スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスクワ/デパートに行ってみよう! 

モスクワのデパートに行ってみよう!
「グム」や「エヴロペイスキー」でショッピング

dot_20100910140650.gifdot_20100910140650.gif
dot_20100910140650.gifdot_20100910140650.gif

旅の楽しみといえば、観光、美術館・博物館、食事といろいろありますが、忘れちゃいけないのがショッピング!街をぶらぶら歩きながら、気に行ったお店があったらちょっと入ってみたり、現地でしか買えないものを探すのも楽しいですよね。 
私、あーしゃもショッピングは大好き。大きなショッピングセンターに入ると特に買うものがなくてもワクワク。だって、見ているだけでも楽しいですもん。これって、女性特有の病気らしいですが、そんなの気にしない気にしない。ゴーゴーショッピングです。
というわけで、今日は、あーしゃがよく行くショッピングセンターを2つご紹介します。超高級百貨店グム(勿論、私はウィンドショッピング専用)と、数年前にオープンした庶民派大型ショッピングセンター「エヴロペイスキー」です。

まずは、 グム百貨店。

グムの外観
クレムリンと向かい合って建つ老舗デパート「グム」の外観

グム百貨店、通称「グム」は、 赤の広場を挟んでクレムリンと向かい合って建っています。
オープンは1893年。 建物自体、歴史建造物の一つとして数えられています。 
中は3階まで吹きになっていて、ガラス天井から外の光が入って、とても明るく広々とした雰囲気です。
DSCN1450.jpg
吹き抜けが気持ちよいグムの通路
お店は、200店舗くらい入っているそうです。
石造りの重厚な外観、 いかにも高級百貨店の雰囲気満々ですが、 実はソ連時代は国営百貨店として、 庶民派を代表するようなデパートでした。 崩壊後、外観はそのままに高級デパートに生まれ変わりました。
見てください、ブランド店ばっかり。

ディオールはお洒落なモスクワっ子たちにも人気
ディオールはお洒落なモスクワっ子たちにも人気

グムの中の食料品売り場も高級感にあふれています。多分、モスクワで一番高い食料品店と言われています。
赤の広場に面しているので、ロシア人に交じり、観光客もたくさん。週末は大勢の人でにぎわっています。
季節ごとにディスプレイが変わるので、見ているだけで本当に楽しいのです。
この日は、収穫祭がテーマでした。
収穫祭がテーマのディスプレイ
収穫祭がテーマのディスプレイ
  
オリンピックのロシアナショナルチームのマスコット、チェブラーシカは、店内にあるボスコスポーツで買うことができます。 ショーウィンドウにオリンピックのマスコットの可愛いチェブ発見。
白(トリノ)赤(北京)青(バンクーバー)が揃っています。

チェブラーシカはツーリストにも人気のお土産
チェブラーシカはツーリストにも人気のお土産

グムは高いので、あまり買い物はしませんが、あーしゃのお気に入りはこれです。 
アイスクリーム!

グムのアイスクリームは格別!
グムのアイスクリームは格別!

ひとつ55ルーブル。街中の同じようなアイスクリームよりちょっと高めですが、ミルクの味が濃厚で、美味しいのです。バニラがお勧め。店内のあちこちで売っています。
是非、 お試し下さい。ロシア語でバニラは「ヴァニーリ」、日本語と似ているのでヴァニラと言っただけも通じますよ。
グム百貨店URL(英語) :

http://http://http://www.gum.ru/en/



次にご紹介するのは、庶民派「エヴロペイスキー」。
エヴロペイスキーは庶民派百貨店
エヴロペイスキーは庶民派百貨店

グムが赤の広場に面しているのに対し、こちらはキエフ駅に面して建っています。

キエフ駅に面しています
向かい側はキエフ駅

「エヴロペイスキー」とうのはロシア語で、ヨーロッパという意味。 
店内はパリとかモスクワとかロンドンとかテーマに分かれてレイアウトされていてとてもユニーク。
ブランドのお店もありますが、安いお店もたくさん入っているので、いつもたくさんの買い物客でにぎわっています。
フードコートもあります。

フードコートではちょっとお茶したり、軽く食べたりできて便利!
フードコートではちょっとお茶したり、軽く食べたりできて便利!

 ロシアのファーストフードに加え、バーガーキングやテキサスチキン、シナポン(シナモンロールのお店)やサーティワンアイスクリームが楽しめます。その他にも映画館や一年中滑れるスケート場もあり、一日中楽しめるのでモスクワ市民の憩いの場になっています。地下にはスーパーマーケットもあります。あ、でも、ご安心ください。ここのスーパーは庶民派「ペレクリョーストック」なので、安心して食料品など買うことができます。
店内はグム同様、吹き抜けになっています。グムがクラシックならこちらは超近代的な感じ。
3階から下のカフェをパチリ。

吹き抜けの店内。グムと比べると、近代的な感じ
吹き抜けの店内。グムと比べると、超近代的

そうそう、 入口にこんな絵が書いてありました。

DSCN1475.jpg

そりゃ、そうでしょう。ローラースケートでの来店・・・・。拳銃・・・・、これは持ち込み禁止だよねえ・・。
と妙に納得。
でも、スーツケースが駄目なんてちょっと意外。


エヴロペイスキーURL(ロシア語ですが、英国国旗をクリックすると英語で表示さます):

http://http://httphttp://www.europe-tc.ru/en/index.php



これからどんどん寒くなるモスクワですが、 暖かいショッピングセンターで休日を過ごすことが多くなりそうです。Enjoy shopping in Moscow!

 

皆さんもお土産屋さん以外でのショッピング、試してみてください。/ あーしゃ/モスクワ在住フリーライター


01.gifロシアならではのお買い物。ぜひデパートめぐりも旅のプランに組み込んでみてください。モスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください


スポンサーサイト

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。