スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロマノフ王朝の明暗を今に伝える「元老院広場(デカブリスト広場)」 

続いてのサンクト・ペテルブルグの半日観光のプログラムとしての、主要見学スポットはロマノフ王朝の明暗を今に伝える元老院広場(デカブリスト広場)です。

 

18世紀には元老院広場と呼ばれていたこの場所に、1782年、エカテリーナ2世がピョートル大帝の巨大な銅像をつくりました。

後ろ足だけで馬体を支えるこの銅像、トリックの錯覚にみまわれます。実際は後方の尻尾でバランスをとっていますが、当時はかなりの高度な技術を必要とされ、ドイツ出身であったエカテリーナ2世がピョートル大帝の後継者としての威信を見せるための大事業でした。

 

その後19世紀のロシアを代表する詩人アレクサンドル・プーシキンがこの銅像をモチーフにした叙情詩を書いて以来、その作品タイトルにちなんで「青銅の騎士」とも呼ばれています。

ピョートル大帝の銅像「青銅の騎士」
ピョートル大帝の銅像「青銅の騎士」

 

この銅像のある広場で、1825年12月ロマノフ王朝の圧政に苦しむ人民を助けようと若い青年貴族が反乱を起こしました。ロシア語で12月はデカーブリと言うことから、デカブリスト蜂起として歴史に記録されています。この反乱はすぐに粛清されましたが、1917年の革命後に、ロマノフ王朝に最初に反旗を翻した記念すべき場所として、デカブリスト広場と呼ばれるようなりました。

今は、「革命」や「反乱」の面影はなく、旧元老院、旧海軍省、聖イサク寺院、ネヴァ川に囲まれたクラシカルで美しい、緑豊かな広場として、地元の人にも人気のデートスポットです。

 

[ その他の下車観光ポイント ]

 

  • 港町ペテルブルクのシンボル、ロストラの燈台柱
  • イサク寺院と青銅の騎士
  • まさに「ペテルブルグ」を感じさせる広大で華麗なる宮殿広場
  • ロシアの伝統ある芸術を体験できる場所、芸術広場
  • サンクトペテルブルグのこぼれ話~トイレ編
  •  

    ★サンクトペテルブルグのオプショナルツアーの手配はツムラーレ・ネットトラベルサービスにて承ります

     

    レポート by M /モスクワ

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tumjpn.blog48.fc2.com/tb.php/105-6020261d

    skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

    FC2Ad

      
    copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。