モスクワでもクルーズが楽しめる!/ラディソン・クルーズ 

ラディソンクルーズでモスクワ川を遊覧しよう!
06_20100420121648.gif06_20100420121648.gif

モスクワ川は、15世紀の教会から、ソ連時代の高層建築、最新のデザイン建築、森や公園など、様々な顔をもつモスクワという町を臨みながら、ゆったりと流れる広大な川です。

夏場は、大小の船が航行していますが、昨年末より運行が始まり、モスクワっ子の間で密かにブームになりつつあるクルーズがあります。

それは、今夏オープン予定のラディソン・ロイヤル・ホテルのクルーズです。
ラディソン・ロイヤル・ホテルは、スターリン・ゴシック様式の建物を代表するウクライナホテルを改装したホテル。
目の前に桟橋があり、そこからクルーズは出発。毎日、昼(13:00)と夜(19:00、土日は17:30)に運行しています。
これが、今話題のスタイリッシュな外観がカッコイイ、クルーズ船。
クルーズ船

ランチ、ディナーをいただきながら、2時間半に渡り、ゆっくりとモスクワ市内を遊覧する・・・最高のひとときです。

今回、私は、夜のクルーズに乗ってみました。
19:30ジャストにホテル前の桟橋を出発、22:00過ぎに戻ってきました。

4月中旬に乗ったので、ちょうど折り返し地点あたりで暗くなり、復路はモスクワの夜景を堪能できました。
おそらく、8月頃も同じくらいの明るさ・暗さと考えていただいてよいでしょう。

では、クルーズのルートを写真と共にご紹介しましょう!

右手に見えてくるのは、キエフ駅。
キエフ駅

その対岸に見えてくるのは、ノヴォデヴィチ修道院。
ノヴォデヴィチ修道院

丘の上にそびえ立つモスクワ大学。これもスターリン・ゴシック様式建築のひとつ。
モスクワ大学

左手に目を向けると、ルジニキー・スタジアムが見えてきます。
サッカーの試合や、コンサートも行われるドームです。
ルジニキー・スタジアム

次に右手に見えるのが、科学アカデミー。とても変った形の建物です。
科学アカデミー

ココは市民の憩いのアミューズメントパーク、ゴーリキー公園。
観覧車や、ちょっとした絶叫マシン、ローラーコースターもあります。
ゴーリキー公園

こちらは、ユニークなフォルムのピョートル大帝の像とチョコレート工場跡。
ピョートル大帝像とチョコレート工場跡

クレムリンが見えてきます。
クレムリン

芸術家アパートが堂々とした姿を現します。
このクルーズで見られる3つ目のスターリン・ゴシック様式の建物。
芸術家アパート

折り返し地点は、スイソテルとドム・ムージキがランドマーク。
空がそろそろ美しい薄暮に変ってきました。
スイソテルとドム・ムージキ

クレムリンも昼間とは違う顔。
クレムリン手前

ワシリー寺院もライトアップされて、その美しさを増しています。
ワシリー寺院夜景

救世主キリスト大聖堂の夜景は、荘厳で美しさに胸を打たれます。
救世主キリスト大聖堂

終点が近づくと、ホワイトハウスが見えてきます。
ホワイトハウス

終点は、出発地点のラディソン・ロイヤル・ホテル前。
ラディソン・ロイヤル・ホテル

どうでしたか?モスクワ川から眺める町の風景、風情がありますよね。
次は、船内とお食事をご案内。
どうしても心配になるのは、トイレのこと。キレイかどうかちょっと不安
でも、大丈夫。掃除の行き届いた清潔なトイレです。
トイレ

船内も、景色を見ながら、ゆったりお食事を楽しめます。
船内

お食事は、ランチ・ディナーとも、セットメニューとアラカルトがあり、英語メニューもあるので、注文も簡単です。

メニューは前菜、サラダ、メインと3種類から選べるのですが、夕食は白身魚のフライ(写真)しか選択肢がなさそうです。

前菜
前菜

サラダ
サラダ

メイン白身魚のフライ
メイン/白身魚のフライ

ドリンクの料金をご案内しましょう。
ウォッカ:140~200ルーブル、その他、ウィスキー・ブランデーなどの蒸留酒あり。
生ビール・バルチカ”:120ルーブル(330ml)、170ルーブル(550ml)
ワイン:280ルーブル
フレッシュジュース:170ルーブル
ジュース:120ルーブル
コーヒー、紅茶:120ルーブル

その他、アラカルトメニューは

サラダ類:300-500ルーブル
スープ(ボルシチ、サリャンカ):160ルーブル
メイン(肉料理・魚料理):900ルーブル
デザート:約300ルーブル

*上記料金は全て、2010年4月現在のもの。クルーズ運行会社の都合により、変更になる場合がありますので、ご了承ください。

冬場は凍結したモスクワ川を「砕氷船クルーズ」として航行しており、四季折々のモスクワを堪能できる素晴らしいクルーズとして、今後、人気が高まってきそうです。

ロシアにご旅行の際は、ペテルブルグだけでなく、モスクワでもクルーズを楽しまれてみてはいかがでしょうか?

 

夕焼けから夜景に変るモスクワの美しい夜をクルーズで満喫!/マリー/モスクワオフィス



01.gif今年はモスクワがお勧めです。ホテルの料金がぐっとお手頃になってきました。4月から5月の新緑が輝く季節、ぜひお出かけください。モスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行は、ネットトラベルサービスにお任せください!スマイリー


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ