モスクワ/ドモジェドヴォ空港のVIPラウンジで出入国もスムーズに! 

ドモジェドボ空港VIPラウンジで、
出入国もストレスフリー! 

blue_20101004184307.gif


JALやルフトハンザなど大手航空会社や、S7をはじめとするロシアの主要エアラインが乗り入れるモスクワ・ドモジェドボ空港。

便の集中する時間帯や、旅行シーズンは出入国審査場も大混雑。
ロシア入国には日本では馴染みのないビザ(査証)が必要となることもあり、不安を感じる方も多いのでは。

そこでおすすめしたいのが、「VIPラウンジ」のサービス。
パスポート審査、税関審査ともラウンジ内で済ませることができるため、ドキドキしながら長い行列に並ぶ必要もない。
また、到着時は機側から、出発時は搭乗口までラウンジの専任スタッフが同行するので、空港内で迷う心配がなく、特に同行者のいない方には心強いだろう。
VIPラウンジ入り口
すっきりしたVIPラウンジ入り口

空港ターミナルの中ほどにあるVIPラウンジには、ゆったりとしたスペースにチェックインカウンター、出入国審査場、カフェ(飲食は有料)、無料のインターネットコーナー、土産物店などのほか、シャワールームまで完備されている。
ロビー
ロビー

カフェ
カフェ

事前に予約すれば、会議や会食にも使用できるコンファレンスルームの利用も可能。(有料)

会議室
会議室

一部の個室は駐機場に面しており、目の前に飛行機が立ち並ぶ、空港ならではの迫力ある風景が楽しめる。

VIPラウンジのメリットは、やはりストレスフリーに出入国手続きができること。
到着時は、飛行機を降りた後、サインボードを持った出迎えの係員とともにラウンジへ移動し、入国審査を受ける。(VIPラウンジを予約をしている場合は、飛行機を降りた後、”VIP"のサインを見逃さないように!サインを見つけたら、その係員に予約をしている旨伝える)
受託手荷物のタグを渡しておけば、ラウンジまで荷物が運ばれてくる。
(タクシーなどを利用する場合は、依頼すれば車まで荷物を運んでくれる。)

一方、出発時もラウンジ内で搭乗手続き、パスポート審査を済ませることが可能。
あとはカフェでくつろぎながら、出発を待つばかり。
搭乗口まではラウンジスタッフが同行、ターミナルから離れた場所から搭乗の場合は、専用バスで飛行機まで移動する。

なお、出迎え、見送りの同行者もラウンジ内まで入室できるが、トランジットエリア(パスポートコントロールを抜けた後のスペースのこと)への入場はできない。
(出迎え者については、ラウンジスタッフの同行があれば、国境警備隊がトランジットエリアへの入場を許可するケースもある。
ただし、事前確約はできないため予定しない方が賢明かもしれない。
また、出迎え者がトランジットエリアへ入場できない場合は、当日早めにネームボードを持参し、依頼すれば、指定の氏名や会社名などを明記したネームボードを持って出迎えてくれる。)

VIPラウンジは24時間オープン、国際線、国内線問わず利用ができる。

ドモジェドヴォ空港のサイト:

http://www.domodedovo.ru/en//



 

VIPラウンジを使って、出入国は少しでもスムーズに済ませたい。/ ヂニス/モスクワ在住会社員


01.gif比較的快適と言われるドモジェドヴォ空港も、複数の到着便が重なる時間は、かなり待つことも。VIPラウンジを使えば、そんな不愉快さも回避できます。VIPラウンジ、モスクワへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!ネットトラベルサービスでは、ガイド手配や、オプショナルツアーの手配も承ります。スマイリー

劇場シーズンが始まる!教えて!チケットはどうやって買えばいいの? 

劇場チケットを買ってみよう!
ln_at61w.gif

まもなくモスクワの劇場・コンサートシーズンがはじまります! 9月から7月頭までのシーズン中は毎日バレエやオペラやクラシックのコンサートが街のどこかで必ず行われています。
ロシアのバレエ・オペラはレベルが高く世界でも有名ですよね。 特に有名なのは、モスクワのボリショイ劇場とペテルブルグのマリインスキー劇場。 コンサートホールではモスクワ音楽院やチャイコフスキーホールでしょうか。 特にモスクワ音楽院はロシアの有名な音楽家のほぼ全員が、また今世界で活躍する音楽家の多くが一度は立ったと言われているほどです。
モスクワとペテルブルグにはその他にも数えきれないくらいたくさんの劇場があって、
オペラやバレエ、クラシックがお好きなツーリストの方にはたまらない街なのです。

では、どうやってチケットを購入するか?
劇場のチケット窓口で購入するのも一つの方法ですが、見たいものが決まっていない場合は、街中に点在するチケットブースで購入するのが便利です。
チケットブース
街中で見かけるチケットブース

街歩きをするとわかりますが、モスクワやペテルブルグ等の大都市は写真のようなチケットブースが街のあちこちにあってびっくり。 ロシア人にとってロシアの長い冬を乗り切る、少ない楽しみの一つが劇場通いなのです。
このチケットブースは、日本の「チケットぴあ」に似ているかも。殆どの公演のチケットを扱っていて、中に座っている売り子のおばちゃんがオンラインで欲しいチケットを探してくれます。
窓口にはたくさん宣伝のポスターが貼ってあるのですぐにわかりますよ。
近くにずずーっと寄ってみると、チケット窓口のガラス窓には公演スケジュールがたくさん貼ってあります。
公演のお知らせがぎっしり貼ってあります
DSCN1358.jpg
公演のお知らせが所狭しと貼ってあります
 
窓口に貼ってある情報を端から端までみていると、サーカスから外国スターのコンサート、アイスショーまであって「何を見に行こうかな」と楽しくなってしまいます。

現地でチケット購入の難点は、窓口に英語の話せる担当者が殆どいないこと。現地のガイドさんや知り合いに購入を手伝ってもらうのが一番いいのですが、劇場の窓口でチケットを買う場合は、紙に希望の日付(例:9月10日なら10.09.2010)と書いて見せれば、演目は英語でもほぼ大丈夫です。街角のチケットブースの場合は、窓に貼ってある公演を指させば、ブースからおばちゃんが出てきて、確認してくれます。お客さんがロシア語を出来ない場合は、身振り手振りで、結構親切に対応してくれるので、是非トライしてみてください。

もう一つ、日本からもチケットを購入する方法があります。
オンラインでチケットを購入する方法がまだあまり導入されていないロシアですが、
ボリショイ劇場とマリンスキー劇場は下記劇場HPからオンラインでクレジットカードにてチケット購入が可能です。引換券を印刷して持参して、劇場チケット販売窓口で開演一時間前までにチケットに引換えるシステムです。ウェブサイトは英語なのでロシア語が出来ない方も安心です。

ボリショイ劇場:

http://boxoffice.bolshoi.ru/eng/sales.html/



マリインスキー劇場:

http://www.mariinsky.ru/en/playbill/playbill/



★オンラインの予約は行っていませんが、ボリショイ劇場と並び、日本でも人気の高いモスクワの劇場、ダンチェンコ劇場の演目はこのサイトでチェックできます(英語):

http://www.stanmus.com/schedule.html



★また、英語で今話題の演目調べるには、英字新聞「Moscow times」のサイトがお勧めです。

http://www.themoscowtimes.com/arts_n_ideas/calendar/



知ってると便利!人気演目のロシア語表記

<バレエ>Балет
白鳥の湖:Лебединое озеро
ジゼル:жизель
くるみ割り人形:Щелкунчик
ロミオトジュリエット:ромео и джльетта
シンデレラ:Золушка


<オペラ>Опера
ラ・ボエーム:Богема
マダム・バタフライ:Мадам Баттерфляй
カルメン:Кармен
トスカ:Тоска
トラヴィアータ(椿姫):Травиата
スペードの女王:Пикобая Дама
エウゲニー・オネーギン:Евгений Онегин


★耳寄り情報★
地下鉄クールスカヤ駅近くにアトリウムというショッピングセンターがあります。
そこの1階にあるチケットブース(街角にあるのと同じブースがエントランスを入った所にある)は
英語が通じました。 おばちゃんなのに流暢に英語を話したのでびっくりです。
このおばちゃんがいつもいるとは限りませんが、ショッピングセンターでお買い物した折にでも、立ち寄ってみるのもいいかもしれません。


 

秋からは劇場シーズン!日本では少し敷居が高そうなオペラやバレもロシアでは、日常の楽しみとして、市民に愛されています/ あーしゃ/モスクワ在住フリーライター


01.gifモスクワへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!ネットトラベルサービスでは、ガイド手配や、オプショナルツアーの手配も承ります。スマイリー

モスクワファーストフード事情! 

ロシア旅行でファーストフードも食べてみたくない?
23_20100727124300.gif

街歩きの途中で疲れてちょっとお茶や軽食を取ったり、トイレ休憩をしたりするのに、軽く入れるファーストフードのお店はとても便利ですよね。 特に外資系のファーストフードならメニューになじみもあるし、ロシア語がわからないツーリストの方でも大丈夫。
今日はそんなモスクワの外国資本のファーストフードを御紹介します。

ロシア人にも外国人観光客にも大人気なのはやはり「マクドナルド」。
ロシアのマクドナルド第一号店
ロシアのマクドナルド第一号店

一号店がオープンしたのは1991年。 その年の12月にソ連邦が崩壊。 開店当日は5000人が並び、その様子が世界中に報道されました。 肉食ロシア人はマクドナルドが大好き。 今でも昼時や夕方はレジの前に行列が出来るほど。 
大きなショッピングセンターのフードコートや、大きな地下鉄の駅の近くにあります。
写真の一号店は地下鉄プーシキンスカヤ降りてすぐです。

メニューは日本と殆ど同じ。 ロシア語で「バーガー」は「ブルゲル」。 
私、あーしゃのお勧めはこれ。ロイヤルチーズブルゲル、コーラ、カルトーフェリ・フリー(フライドポテト)のセット。160ルーブルなり)
ロイヤルチーズブルゲル
ロイヤルチーズブルゲルのセット
(コーラ小、ポテトMがついてきます)


日本から来る友人達にモスクワのマックのポテトは美味しいと大人気。じゃがいもにうるさいロシア人ですから、マックもフライドポテト用のじゃがいもにはこだわっているのかもしれません。

大きな店舗のマックにはマックカフェが併設されています。
アイスコーヒー(120ルーブル)やチョコレートケーキ(115ルーブル)がお勧めです。 

アイスコーヒー
アイスコーヒー

マック ケーキとカプチーノ
チョコレートケーキとカプチーノ

マックの次に注目されているのが、最近、モスクワ進出を果たした「バーガーキング」。 
バーガーキング
バーガーキング

まだ店舗数は少なく、大手ショッピングセンターのフードコートを中心に店舗展開中です。
メトロ・キエフスカヤ駅の「エヴロペイスキー」やメトロ・ウニベルシチエット駅の「アシャン・シティ」のフードコートに入っています。 
バーガーキングの人気商品はこちら。ボッペル(日本でもワッパーでお馴染みでしたね)のセット。215ルーブルです。
ボッペル
ボッペルのセット

最後はロスティックス。ロスティックスと聞いても皆様「馴染みがないなぁ・・・」と思われますよね。
実は実は、ケンタッキーフライドチキン(KFC)なのです。 

ロスティックスの店舗。小さいけどカーネルサンダースおじさんが見えますか?
ロスティックスの店舗。
小さいけど窓の真ん中にカーネルサンダースおじさんが見えますか?


数年前にローカルのフライドチキン屋であるロスティックスがKFCを吸収合併して「ロスティックスKFC」として新しくスタートを切りました。 合併により、ロスティックスでもKFCと同じようなメニューが楽しめます。価格はマックと同じレベルです。
どのお店もトイレは清潔で安心ですよ。

番外編 ロシアのファーストフード

次に、ロシア的な人気ファーストフードもいくつかご紹介しましょう。

1つめは「カルトーシュカ」(ロシア語でジャガイモの意味)

カルトーシュカ

ジャケットポテトのお店。ふかしたジャガイモの上にいろんな種類のトッピングをかけて食べます。きのこやサーモンなどなど、色とりどりのソースがあって、迷ってしまいます。
じゃがいも好きなロシア人に大人気です。

(注)ジャケットポテト=ふかしたジャガイモの上にいろんな種類のソースをかける食べ物

次は、ロシアンクレープ「ブリヌイ」を食べさせてくれる「テレモーク」。
テレモーク

おかずブリヌイから甘いデザートブリヌイまで種類は豊富です。

最後はホットドックの店「スタールドッグ」。 
スタールドック
スタールドック

立ち食いホットドックのお店です。 

店員さんが英語を出来る可能性は限りなくゼロに近いですが、ロシアの雰囲気に浸りたい方はぜひ勇気を出してお試しください。 意外に味はいけますよ。

ロシアのファーストフード店は、ほとんどの地下鉄駅の周りにあり、小腹がすいた時に便利です。

 

ロシアならではのファーストフードも意外にお勧め/ あーしゃ/モスクワ在住フリーライター


01.gifモスクワへの個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!モスクワでしか食べられないマックのメニューもありますよ。ネットトラベルサービスでは、ガイド手配や、オプショナルツアーの手配も承ります。スマイリー


気になるお土産み~つけた!CSKA マフラー、ミリタリーウォッチ 

こんなお土産、いかがですか?
tsuru_blue_20100407161134.gif

最近は、ロシアリーグ、CSKA所属の本田圭佑さんの活躍がニュースでも頻繁に流れ、モスクワへの注目度も高まっている機運がありますよね。一時期、信じられないほど高かったホテル代も、この頃、落ち着いてきたのか、週末を狙っていけば、快適な4星の宿に、ある程度納得できる料金で宿泊できるようになりました。

そこで、「PRIVET!ロシア」では、この「モスクワ機運」の時期に、気になるお土産を皆さんにご紹介します。

まずは、注目の CSKA グッズ。残念ながら、本田選手の名前入りユニフォームなどは、まだできていないようですが、手軽なところで、CSKA チームのマフラーはいかがですか? お値段は、大人用が270ルーブル。約800円ですね。
素材は、他国のマフラーの生地よりちょっと厚め。一見ウールのように感じますが、なにやら違う。タグが付いていないので、素材も不明だし、どうやって洗濯していいのかわからない・・・・・というのがタマニキズ・・・・ですかね。
CSKA のマフラー
CSKA のマフラー

次にご紹介するのは、根強いファンが多い、ミリタリーウォッチ。
カタログには、「ソビエトに生まれ、ロシアで製造された」と誇らしげに書いてあります。
写真の時計は、シンプルに、ロシアの国章、双頭の鷲が描かれているだけですが、
その他に、戦車、戦闘機、潜水艦、軍艦のイラストが描かれているものもあり、
見ようによっては、キッチュでカワイイ感じのデザインです。
手巻き、2気圧防水、ベルトは本革というクラシックなつくりに愛着が湧きますね。
お土産屋さんや時計屋さんで売っています(品切れの時もありますので、その時はご了承ください)。

コマンジールスキー
ペテルゴフの時計屋さんで、1312ルーブルでした(約4,000円)

 

旬のお土産で友人達を大喜びさせました/次郎さん /東京オフィス




01.gif今年はモスクワがお勧めです。ホテルの料金がぐっとお手頃になってきました。4月から5月の新緑が輝く季節、ぜひお出かけください。モスクワ、サンクトペテルブルグへの個人旅行は、ネットトラベルサービスにお任せください!スマイリー





日本のニットをロシアへ!ロシアのデザイナーと伊達市のコラボ 

ジャパンニットブランド
ファッションショー

ロシアのデザイナーと伊達市のコラボ
tsurupurple_20100210114832.gif

2010年1月22日、東京ミッドタウンB1のアトリウムで、ユニークなファッションショーが開催されました。
モスクワ、サンクトペテルブルグから、デザイナー5人が来日、
彼らのデザインを、伊達市のニット製作会社が編み上げ、着心地の良い、素敵でお洒落な作品に仕上げました。
ちなみに、ロシアの女性達は、「女性であること」を謳歌しています。町を歩くと、「こんなに美しい私を見て!」と言わんばかりの「積極的な」ファッションが目に付きます。遠慮せずに、自分の「美と女性らしさ」をアピールしています。素敵ですよね。そんな光景を多々目にしていたし、ロシアのデザイナー達ということで、かなり奇抜な作品を想像して行ったのですが、なんと、会場を闊歩するモデルさんたちの体を包むのは、それはそれは柔らかなシルエットのニットばかりでした。大国ロシアの才能溢れるデザイナー達のアイデアが、伝統に育まれた伊達のニットメーカー各社の高い技術で、優雅に作品化されていたのでした。

胸元がポイント
胸元で女性らしさを演出
ヤニス・チャマリディの作品

福島県伊達市商工会で、地場のニット産業を日本ブランドとして海外に発信したいと誕生した「ジャパンニットブランド」というプロジェクトが実現化したことから、このファッションショーは始まりました。このプロジェクトは、国の補助事業、「ジャパンブランド」の指定を受けることもできました。
発信先の海外の地として選んだのは、ニットをお洒落に着こなすセンスと経済の活気、さらに、「未知の国」日本への憧憬が強い・・・というロシアでした。
Fashion_show_Jan_2010 010
上品な白。裾には、たくさんのフリルが
あしらわれています。
オリガ・ブローフキナの作品


ロシアからは、5人のデザイナーの他にも、バイヤーたちが来日しており、伊達市の技術で製品化されたニットに熱い視線を注いでいました。

<来日デザイナー・プロフィール>
オリガ・ブローフキナ
Olga Brovkina(モスクワ)
日本の着物や帯を含む
民族衣装的モチーフを
得意とする。

ヤニス・チャマリディ
Ianis Chamalidy(サンクトペテルブルグ)
ロシアの伝統を感じさせる
独特で繊細なデザインが
特徴。

オレグ・ビリュコフ
Oleg Biryukov(サンクトペテルブルグ)
シンプルながらも
綿密に構築された高い
デザイン性と厳選した
色使いが特徴。

リリア・キシレンコ
Lilia Kisselenko(サンクトペテルブルグ)
「日常の中の洗練」を基調とした
スタイルは活動的な女性達から根強い
人気を集めている。

リュドミラ・ナルソヤン
Liudmila Norsoyan(モスクワ)
ニットデザイナー。
自作ニットに使用する糸は
全て日本製。
tsurupurple_20100210114832.gif

05_20100203162650.gifロシアのデザイン、なかなか日本では触れることはできませんが、「観光で行く」ロシアだけでなく、「ファッションを見に行く」ロシアも、アリかもしれませんね!PRIVET ! ロシアでは、これからもいろいろなジャンルのニュースをお届けしていきます。皆さんも「いろんなロシア」楽しみにしていてくださいね!

 

ロシアと伊達市のコラボに感激!/ チェリ /東京オフィス


01.gifモスクワ・サンクトペテルブルグに行って、地元っ子たちのお洒落を見てこよう!2都市への個人旅行手配はネットトラベルサービスにお任せください!冬ならではの芸術の都、サンクトペテルブルグを、予算にあわせて楽しんじゃいましょう!お勧めスタンダードパッケージはこちら! デラックスプランはこちら!からスマイリー

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ