お勧め文学散歩/トルストイの家とフレンチビストロ「ジャンジャック」 

こんな文学散歩はいかがですか?
トルストイの家博物館

ハート


ツルゲーネフ博物館に続き、文学シリーズ第2段の今回は、「戦争と平和」や「アンナ・カレーニナ」の作者として世界的に有名な作家レフ・トルストイの家博物館です。 トルストイの生家はトゥーラ州のヤースナヤ・ポリャーナにありますが、モスクワの地下鉄パルク・クリトゥーリ駅の近くにも彼の家があります。
トルストイの家外観

プレートにはトルストイは1882年から1901年までこの家に住んだと書いてありました。
プレート

中に入ると、多くのロシアの博物館もそうなのですが(主に誰々の家博物館)床を汚したり傷つけない為にバヒールというスリッパのようなものをまず履かねばなりません。
これが結構面倒くさい。(特に足が小さい私は、バヒールのサイズが大きすぎてすぐに脱げちゃったりするんですよ)

バヒール
これがバヒール。ロシアの観光地ではおなじみです・・・・。

玄関の近くには、トルストイのコートが展示されてました。
トルストイのコート
トルストイって結構大柄だったんですね。

トルストイ家は奥さんソフィアと9男3女の大家族。 家族の写真が飾ってありました。

家族の写真

こちらはダイニングルームの写真
ダイニング

ダイニングの窓からの中庭の景色。
中庭の景色

今は冬なので寒々してますが、春夏は緑に包まれた広いが中庭がきれいに見えたんだろうなぁ。

こちらはロシアの有名画家レーピンの弟子だった長女タチアナのお部屋。
娘タチアナの部屋


自分で書いた絵が無造作に置かれていて芸術家っぽいです。
レーピンの弟子だけあって、彼女の絵はレーピンとタッチが似ています。

次女マリアの部屋は女性らしい感じ。
娘マリアの部屋


お客様を迎えたホールには、チェス台やピアノが置かれていました。
ホール1

ピアノの下には熊の毛皮が・・・。
ホールの熊

さすがロシアですねぇ

こちらはトルストイの書斎です。 

トルストイの書斎

トルストイの書斎2

 
この書斎で「復活」を執筆したそうです。

彼の直筆も展示されています。トルストイは字が汚かったことでも有名で、それを解読できる奥さんのソフィアが全部清書していたそうです。数々の大作をすべて清書するのは大変だったでしょうね。

今でもトルストイとその家族が住んでいるようで、とても生活感のある博物館でした。

トルストイの家博物館(Музей-усадьба Л.Н. Толстого «Хамовники»)

住所: ул. Льва Толтого, 21
電話: +7-499-246-9444
入館料:350ルーブル(2013年1月現在)
写真をとる場合は別途200ルーブルかかります。
休館日: 月曜日と毎月最終金曜日
開館時間: 10:00-18:00(木曜のみ12:00-20:00)
*閉館の30分前までにご入場ください。

URL(ロシア語のみ)↓

http://tolstoymuseum.org/index.php?option=com_content&view=article&id=66&Itemid=82


<地図>

大きな地図で見る

博物館で文豪に触れた後、一息つくなら
フレンチビストロ「ジャンジャック」

ハート

トルストイの家にはカフェがないのですが、道を挟んだ斜め前に素敵なカフェがあるんですよ。今回はそこもご紹介しちゃいます。
「ジャンジャック」というフレンチビストロのお店です。
ジャンジャック外観

店内はこんな感じ。
店内1
 
朝ごはんは12時までやってるので、ブランチにもいいですよ。
この日は私もブランチしてから博物館に行きました。
朝ごはんの種類もたくさんあります。 
私が頼んだのはジャンジャンクブレックファースト、350ルーブル。
zhanzhack breakfast
豪華でしょ? 

こちらは友達がオーダーしたイングリッシュブレックファースト。
english breakfast

隣が系列店のイングリッシュパブ「ジョンドーン」なので、イギリス式パブメニューもオーダーできます。
料理はどれもお手ごろ価格でおいしいのですが、なかでも絶品でわたくしあーしゃが絶対はずせないのが、フランスの有名デザート「タルトタタン」。
タルトタタン

ここのタルトタタンはものすごーく美味しいのですよ。りんごたっぷりの温かいタルトタタンに冷たいバニラアイスクリームがのっかっています。 
あ~、思い出しただけでも食べたくなる~
とにかく、絶品なのでぜひお試しください。
メニューはロシア語とフランス語のみ(ジョンドーンのメニューは英語あり)ですが、
注文をとったりする程度なら、店員さんも英語で対応できます。

フレンチビストロ「ジャンジャック」(Жан-Жак)
住所:ул. Льва Толстого, д. 18 Б
電話:+7-495-669-1627
URL(ロシア語・英語・フランス語) ↓

http://jan-jak.com/


 

美味しいものを食べて、ロシア文化にひたる、そんな休日を過ごしてみませんか?/あーしゃ/モスクワ在住フリーライター

06_20120807104821.gifロシアの文豪、フレンチビストロ、イングリッシュブックファート。まさにグローバルな文豪散歩。これから春に向けて、気持ちいい日が増えてきます。ぜひお出かけください。モスクワ・ペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ