スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産のある街-タリンのお勧めのお宿「三人姉妹ホテル」 

「三人姉妹(スリー・シスターズ)ホテル」は世界遺産にもなっているタリン旧市街に位置するホテルです。タリンの旧市街は丘の上の山の手地区(トーンペア地区とも呼ばれています)と、その周辺の下町地区とに分かれていて、周りは城壁で囲まれています。この旧市街の石畳の道を歩いて散策するには、中世のギルドハウスやかわいらしいショップが並ぶピック通りに位置する三人姉妹ホテルはまさにぴったりのロケーションです。
3sisters_exterier
三人姉妹ホテルの外観

まず、ホテルの名前から、皆様は何を想像されるでしょうか?三人の美女の姉妹がかつて住んでいた建物かもしれません。それとも、歴史的に有名な3人の女性が関わっている建物かもしれません。

答えは、女性らしい雰囲気をもつ3つの商人の住居が寄り添うように並んでいるので、「三人姉妹」と呼ばれるようになったのが由来です。この歴史的建築物は2003年に改装され、5ツ星のホテルとなりました。
3sisters_lobby
シックなロビー

三人姉妹ホテルは天皇皇后両陛下や英国のエリザベス女王がエストニアをご訪問された際にお泊りになったホテルで、デザイン・ホテルだけあり、内装はシンプルですが、優雅さが感じられます。

ホテルで最高級の部屋である「ピアノ・スイート」は、天皇皇后両陛下がタリン滞在中にお泊りになったお部屋です。「ピアノ・スイート」という名前の通り、グランド・ピアノを備えた部屋で、グランド・ピアノは「Estonia」社製です(エストニア社は、タリンにあるエストニア・ピアノ工場で、少数のピアノを手作り生産しています。ピアノ・スイートにお泊りいただいたお客様はこのピアノを弾くことができます。天皇皇后両陛下がご宿泊された際にも、このピアノをお弾きになられたそうです)。
ときにはビジネスマンたちがこの部屋を貸しきりにして、会議室として利用することもあります。3sisters_piano_suit
ピアノスイート

3sisters_romantic
屋根裏部屋はまさに隠れ家的な存在で、子供に返ったような気分になります。

sofa1_20080623090555.jpg
天蓋つきのロマンティックな部屋はハネムーナーにはまさにお勧めです。

お気に入りの部屋を決めて、タリンに何日も滞在するのも良いでしょう。実際、滞在者の中にはあまりにも部屋の居心地が良すぎて、ホテルからあまり外に出ない方もいるようです。


もしくは、日替わり弁当のように、毎日違う部屋に滞在してみるのも、また別の楽しみかたです。毎日荷物をまとめて部屋を移動するのは大変ですが、それぞれの部屋のよさが体験できます。歴史的な建築物を改装したホテルなので、どの部屋もサイズや形が多少異なっています。全く同一の部屋がないということも、このホテルの魅力のひとつです。

ここで、三人姉妹ホテルご滞在中の1日の過ごし方の例をご紹介いたします。

旧市街の散策をして疲れたら、ホテルに戻ってひと休み。
夏は中庭にあるオープンカフェに座って、心地良い風にあたるのも良いでしょう。
夕食はホテル内レストランにある奥の小部屋「エンジェルズ・ルーム」にてエンペラーメニューを。夜は地下のワインバーでソムリエお勧めのワインを片手に優雅なひとときを。三人姉妹ホテルは「ワイン・スペクテーター」誌により「Award of Excellence 2007年」に表彰されるだけあって、ワインケラーにはワイン300種類以上の良質のワインが揃っています。
angels_room
エンジェルズ・ルーム 

3sisters_wine_bar
地下のワインバー

タリンにご滞在中、ゆったりとした時間の流れを楽しみたい方、記念日などの最高の思い出をつくりたい方には、タリンの「三人姉妹ホテル」をぜひお勧めいたします。

「三人姉妹ホテル」のご予約、ロシア・バルトの個人旅行手配はネットトラベルサービスにて承ります。

レポート by カタリーナ /タリン


コメント

最高に不味い

ツアーでエンペラーズメニューを食べました。
本当に天皇陛下があれを食べたのだと思うと、可哀想で仕方がないです。
ウエイターの態度も横柄だし、肉はパサパサ、デザートは炭化したカヌレ。文句を言うと、これがカヌレだと言う始末…。
ボルドーの本場では、あんなカヌレありえません。
日本人だけしかいないレストラン。あんな不味いレストランで、だれも食べる気がしないでしょう。
タリンでいつも来る度美味しい料理を堪能していたのに、初めて大ハズレの料理でした。
  • [2015/10/01 03:29]
  • URL |
  • タリン歴15年余
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/114-14dbd8aa

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。