スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泊まってみよう!サンクトペテルブルグのホテル(1) 

エルミタージュ、エカテリーナ宮殿、ネフスキー大通り・・・日本人にとって今でもエキゾチックな北の都サンクトペテルブルグへぜひ行ってみたいという方は大勢いらっしゃるでしょう。昔はソ連という共産主義の国であったため、私たちの日常で「ロシアへ旅行する」ということは一部の人を除いて一般的なことではありませんでした。ソ連時代が終わり、今は経済発展著しいロシアになりました。でも日本人にとって、治安やビザの問題などを考えると気軽に「旅行する」にはまだまだ遠い国かもしれません。
 でもこのブログをご覧になっている皆様は、ロシアへぜひとも行ってみたいという好奇心旺盛な方が多いと思います。
 その足掛かりとして、旅には欠かせないホテルについて、数回にわたり、弊社スタッフが泊まってみた、人気のホテルをご紹介していきます。まず、初回は、アクセスの良さからお客様からのお問い合わせも多い、「ラドガ」ホテルをご案内いたします。
tsuru_line.gif

「ラドガ」ホテル~シンプルだけれど、行き届いたサービスが心地よい、また泊まりたくなるホテル

「ラドガ」ホテルは、ネフスキー大通りの東端に位置するアレクサンドル・ネフスキー修道院の目の前のネヴァ川にかかる橋を渡って少し行った大通り交差点の近くにあります。地下鉄「ノヴォチェルカースカヤ駅」から徒歩5分、ネフスキー大通りからバスも頻繁にでており、個人旅行にもとても便利なロケーションです。
ladoga_corner_big1.jpg
「ラドガ」ホテル外観

 外観・内装とも、デラックスホテルのような華やかさはありませんが、シンプルで清潔感のある建物です。

 客室も約100と、サービスがきちんと行き届くキャパシティーで、スタッフの対応も非常によく、私がチェックインした際にも、スムーズに対応してくれました。スタッフは、ロシア訛りはありますが、みな快く英語を話します。
 チェックイン時にはパスポートとロシア入国時に記入したEDカードとビザを預けます。
個人で宿泊する場合は15分から30分で返却してくれますので、忘れずにピックアップしてください。
lobby2.jpg
落ち着いた雰囲気のロビー

 私は、事前にシングル・ルームを予約していましたが、オフ・シーズンで宿泊客が少なかったため、ツインの部屋をシングル・ユースで利用することができました。ツイン・ルームはとても広くバスルームもきれいで、一人で過ごすには贅沢な感じがします。

アメニティはタオル、シャワーキャップ、シャンプー、バスジェル、コップとスタンダードなものは一通り揃っています。

bathroom2.jpg
シンプルながら清潔感漂うバスルーム

bed2.jpg
ベッドルームで心地よい眠りに

バスタブでゆったりくつろぎ、一日の旅の疲れを癒した後は、広いベッドに横になり、ロシアのローカルテレビを見てみました。よくわからないクイズ番組やテレビ・ドラマが放映されていましたが、いつのまにかロシア語が心地よいBGMとなり、気づくと朝になっていました。

 身支度をして朝食のレストランへ。150席ある広いレストランは、朝から夜遅くまで営業しています。ランチもディナーも美味しいのですが、このレストランのお勧めはなんといっても、ビュッフェ形式の朝食。現在は、ロシアでもサンクトペテルブルグやモスクワなど大都市のスタンダードクラスのホテルの朝食はビュッフェ形式です。「ラドガ」の朝食メニューは同カテゴリーのホテルと比較しても、サラダ・卵料理・ハムやチーズ類・パンやジャム、フルーツの種類がとても豊富です。朝食をきちんと食べる私たち日本人にとって、体力勝負の旅行にふさわしいメニューだといえるでしょう。


buffet 1_5

buffet 1_1

buffet 4_1
バラエティ豊かなビュッフェ形式の朝食

 ホテル周辺は、アパートが立ち並ぶ住宅街です。足早に仕事や学校へでかけるロシア人の日常生活を、朝の散歩がてらに見るのはとても興味深いです。

チェックアウトもスムーズにでき、ホテルを後にするときには、「またこのホテルに泊まりたい」と思うほど、気持ちのいいサービスでした。

 今回ご紹介した「ラドガ」ホテル。これから続くロシア旅行のスタートとして、まずはスタンダードな旅をしたい方にお勧めです。

サンクトペテルブルグのホテル手配はネットトラベルサービスにて承ります

tsuru_line.gif

「ラドガ」ホテルの公式サイト(英語)

http://www.ladogahotel.ru/english/


 

レポート by マリー /モスクワオフィス


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/121-bf0168ad

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。