街のシンボル、「イサク寺院と青銅の騎士」 

続いてのサンクト・ペテルブルグの半日観光のプログラムとしての、主要見学スポットはイサク寺院と青銅の騎士です。

 

ロシアで最もヨーロッパ的な町並みを有するサンクト・ペテルブルグには、街のシンボルとなる、いくつかの教会や宮殿があります。そのひとつが、元老院広場(デカブリスト広場)に面するイサク寺院です。

イサク寺院
イサク寺院

 

歴史的景観を保つために、サンクト・ペテルブルクでは高層ビルなどの建築に制限があるため、イサク寺院の、100mを超える、聳え立つ黄金の大きなドームは、街のどこからでも目に入ります。場所はネフスキー大通りの西端から少し左方に入ったところ。目の前にはネヴァ川が広がり、反対側はニコライ1世の銅像、有名なアストリア・ホテルなどが立ち並び、もっともヨーロッパらしい雰囲気のある場所です。

 

19世紀初頭から約40年の歳月をかけて建設された壮大なこの寺院の中に一歩足を踏み入れると、その華やかな装飾に圧倒されます。内部を彩る色彩豊かなモザイク画・金のレリーフ、白亜の彫刻、淡いピンクの大理石の柱はローマ・カトリック教会を彷彿とさせます。寺院内の四方に大きな銅の扉があり、そこに刻まれた、手の込んだレリーフも見応え十分です。

訪れる参拝者・ツーリストのために、数箇所にイコンやアクセサリー、絵葉書を売っているコーナーもあります。

 

[ その他の下車観光ポイント ]

 

  • 港町ペテルブルクのシンボル、ロストラの燈台柱
  • ロマノフ王朝の明暗を今に伝える元老院広場(デカブリスト広場)
  • まさに「ペテルブルグ」を感じさせる広大で華麗なる宮殿広場
  • ロシアの伝統ある芸術を体験できる場所、芸術広場
  • サンクトペテルブルグのこぼれ話~トイレ編
  •  

    ★サンクトペテルブルグのオプショナルツアーの手配はツムラーレ・ネットトラベルサービスにて承ります

     

    レポート by M /モスクワ

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/106-13cf5839

    skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

    FC2Ad

      
    copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ