モスクワのお勧めカフェ/観光途中にPAULで一息  

モスクワでフレンチカフェ?
観光途中にPAUL でひとやすみ!

ハートのラインピンク

2012年、モスクワにフランスのベーカリー・カフェ「PAUL」がオープンしました。
世界各国、東京にもあるので「PAUL」についてご存知の方も多いのでは?
モスクワの「PAUL」は、ロケーションが非常にいいので観光や街歩きの合間に食事やお茶をするのに最適です。今日は、地下鉄ベラルスカヤ駅の目の前、つい最近オープンしたばかりの「PAUL」をご紹介します。
ベラルス駅
こちらがベラルスカヤ駅

ベラルスカヤ駅と言えば地下鉄だけでなく長距離列車やシェレメチェヴォ空港行きのエキスプレスもありますし、駅の回りにはシェラトンホテルをはじめ外国資本のホテルが多いからか、外国人のお客さんが多く見受けられました。 
お店の外観は世界共通シックでしゃれな感じ。
外観2

ショーウインドーには美味しいそうなパンが並んでいますよ。
この日は窓際の席に座ったのですが、ショーウィンドーで立ち止まりお店に入ってくるお客さんが結構いました。
中に入ると「ボンジュール!マダム&ムッシュー」とフランス語で迎えてくれます。
奥がカフェになっています。

ショーウインドー
ロシアには黒パンしか売ってない、という先入観はなくなりますね

内装1

内装2
カフェスペースもおしゃれです。

朝ごはんは毎日7:30-12:00 159ルーブルで、平日(12:00-16:00)にはランチも359ルーブルであります。
この日は祝日。お友達とランチをしました。しっかり食べたい気分だったのでスープとハンバーガーを頂きました。
まずは、フレンチオニオンスープ。(459ルーブル)
フレンチオニオンスープ
 
「PAUL」はフランス生まれのパン屋さんなので、このスープは外れないだろうと思ってたら、予想通り美味しかったです。 たまねぎの甘みが良く出ていました。 スープにパンが浮いているお店が多いのですが、ここのはチーズが塗られたパンがスープの横に添えられてました。このパンも美味でした~。
メインのハンバーガーこちら。(598ルーブル)
ハンバーガー1

フレンチカフェでハンバーガーは邪道かな?とも思ったのですが、パンがフォカッチャみたいでソースもケッチャプでなく、上品でフランス風のハンバーガーでした。 
ペストリーとかもたくさんあるのですが、がっつり食べたい人にはハンバーガーがお薦めです。
メニューにはビーフストロガノフもありますよ。
コーヒーはアメリカンが129ルーブル。エスプレッソは79ルーブル。スターバックスよりかなり安くてびっくり。 

「PAUL」はベラルスカヤ店以外にも市内に3店舗あります。

ウェブはこちらをご覧ください:

http://ginzaproject.ru/moscow/Restaurants/PAUL/About



4店舗のアドレスはこちら

トベルスカヤ店
住所:ул.Тверская, 23/12
電話:+7 (495) 560-49-94 
* 地下鉄プーシキンスカヤからすぐ。近代史博物館の横。

アルバート店
住所:ул. Арбат, д.54/2, стр. 1.
電話: +7 (495) 783 16 38
+7 (495) 783 16 39
* 地下鉄スモレンスカヤ ガーデンリング沿い、スーパーマーケット「セジモイコンチネント(Седьмой континент)」の隣。旧アルバート通り散策の後に休憩するのに最適です。

ベラルスカヤ店
住所:Грузинский вал, 28/45
電話:+7 (495) 777-51-64
* 今回ご紹介したお店です。

ピャトニツカヤ店
住所: Пятницкая, 20
*トレチャコフ美術館から徒歩約10分程。名画見学の後にどうぞ。

メニューはロシア語とフランス語ですが、英語対応できる店員さんが多いのでご心配なく。
モスクワにいながらパリジェンヌの気分になれるので最近のマイブームです
街歩きの途中でぜひお立ち寄り下さい。

 

4店舗とも、観光の後に寄れるロケーションがよい場所。カフェで疲れを癒してくださいね/あーしゃ/モスクワ在住フリーライター


06_20120807104821.gifたっぷり観光しようと思うと、一休みできる場所が必須。こんなカフェを知っているとトイレ休憩にも使えるので、安心して観光できますね。モスクワ、サンクトペテルブルグへのご旅行は、ネットトラベルサービスにお任せください






skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ