スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タリン/キック・イン・デ・キョク塔の地下通路一般公開! 

キック・イン・デ・キョク塔の
地下通路一般公開!

tsurumurasaki_20100929104910.gif


キック・イン・デ・キョク塔は15世紀末に建設された大砲塔。低地ドイツ語で「台所を覗く」という意味を持つこの塔からは、近所の台所までよく見えていたので、こう呼ばれるようになりました。現在、塔の中は歴史博物館になっていて、中の展示品もなかなかですが、塔の窓から広がる美しい教会の塔や、赤い屋根にも心を奪われてしまいます。
この塔はいち早く、博物館として一般公開されていましたが、最近になり、17世紀ころ造られた地下の通路も公開されるようになりました。当時、地下通路は非常時の避難所として、または敵地への秘密の通路として利用されていました。地下道のトンネル部分はエストニアの代表的な石である石灰岩が使われています。

不思議な空間、秘密の地下通路
不思議な空間、秘密の地下通路

bastion02.jpg

地下通路を一般公開するにあたり、ただ往復するのみでは、十分な満足感が得られないので、通路の内部にはそれぞれテーマのある、いくつかの小部屋が設けられました。例えば、ソヴィエト軍が侵攻してきた際、地下道が防空壕として利用されていた事実があったので、それを再現した小部屋もあり、そこでは、当時の様子がわかる貴重な白黒映像が見られるようになっています。また、地下道がホームレスの住みかとして使われた当時を再現している小部屋。そして、言い伝え?によると、地下通路には貴婦人の亡霊が出てくるそうです…。

貴婦人の姿、あなたには見えますか?
貴婦人の亡霊、あなたには見えますか?

ツアーの最後には、地下通路を走る電車にも乗ることができます。電車は一部のレールに限られていますが、走行中座席の上から下りてくるスクリーンで(日本語の字幕はありませんが)映像が楽しめます。この電車、と~ってもゆっくりで、どうやら歩いた方が早いようです。

bastion04.jpg
横向きに移動するゆ~っくりの電車。
不思議な画像ですが、黒く見えているのは、
乗っている人の足です


地下通路には急な段差があったり、地下道であるが故、じめじめ湿っているところもあるので、滑らないように注意が必要です。地下は地上よりも、多少気温が低いので、博物館から毛布を貸りて、これに包まりながらの地下道見学もすることができます。観光時間の目安は40分~1時間ぐらいです。事前予約が必要で、専属ガイド同行の見学となります。個人では見学できません。タリンは観光名所として城壁や塔、要塞、そして中世の町並みを主にアピールしていますが、一風変わった中世の地下道もいかがでしょうか?

 

「台所をのぞけ塔」としてお馴染みの博物館、あらたな見どころも加わり、タリンの観光がますます面白くなりそうです/カタリーナ/タリン支店


01.gifエストニア・バルト三国への個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!お気軽にご相談下さい。スマイリー
スポンサーサイト

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。