スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスクワの「今」を反映する場所~アルバート通りとスターバックス~ 

ツーリストに愛されたアルバート通りも 「セレブ」志向?

dot_20080730111822.gif

モスクワの中心に位置するアルバート通りは、100年以上前からモスクワ随一の目抜き通りとして、発展してきました。歩行者天国で、露店のお土産屋やアイスクリーム屋、似顔絵を描いてくれる絵描きが数十メートルおきに立ち並び、人々が行き交う光景は、まさにアルバート通りの繁栄ぶりを象徴するものでした。

最近のモスクワは、新しいブティックやカフェ、レストランが次々にオープンし、街全体が「セレブ」志向になってきています。デザイナーの経営するお洒落な高級カフェ、有名高級ブランドショップなどがあちこちにみられるようになりました。

アルバート通りも、そんな「セレブ」なスポットに変わろうとしています。ここ数年新しいカフェやレストランが立ち並ぶようになりましたが、最近、絵描きを除いてすべての露店が撤去され、アルバート通りはすっかり様変わりしました。今、通り沿いにあるのは、洗練されたカフェとロシアのお土産店。
ハードロックカフェ
ハードロックカフェ

しかし、ツーリストにとっては、格好の散策スポットであることには変わりありません。以前に比べて治安もよくなり、英語表記のあるお店も増えてきました。カフェやレストランでは、外国人も気軽に食事ができます。またお土産店は、土日も営業し、クレジットカードもほとんどのお店で取り扱っています。アルバート通りを一通り歩けば、大抵、お目当てのお土産を買うことができるのです。ただし、2008年8月現在、通りの一部が工事中になっているので、散策の際は足元にお気をつけください。
一部工事中のアルバート通り

モスクワ観光に欠かせないスポット、アルバート通り
dot_20080730111822.gif
やはり、モスクワ観光に、時代を映し出す鏡のような場所、アルバート通りは欠かせません。

そして昨年末、アルバート通りにツーリストの関心を引く新たなスポットがオープンしました。それが「スターバックス」。

「スターバックス」は昨年モスクワ郊外のショッピングセンターに1号店がオープンして以来、その値段の高さやマトリョーシカ・タンブラーなど何かと話題になってきました。

スターバックス2号店は、モスクワっ子だけでなく、外国人ツーリストたちも気軽に立ち寄れるカフェとして、たちまちアルバート通りの新名所になりました。
スターバックス2号店
スターバックス2号店


特にマトリョーシカのタンブラーは、外国人ツーリストに大人気。入荷してもすぐに売り切れてしまうほどです。このタンブラーは300ルーブル(約1400円)ですが、購入するとドリンク一杯が無料になります。(2008年8月現在)

マトリョーシカのタンブラーは大人気
マトリョーシカのタンブラーは大人気

その人気を反映して、先日、ついに同じアルバート通りにスターバックス3号店がオープン!
夏の間は24時間営業という、スペシャル・サービスつきです。

スターバックス3号店
スターバックス3号店

メニューは日本とほぼ同じ。ロシア語の表示ですが、スターバックスのメニューに関しては、日本語の発音でほぼ通じますので、心配は要りません。店員も少しは英語を話します。
ただし、値段は高め。

サンドウィッチとサラダ
サンドウィッチとサラダ 

スウィーツ
スウィーツ

サンドウィッチは160ルーブル~210ルーブル(約740円~970円)
サラダ 200ルーブル~250ルーブル(約920円~1150円)
クッキー 80ルーブル(約370円)
スウィーツ 100ルーブル~180ルーブル(約460円~830円)
スターバックスラテ 355ml 150ルーブル~(約690円)
キャラメル・マキアート 355ml 195ルーブル~(約900円)、475ml 225ルーブル(約1040円)
キャラメル・フラペチーノ 355ml 180ルーブル (約830円)

ユニークなドリンクのオーダーに注目!
dot_20080730111822.gif
まず店員がお客様に名前をきき、ペンでカップにその名前を書きます。そしてドリンクが出来上がるとランプのところで、「○○さん、できましたよ」と名前を呼ぶのです。
ドリンクを待つランプも日本と同じ
ドリンクを待つランプも日本と同じ


外国人、とくに店員には理解しづらい私たち日本人には、名前をきかないこともありますが、思い切ってこちらから「私の名前は○○です」と名乗ってみては、いかがでしょうか?
ロシア語では、「Menya (メニャー)Zavut (ザブート)○○」といいます。
dot_20080730111822.gif

私が友人エレーナと注文したメニュー。
キャラメル・マキアート(トール・サイズ)とクッキー、アイスラテ(トール・サイズ)とフルーツ・パイ。
カップにロシア語でエレーナ(Елена)と書いてあります。合計で約600ルーブル(約2800円)とちょっと高めですが、味は日本と変わらず、とても美味しい!

私たちがオーダーしたメニュー
私たちがオーダーしたメニュー

マトリョーシカ・タンブラーのとなりに、スターバックス・モスクワ・マグカップを発見。
これも貴重なお土産です!

モスクワ マグカップ
モスクワ マグカップ

近いうちに、シェレメチェヴォ第2空港の新設された鉄道駅にもスターバックスがオープンするとのこと。

その内、日本と同じく、街のあちらこちらに、「スターバックス」をみかけるようになるでしょう。
ロシア語表記のスターバックス
ロシア語表記のスターバックス

様変わりしたアルバート通り
露店がなくなりすっきり。すっかり様変わりしたアルバート通り

様変わりしたアルバート通りとスターバックス、ロシア旅行の思い出に、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

モスクワ・サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにて承ります


レポート by マリー /モスクワオフィス


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/129-7d942977

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。