スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスクワ観光のメインスポット~クレムリン(2)~ 

ユネスコの世界遺産にも登録されている、ロシア最大の観光スポットであるモスクワの「クレムリン」を今回はクレムリン敷地内の見どころをご紹介します。

 

[[ 見学ルート ]]

見学の準備ができたら、クタフィヤ塔を後にし、坂を上ってトロイツカヤ塔へ。この塔を潜り抜けると、最初にクレムリン大会宮殿がみえてきます。イベント開催時以外はクローズしているので、ここは通りすぎ、まっすぐに進んでください。広場が見えてきます。この広場の左手が大統領府、右手が聖堂広場です。右手に進み、まず「鐘の皇帝」で、次に「大砲の皇帝」を見ましょう。
大砲の皇帝 大砲の皇帝
鐘の皇帝、観光客と比べてこの大きさ! 大砲の皇帝

 

[[ 聖堂広場 ]]

そしてクレムリンに聳え立つ「イワン大帝の鐘楼」から聖堂広場に入ると、四方は“たまねぎ坊主”型の丸屋根を頂く教会群。イワン大帝の鐘楼をバックに、右から「十二使徒教会」「パトリアルシー宮殿」「ウスペンスキー大聖堂」「グラノヴィータヤ宮殿」「アルハンゲリスキー大聖堂」「ブラゴヴェシェンスキー大聖堂」と並んでいます。

大砲の皇帝
ウスペンスキー大聖堂

 

あまりに美しい教会が目白押しで、どこから何をみていいかわからないという方は、まず「ウスペンスキー大聖堂」を見学してみることをお勧めします。モスクワ・クレムリンの中心として重要な役割を果たしてきたこの聖堂の見所は、聖堂内一面を埋め尽くすフレスコ画です。次に見学をお勧めしたいのが、アルハンゲリスキー大聖堂ブラゴヴェシェンスキー大聖堂です。甲乙つけがたい両聖堂の見所は、イコンです。日本人にはなじみの薄い東方正教会独特の宗教画「イコン」を存分に味わってください。

内部の美しいイコンやフレスコ画 ブラゴヴェシェンスキー大聖堂
内部の美しいイコンやフレスコ画 ブラゴヴェシェンスキー大聖堂、玉ねぎ形の屋根も美しい

 

※2008年3月現在、教会内・武器庫内(ダイヤモンド庫を含む)の写真撮影は禁止されています。

 

[ クレムリン半日観光・メインスポット・おすすめ見学ルート ]

 

  • チケットを買おう!
  • 武器庫とダイヤモンド庫~出口と荷物のピックアップ
  •  

    ★クレムリン観光など、モスクワのオプショナルツアーの手配はツムラーレ・ネットトラベルサービスにて承ります

     

    レポート by M /モスクワ

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/112-462eee49

    skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

    FC2Ad

      
    copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。