スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリインスキー劇場へ行こう!(後編) 

「マリインスキー劇場へ行こう!」(後編)では、劇場の運営演出部のスタッフで、弊社のツーリスト・アテンドのお手伝いをしてくださっているワシーリー・クラーエフさんにお話を伺いました。

マリインスキー劇場で働くこと。そして日本語

tsuru_blue.gif


8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-14:CandyBlue(色付-暗い背景用)クラーエフさんの劇場でのお仕事は具体的にどんなことでしょうか。

私はマリインスキー劇場の演出運営部で働いています。演出運営のグループは3人で、劇場の作品創作のコーディネート、つまりリハーサルなど作品上演プランに沿って、劇場のクリエーション部門と総務部門双方をコーディネートする仕事をしています。

8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-14:CandyBlue(色付-暗い背景用)クラーエフさんが音楽をはじめたきっかけは?

音楽を始めるきっかけは、6歳のとき、母が私を音楽学校へコンサートへ連れて行ってくれたことです。ヴァイオリンをきいて、私はヴァイオリニストになろうとすぐに決心しました。その後音楽学校を卒業し、音楽院のヴァイオリン科へ進みました。そして20歳で私はミハイロフスキー劇場(以前のムソルグスキー記念オペラバレエ劇場、ロシア人にはマールィ劇場と呼ばれている)のオーケストラのメンバーとなったのです。

8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-14:CandyBlue(色付-暗い背景用)マリインスキー劇場で働くきっかけはなんだったのでしょうか?

2007年8月、マリインスキー劇場の演出運営部から仕事のオファーを受けました。私は以前からロシアで№1の劇場で仕事をするのが夢でしたので、喜んでこのオファーを受けたのです。

日本語の勉強をはじめたきっかけはなんでしょうか?

ミハイロフスキー劇場にいたとき、外国公演で何度も日本へ行き、あまりにすばらしい日本の文化に魅了され、その長い歴史に興味をもちました。もちろん、日本人をよりよく深く理解するためには、日本語を学ぶ必要があり、それは簡単なことではありませんでしたし、今でも難しいです。しかしこんな魅力的な国の人々と交流できる喜びはあまりにも大きく、勉強を続ける時間、体力が惜しいと思ったことはありません。

8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-14:CandyBlue(色付-暗い背景用)クラーエフさんにとってマリインスキー劇場とは?

伝統あるマリインスキー劇場には、一流のオペラ歌手、バレエダンサー、指揮者が集まっています。ロシア文化の歴史に名を刻む数々のアーティストたちが、この舞台に立ってきました。私はこの劇場はまだまだ大きな可能性を秘めていると考えています。

8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-14:CandyBlue(色付-暗い背景用)クラーエフさんが考える、マリインスキー劇場と他の劇場の違いはなんでしょうか?

マリインスキー劇場が他のロシアの劇場と違うのは、世界でも有数の一流劇場とみなされていることです。これは、メトロポリタン、ミラノ・スカラ座、コヴェント・ガーデン歌劇場など世界各国での公演の成功からもうかがえます。

マリインスキー劇場は市民の誇り

tsuru_blue.gif


8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-14:CandyBlue(色付-暗い背景用)ペテルブルグ市民にとってのマリインスキー劇場とは?

ペテルブルク市民にとってマリインスキー劇場とは、エルミタージュ、ロシア美術館、ピョートル夏の宮殿の噴水と同じく街の誇りです。この劇場なくして、「われわれの愛する街」と呼ぶことはできません。

8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-14:CandyBlue(色付-暗い背景用)日本語を活かしてツーリストのお手伝いもされていらっしゃいますが、クラーエフさんにとって、日本人ツーリストの印象はどんなものでしょうか?

ヴァイオリン奏者として日本公演へ参加した際に、日本の人々を好きになりました。今も日本人のツーリストへ会うと、彼らがとてもすばらしく教養のある人たちだと感じます。それに加えて、私がとてもうれしいのは、ロシアにいても日本人がわれわれ、ロシアの音楽家たちにあたたかく接してくださるということです。このおかげで、わたしはずっと日本と日本人に対する良い思い出が残るでしょう。

8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-14:CandyBlue(色付-暗い背景用)クラーエフさんがお勧めする、日本人ツーリストにぜひ訪れて欲しいペテルブルグの観光スポットはどこでしょうか? またその理由も教えていただけますか?

私がお勧めするのは、エルミタージュです。ヴァイオリン奏者として仕事をしているとき、日本だけでなくニューヨーク、ロンドン、マドリッド、パリへ行きました。これらの街にはすばらしい美術館があります。おそらく、マドリッドのプラド美術館は、絵画作品のコレクションにおいてはエルミタージュに匹敵するでしょう。しかしインテリアの華やかさにおいては、エルミタージュに並ぶ美術館は世界にはないと私は思います。また、ドストエフスキーやプーシキン縁の場所も面白いですし、プーシキン市、パヴロフスク、ペトロドヴァレッツなどの郊外のすばらしい町なくしてペテルブルクを語ることはできません。

絢爛豪華なエルミタージュ美術館内部
絢爛豪華なエルミタージュ美術館内部/大使の階段

8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-14:CandyBlue(色付-暗い背景用)マリインスキー劇場のオペラ・バレエを見る機会があれば、ぜひ見て欲しいポイントを教えていただけますか?

日本人ツーリストがマリインスキー劇場へいらっしゃるなら、舞台はもちろん、劇場のすばらしい内装もじっくりとご覧いただきたいと思います。マリインスキー劇場の日本公演のときに、多くの日本人がマリインスキー舞台をご覧になりますが、かつての帝室劇場の証といもいえる黄金とブルーのホール、煌びやかなインテリア、ホワイエの雰囲気、これらは、マリインスキー劇場の舞台をより輝かしいものしていると思います。
8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-14:CandyBlue(色付-暗い背景用)今年マリインスキー劇場オペラの日本公演が行われましたが、奥様のご感想を教えていただけますか?

私の妻、イリーナ・コシェリョワはマリインスキー劇場のオペラ部門の演出家であり、何度も日本公演へ行っています。この他、2002年には関西オペラでチャイコフスキーの《エフゲニー・オネーギン》を演出しました。この間、彼女は1人で大阪で暮らしました。彼女はそこで多くの友達をつくり、今でも私たちは彼らとの交流を続けています。私の妻は、日本の聴衆だけでなく日本の文化にも大変すばらしい印象を抱いています。ですから妻は日本語ははなせないものの、私が日本と日本人たちを愛していることを全くいやがりません。そして日本の聴衆に、日本とは全く異なるロシアの文化を理解してもらおうとしていることを大変喜んでいます。
クラーエフさんと奥様のイリーナさん
クラーエフさんと奥様のイリーナさん

8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-14:CandyBlue(色付-暗い背景用)日本フェスティバルで大活躍されたクラーエフさんからみた、ペテルブルクの観客の反応はどのようなものだったのでしょうか?

ペテルブルク市民の日本文化、日本人対する関心は大きく、われわれが関わったコンサートはすべて満席のホールで大成功のうちに終わっていることからも、それは疑いようのないことです。また私がとても嬉しいのは、私たちの友情がより強く深くなることです。さらに私は心から、ロシアでこのようなフェスティヴァルに携わる人すべてに感謝しています。というのも私はできる限りペテルブルクの人々に日本のすばらしい芸術を知ってもらいたいと思っています。
カーテンコール
華やかなカーテンコール

皆さんも、実際にマリインスキー劇場で働く人の声をきくと、ますます行ってみたくなりませんか?

7月~9月(年によって異なります)は劇場がクローズしますが、最近はインターネットでのチケット予約も可能になりました。冬のロシアは芸術鑑賞にぴったりです!ぜひ、マリインスキー劇場へおでかけください。

サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにて承ります
tsuru_blue.gif

「マリインスキー劇場」の公式サイト(英語) )

http://site.mariinsky.ru/en

 

レポート by マリー /モスクワオフィス



コメント

いつもみています

初めて書き込みます。いつも見に来てます。これからも遊びにきますね。

hanaeさん、コメントありがとうございます!今回はマリインスキー劇場で働くクラーエフさんのインタビューでした。とても日本語の上手な紳士です。hanaeさんも、ぜひペテルブルグで、マリインスキー劇場にお出かけください!v-254

驚きました!

昨日、ロシアの旅から帰国したばかりです。もちろんサンクトペテルブルグにも行きました。
私たちのガイドさんは、ワシーリー・クラーエフさんでした。
彼は本当に日本語がお上手で、日本のことをとてもよく知っておられます。言葉も歴史も正確に知っておられるので、私も日本人として、自分の国のことをもっと勉強しなければいけないと反省させられました。
マリインスキー劇場はとても立派できれいな建物でした。
次に訪れた時には、必ずここでバレエを鑑賞したいと思います。
その時、是非、彼にお会いしたいです(彼は覚えて下さっているでしょうか?KOLESOというレストランでランチを終えた時に名刺を頂きました)。

ロシアに行きたい!!

バレエ大好きです♪
いつかはロシアに行って本場のバレエを観たいです
マリインスキー劇場憧れるなあ・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/139-fdfc25fd

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。