと時が流れているのです。
モスクワ川のゆったりとした流れを眺める
モスクワ川のゆったりとした流れに癒される

現在、町の人口約15万人。クレムリンから現在のコロムナの繁華街までは徒歩で行くことができ、そこにはマクドナルドやショッピングセンターなどもあり、ごく普通の地方都市の市民生活を垣間見ることができます。
雑然としたモスクワでの日常生活から、ほっと一息つける小古都を求めて、コロムナには普段から、ロシア人の観光客が多く訪れています。
モスクワから日帰りで行けるコロムナ。ぜひ足を伸ばして訪ねてみてはいかがでしょうか?

モスクワ、コロムナへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにて承ります

レポート by マリー /モスクワオフィス



コメント

おとぎの町のよう!

「要塞」と聞くと、堅牢な施設を思い浮かべますが、
コロムナは魅力的な町ですねv-353
写真を見る限り、まるでゲームやおとぎ話に出てきそうi-221
いつか自分の目で見てみたいものです!

ちょくちょく遊びに来ます。継続して更新凄いですね。僕も頑張ります。もう寒いので風邪などに気をつけて下さい。また遊びに来ます。

Napocskaさん、コメントありがとうございます!
ほんとうに、「要塞」というイメージとはだいぶ違います。ロシアは、コロムナに限らず、イメージを「心地よく裏切ってくれる」場所がたくさん。実際に訪れて、お料理やロシアの人たちにも、ぜひ触れてくださいね!

NO Name でコメントしてくれた方、ありがとうございます!これからもいろいろ企画して、ロシア・CISの情報をお届けしていきますので、どうぞよろしくお願いします!!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/144-3c97dc7d

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ