スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア料理を作ろう!ときどきフクースナ/夏にオススメ、冷たいスープ・アクローシカ! 

ロシア料理の簡単レシピをご紹介する「ときどきフクースナ」第2回は、ロシアの夏の代表料理、『アクローシカ』をご紹介しましょう。
暑くなると食欲がおちるのはロシアの人々も同じ。そんなとき、日本における“そうめん”の存在が『アクローシカ』です。といっても、麺ではありません、スープです。
『アクローシカ』(Окрошика)は、“切り刻む”という意味のКрошить(クローシッチ)に由来します。材料を細かく刻んでクワスを注ぐ、具だくさんの冷たいスープです。クワスというのは、小麦や大麦の麦芽や、ライ麦パンを発酵させたりして作る飲み物で、ハーブやはちみつを混ぜることもあります。ビーツや果物、ベリー類から作ることもあります。アクローシカに使われるクワスは、“白いクワス”と言われるもので、甘味のないものです。ライ麦から作り、そばや小麦、大麦などの麦芽を加えることもあります。麦芽汁は発酵させます。アルコール度も少々あります。家庭で手作りするひともいますが、夏になると、アクローシカ用にするのでしょう、ペットボトル入りのクワスを買い込む姿をスーパーマーケットでよく見かけます。
 料理とは言えないほど簡単なアクローシカですが、日本で作るとなると簡単にクワスは手に入りません。そこで、クワスに近い味のものを探しました。居酒屋をさまよいましたが、なかなか近いものがありませんでした。ホッピーも飲んでみましたが、ちょっと違う・・・。
で、ついに見つけました ! ノンアルコールの黒ビールです ! これならいけそう!
さっそく作ってみました。

(材料)4人分
005.jpg
きゅうり・・・1本
じゃがいも・・・小2個
ラディッシュ・・・5個
卵・・・2個
ソーセージ又はハム・・・約150g
パセリ・・・2束
イタリアンパセリ・・・2束
塩・・・少々
サワークリーム・・・お好みで
ノンアルコール黒ビール・・・500ml


ディルが手に入ればぜひディルもお入れください。味がグンとロシアっぽくなります。

(つくり方)
1.じゃがいもと卵をゆでる。
2.きゅうりを賽の目に切る。
009.jpg

3.じゃがいもを賽の目に切る。
4.ラディッシュを細かく切る。
5.ゆで玉子の皮をむき、賽の目に切る。
6.ソーセージ(ハム)を賽の目に切る。
014.jpg

7.パセリ、イタリアンパセリをみじん切りにする。
8.1-7の全てをかき混ぜる。
9.塩少々で味をととのえる。
10.クワスを注ぐ。
018.jpg

11.冷蔵庫で30分ほど冷やす。
12.お好みでサワークリームをおとす。
020_2015060110205340d.jpg
出来上がり!!!

古典的なアクローシカの材料をご紹介しましたが、ビーツ、にんじん、玉ねぎ、かぶ、セロリ、青ネギなど、なんでも入れます。分量も適当です。冷蔵庫の残り野菜を一度に片づける料理としてもアクローシカは重宝されています。
ノンアルコールの黒ビールを使ったアクローシカは、(想像していたより)本場に近い味になったと思いますが、さてこの味が“美味しい”かどうかは好みの分かれるところ。どうしてもこの味だけは馴染めない、と言われる方もいらっしゃるでしょうが、ロシアの夏の風物詩、「アクローシカ始めました!」の季節にどうぞお試しあれ。

この夏、そうめんに飽きたらアクローシカで食欲増進をはかりましょう!/マダム・リュドミーラ
スポンサーサイト

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。