読書の秋・ロシアの日本文学ブーム 

ソ連時代から、ロシア人は「読む国民」と呼ばれ、世界で最も読書好きの国として知られてきました。

もっとも、最近はロシアでも読書離れが進行中。インターネットやビデオ、DVD、ショッピング、携帯チャットなど、読書以外の娯楽が増えたこともあり、「まったく本を買わない」という人も増えているようです。それでも2004年にロシアで一年間に発行された書籍は6億8千万冊。これは日本で1年間に発行される書籍7億冊と匹敵する数字です。

05-10モスクワの中心。トベルスカヤ通りの大型書店は夜遅く(早朝2時!)まで営業しています。大きな本屋さんはいつもたくさんの人でにぎわっています。

実はソ連崩壊の年、1991年にはロシアで一年間に発行される書籍数は16億冊と膨大でした。今は書籍数は減りましたが、逆にタイトル数は急増し、多種多様な書籍が出回るようになりました。

モスクワでも本屋さんが増え、街の中心の大型書店の広大な売り場には、ありとあやゆるジャンルの本が並べられています。

ロシアで人気なのはなんといって探偵小説。売り上げのベスト6位まで、ユーモア探偵小説の女性作家たちがしめているのです。トップはダリヤ・ドンツォーヴァ女史で、彼女の推理小説のシリーズは2004年の一年間で1800万冊売れたというから驚きです(日本における売り上げ最大の本は『広辞苑』で発行数1300万部)。
続きを読む

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ