ご当地名物 ロシアみやげ自慢! 

ロシアみやげといえば、マトリョーシカ、キャビア、ウォッカ?いえいえ、それだけではありません。「こんな物もあったのか!」という楽しいおみやげも結構あるものです。
私たちがいろいろなところで見つけた面白ロシアみやげをご紹介します。

05-08この笑顔にマイッテしまう。

05-08きのこじいさん、木の精じいさん・・・ロシア民話に出てきそうなキャラです。

05-08この顔・・・・。笑ってるの? かなりきてますね~


おおっ!とイチオシしたいのが、この木彫りの「木の精じいさん」。見つけた途端に一目惚れしました。この優しいまなざし、愛嬌ある顔、この豊かに長いヒゲ。どこをとっても、ロシア民話に出てくるような奥深い森を、二等身で(勝手に決めている)テクテク歩いているような「木の精じいさん」です。と思っていたら、きのこのかさを帽子のようにイキにかぶっている「きのこじいさん」も発見。と思っていたら、ここにも、そこにも、あそこにも・・・気がついたら、どこもかしこも、じいさん人形だらけでした。しかし、この二等身じいさん軍団はキョーレツです。

ヴォルガ=バルト水路の船旅取材で立ち寄ったウグリッチには「チャイカ」という腕時計の工場があるのが有名。肌触りのいいリネン製品も人気。

05-08宝石を連ねたようなデザイン。ウグリッチの時計「チャイカ(かもめ)」。たくさんの種類があります。

05-08ロシアの童話をモチーフにした手作り人形。目覚ましにびっくりして飛び起きるニワトリ。いい味出してませんか?私、思わず買ってしまいました(笑)。

05-08これは珍みやげ発見か?!マトリョーシカ・マラカス!

05-08おみやげと一緒にポーズ。かわいいロシアの女の子もおみやげ屋さんのお手伝い。

モスクワに巨大ショッピングセンターが続々登場! その② 

モスクワの巨大ショッピングセンターのひとつ「MEGA」

子供たちや、スケート好きが競ってアイス・スケートを楽しんでいます。 ここでできるのは買い物や食事だけではありません。いかにもロシアらしく、施設中央にはどーんとスケートリンクが。そこでスケートしたり、ゲームセンターでゲームをしたり、10以上の映画館が集まったマルチプレックスシアターでは、リラックスシートにもたれ好みの映画を見て、家族や恋人たちが一日中楽しむことができます。ちなみにここには日本のキティーちゃんグッズのミニショップもあるのですよ。
05-03
子供たちや、スケート好きが競ってアイス・スケートを楽しんでいます。

ショッピングセンターは、平日・休日かかわらず、若いファミリーを中心にいつも人でいっぱいですが、ロシア人たちは、ただ見て回るだけではなく、大きなショッピングカートにどんどん商品を放り込んでいます。ショッピングカートが足らなくて取り合いになることも・・・。


ワシントンポストの記事によると、モスクワの巨大ショッピングセンターへ積極的に出店を続けている大型家具店「IKEA」で買い物するロシア人一人あたりの購買金額は、本国スウェーデンの「IKEA」本店の一人あたり購買金額とあまり変わらないそうです。
平均収入はスウェーデンの人よりもずっと低いはずなのに・・・。モスクワの人々のものすごい購買パワーに驚かされます。
05-03
無数に続くレジの列。人・人・人。その購買力に圧倒されます

高値を保っている原油価格を背景に、GDP年7パーセントの経済成長をしているといわれるロシアですが、政府統計局発表の平均国民給与を見ても、年金生活者を中心に、毎日食べていくのにも困る人たちもたくさんいます。
しかし、モスクワに新設のショッピングセンターの購買力豊かなロシアのファミリーを見ていると、暮らしに多少余裕がでてきて娯楽やインテリアにお金を使うようになった「中間所得層」も徐々に育ってきているように思えます。

モスクワに巨大ショッピングセンターが続々登場! その①  

05-03

巨大ショッピングセンターのひとつ「MEGA」
地下鉄「チョープルィ・スタン」駅から乗り合いバスで15分

ここ数年、モスクワの周辺部では巨大ショッピングセンターの建設ラッシュ!
次々に新しいショッピングセンターがオープンしています。

どこまでも続く広い駐車場はショッピングを楽しむ人たちの車で満杯状態です。自家用車がない人たちも近くの地下鉄駅から出ている無料送迎バスにギュウギュウ詰めになって勢い込んでやって来ます。

それもそのはず。ここは、一大アミューズメントパークなのです。

その広大な敷地には、電機製品から生鮮食料品までなんでもある超巨大倉庫のような安売りスーパーや、いったん迷うと出てこれなくなりそうな特大スペースの北欧家具・インテリア専門店、フィンランドの大型百貨店が並んでいます。
05-03
ここは売り場です。倉庫じゃないんですよ。上段まで段ボールで埋め尽くされてます。

これまたどでかい専門店アーケードの中には、スポーツやビデオ・CD、家電、書籍などのメガショップが入っていて、どこへ行っても楽しく買い物せずにはいられない・・・そんな雰囲気が漂っています。

広いセンタースペースにはファーストフードショップやレストランやカフェテリアがいっぱいあって、ちょっと休憩したり食事をすることもできます。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005-2009 Privet!ロシア, Tumlare Corp. all rights reserved. Powered by FC2ブログ