プスコフ、ノヴゴロド、心の安らぎを得る癒しの旅(後編) 

ヴァイキングからロシアへ


ロシア史の曙、ルーシと呼ばれた当時、まだキリスト教が受け入れられる以前の957年に、最初に洗礼を受けたオリガ公妃がプスコフ生れ、その誇りが新市街と旧市街の間に立つオリガの像から伝わってきます。その頃のロシアはスウェーデン・ヴァイキング(ヴァリャーグ)が支配者層として君臨、このオリガもヴァイキングの末裔として、ヘリガとも呼ばれていました。
町に40以上ある教会のうち、ペレストロイカの頃、ようやく10ばかりの教会が宗教活動を再開、現在は26の教会がロシア正教の宗教活動を行っているとのこと。
その中心となるのが、レーニン像が顔を向けているクレムリン、その城壁内中央にそびえるトロイツキー(三位一体)大聖堂です。
トロイツキー
中央の白い建物がトロイツキー大聖堂

まさに要塞と呼ぶに相応しい、プスコフのクレムリン


エストニアの国境まで50キロ、プスコフがバルトからヨーロッパ諸国にかけての交易の重要な町であった頃、ドイツ騎士団やスウェーデンとの戦いが行われた際には、プスコフはその最前線の町でした。したがって、プスコフの強固な要塞クレムリンは、モスクワのクレムリン以上に、砦と呼ぶに相応しいおもむきがあります。クレムリンの壁の要所要所には、木造りの円錐屋根の付いた円柱の塔があり、いにしえのロシアの景観の美しさを脈々と伝え、往時を偲ばせてくれます。
クレムリン

クレムリン城壁の脇をお堀のように2つの川、プスコフ川とその本流であるヴェリーカヤ川が流れ行く姿も美しく、このヴェリーカヤ川が1100年以上に渡る歴史の流れをまさに語りかけてくれるようで、私は、時間を忘れて川の畔りを見下ろしておりました。
クレムリンと川


時間を忘れて散策していると、クレムリンの壁の中に中世の趣きを漂わせたユニークなロシア料理レストラン「ルーシ」を発見。散策に夢中になり、空腹であることも忘れていました。地方とはいえ、味はなかなか楽しめる、お勧めの場所です。
ヴェリーカヤ川の流れの先には、12世紀のミロジスキー修道院をはるかに見渡すことが出来ます。この修道院は、ギリシャ人のイコン画家による貴重なフレスコが当時のまま80%残されているというスパソ・プレオブラジェンスキー教会が見所で、町の中心から車で10分ほど。川を挟んで古き要塞跡を見ることも出来ます。
フレスコ
スパソ・プレオブラジェンスキー教会のフレスコ画

[[3日目/古都の大自然にロシアの原風景を見る]]


プスコフの郊外へ足を伸ばせば、西30km先に、イズボルグ。ここは、14世紀の要塞であり、862年には既に歴史上に登場します。また、南へ125km進むと、ロシア文学の原点である詩人プーシキンゆかりの地「ミハイロフスコエ」に到達します。本来のロシアの自然が残されているのは、ロシア北方であると言われるだけあって、ミハイロフスコエの庭園と池や並木、小川と森の見事なバランスは、大自然の広がりの下、飽きることがありません。シーシキンの風景画を思わせる森の美しさが周囲を包んでいます。その庭園の中心に、プーシキンの屋敷博物館があります。
Mikhailovskoe_small.jpg
ミハイロフスコエの神秘的な森

また、このプスコフの町から、東へ211km進めば、19世紀の作家ドストエフスキーが晩年を過ごした保養地スターラヤ・ルッサへとたどり着き、彼の最後の長編小説「カラマーゾフの兄弟」の世界を彷彿とさせる、ロシアの田舎町の魅力と出会うことが出来るでしょう。
さらに、スターラヤ・ルッサから北のイリメニ湖を97km半周したところに、ノヴゴロドへの道がつながってゆきます。ノヴゴロドは、「ロシアで最も古い町」としてユネスコの世界文化遺産に登録されています。
プスコフ、スターラヤ・ルッサ、ノヴゴロドと、3つの古都を巡り、ロシアの原風景ともいえる景色と空気をしみじみ味わうことによって、都会の喧騒、今や世界的にも注目される経済的活況を呈するロシアとはまた別世界の、時代を超越したロシアと出会うことは、心の安らぎを得る癒しの旅と申しても過言ではないでしょう。

旅日記 by アリョーシャ(東京)



「パノラマロシアハイライトツアー」の出発日、プログラム、料金などの詳細は、
ツムラーレ・ネットトラベルサービスにお問い合わせください。





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/116-24756498

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ