モスクワ観光のメインスポット~クレムリン(1)~ 

ロシアの古都には必ずあるクレムリン。クレムリンとは「城塞」という意味があります。

モスクワのクレムリンは、建都860年以上、モスクワを見守り続けてきた街の砦です。

 

ユネスコの世界遺産にも登録されている、ロシア最大の観光スポットであるモスクワの「クレムリン」を今回から3回に渡って効率良く見学するルートをご紹介します。

クタフィア塔
クタフィア塔

クレムリンにはロシアの政治中枢である大統領府などもあり、一般のツーリストが観光できる部分は、教会の立ち並ぶ聖堂広場周辺と武器庫・ダイヤモンド庫になります。クレムリン見学は、見学自体に最低2時間は要しますので、チケット購入・武器庫入場のタイミングを考慮して、半日は時間をとってください。

 

[[ チケット ]]

チケットはクタフィヤ塔のそばのチケットオフィスでお買い求めください。聖堂広場周辺の教会群を見学できるチケットと、武器庫入場のチケットは別売です。武器庫を見学できる時間帯は1日に4回 (2008年3月現在10:00、12:00、14:30、16:30)と限られていますので、時間に注意してください。この塔の下に、荷物預け場所があります。クレムリン内には原則荷物は持って入れず、許可される手荷物のサイズは目安としてA4サイズ以下になります。貴重品など予め手荷物で携帯できるように、分けておきましょう。

 

※2008年3月現在、教会内・武器庫内(ダイヤモンド庫を含む)の写真撮影は禁止されています。

 

★クレムリン観光など、モスクワのオプショナルツアーの手配はツムラーレ・ネットトラベルサービスにて承ります

 

レポート by M /モスクワ

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ