モスクワ 赤の広場 おすすめスポット [後編] 

ツムラーレコーポレーションモスクワ支店では、夏季に1ヶ月間、京都産業大学からインターンシップ生を受け入れています。

2007年度は、ロシア語を学ぶ学生さんたちを数名受け入れました。インターンシップを終えた後は、現地で働き、人間関係を築くことによて、語学だけでなく、ロシアの文化がより身近になったという声が聞かれました。

 

今回は、インターンシップ生の一人、藤田奈穂子さんに、世界遺産の1つでもある、モスクワ赤の広場の“見所”とお勧めルートの後編を紹介していただきます。

 

<モスクワ・赤の広場のお勧めスポット[後編] >

         

赤の広場の地図

 

赤の広場からグム百貨店を後にし、次は、カラフルな玉ネギ畑の様なお城、“聖ワシリー聖堂”へ。入場料は100ルーブル。この入場料はクレムリンの入場料と比べてもかなり安い!値段の割に中は見ごたえがあって、そして迷路の様。8つの塔が全て通路で繋がり、壁にはフレスコ画、イコノスタシス(聖障壁)が描かれています。

 

聖ワシリー聖堂
有名な聖ワシーリー寺院

イコノスタシスの前では、5人組の中年男性がゴスペラーズの様な歌声で聖歌を歌っていて、その歌声は力強く、本当に素晴らしいもので、立ち止まって見ている人も多くいました。思わず私も聞きほれてしまいました。

聖ワシリー聖堂内部 聖ワシーリー寺院内イコン
聖ワシリー聖堂内部 聖ワシーリー寺院内イコン

 

この“聖ワシリー聖堂”は、中から広場を見渡すことも出来、お土産を買える所もポイントです。少し階段が多く、通路も狭いのでてきぱきと動くのがお勧めです。また、進行方向を示す案内があまりないので、「ここさっきも通ったなぁ」というケースが何度かありました。でも、探検気分を味わえるので家族連れの方などには穴場だと思います。

アレクサンドロフスキー公園 無名戦士の墓
アレクサンドロフスキー公園 無名戦士の墓

 

その後はマネージ広場を抜け、遠回りをしてアレクサンドロフスキー公園へ。目の前には緑いっぱいの景色が広がっています。色とりどりの花壇や、ベンチに座る人々の姿。馬やアヒル、鳥などをかたどった、面白い噴水は撮影スポットとしてもお勧めなので、ぜひ通ってみて下さい。一日の疲れがとれるのは間違いなしです。

 

アレクサンドロフスキー公園噴水 アレクサンドロフスキー公園内の池
アレクサンドロフスキー公園の噴水 アレクサンドロフスキー公園内の池

 

*文中の値段は2007年8月現在のものです。

 

★ロシアの個人旅行手配はツムラーレ・ネットトラベルサービスにて承ります

 

レポート by Naoko.F /モスクワ

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ